神田茜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神田 茜(かんだ あかね、1965年7月28日 - )は講談師小説家北海道帯広市出身。文化服装学院中退。師の2代目神田山陽の死後、落語協会に入会した。本名:安田(旧姓・鈴木) 明美。出囃子は『もしもしかめよ』。

神田かんだ あかね
本名 安田やすだ 明美あけみ
生年月日 (1965-07-28) 1965年7月28日(54歳)
出身地 日本の旗 日本北海道帯広市
師匠 2代目神田山陽
春風亭小朝
名跡 1.神田ふづき(1985年 - 1990年)
2.神田茜(1990年 - )
出囃子 もしもしかめよ
活動期間 1985年 -
活動内容 講談師
小説家
配偶者 林家彦いち(1996年 - 2017年)
所属 日本講談協会
落語協会
公式サイト 茜さす···(公式サイト)
受賞歴
2010年 第6回新潮エンターテインメント大賞受賞
2012年7月 第四回落語協会大喜利王選手権優勝
第四代落語協会大喜利王
備考
日本講談協会理事

結婚前は、非常に鋭いセンスを持った新作講談で人気を博した。結婚後、高座の仕事はセーブしているが、反面、小説や、新聞のコラムなどの執筆活動を活発に行っている。日本講談協会理事。

略歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新潮エンターテインメント大賞:女性講談師・神田茜さんの「女子芸人」が受賞”. MANTAN WEB (2011年1月26日). 2018年8月15日閲覧。
  2. ^ 離婚は、夫であった林家彦いちがレギュラーのTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」の番組内で発表した。この件に関しての茜側からのコメント・発表などは特にされていない。
  3. ^ 柳家小袁治 (2017年4月25日). “末廣亭四月下席・中日(ナカビ)”. 新日刊マックニュース. 2018年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]