エベレット・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エベレット・スコット
Everett Scott
基本情報
出身地 インディアナ州ブラフトン
生年月日 1892年11月19日
没年月日 1960年11月2日(満67歳没)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
148 lb =約67.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
初出場 1914年4月14日
最終出場 1926年7月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エベレット・スコット(Lewis Everett Scott、1892年11月19日 - 1960年11月2日)は、アメリカ合衆国の元メジャーリーグ選手。ポジションは主に遊撃手。右投げ右打ち。ニックネームは " Deacon "。

1916年から1923年まで、8年連続で遊撃手の年間守備率リーグ1位を記録するなど、守備力の優れた選手であった。また、1916年6月20日から1925年5月6日にかけて1307連続試合出場を達成する。これはルー・ゲーリッグに抜かれるまでメジャーリーグ記録だった。

ボストン・レッドソックス時代に3度、ニューヨーク・ヤンキース時代に2度ワールドシリーズを経験しており、そのうち4度世界一に輝いている。

1960年インディアナ州フォートウェインで死去。67歳だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]