中尾敏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 中尾敏之 五段
名前 中尾敏之
生年月日 (1974-10-24) 1974年10月24日(43歳)
プロ入り年月日 1998年10月1日(23歳)
棋士番号 230
出身地 静岡県富士市
師匠 廣津久雄
段位 五段
戦績
2018年3月31日現在

中尾 敏之(なかお としゆき、1974年10月24日 - )は、将棋棋士廣津久雄九段門下。棋士番号は230。静岡県富士市出身。

棋歴[編集]

幼稚園時代から父に将棋を教わり、その後、日本将棋連盟富士支部の道場に連れられていくようになる[1]。しかし、すぐには夢中にはならず、アマチュア初段の父に勝てるようになったのさえ小学校高学年の頃であった[1]

奨励会への入会は、中学3年の頃の1989年。三段リーグに参戦してから5期目(2年半)の1998年度前期リーグで、出だし2勝5敗から粘って12勝6敗として2位に食い込み、1998年10月1日付で四段昇段(プロ入り)をする。

プロとして最初に迎えた第12期(1998 - 1999年)竜王戦では6組準決勝に進出。準決勝か昇級者決定戦(敗者復活)で勝てば、1年目で即5組昇級となるところであったが、どちらでも敗れて昇級を逃した。

第16期(2002 - 2003年)竜王戦6組ランキング戦で準決勝敗退後、昇級者決定戦で熊坂学に勝ち5組昇級。続く第17期でも5組ランキング戦で準決勝敗退後、昇級者決定戦で伊奈祐介に勝ち4組昇級。なお、当時は竜王ランキング戦連続2回昇級の昇段規定がまだなかったため、昇段はしなかった。

順位戦での最高成績は、第60期(2001年度)C級2組順位戦の8勝2敗(C級1組昇級には至らず)である。

第66期(2007年度)C級2組順位戦で降級点が累積3個となり、規定によりフリークラスに降級し、初参加から9期、33歳で順位戦参加資格を失った。これは第46期(1987年度)に現行制度が始まって以来、熊坂学(3期・順位戦のシステム上最速)、本間博(7期)に次ぐ3番目の早さ[2][3]であった。

第34期(2008年度)棋王戦で予選決勝に進出し、全公式棋戦を通して自身初の本戦トーナメント入りまであと1勝と迫ったが、阿久津主税に敗れる。

第62期(2012年度)NHK杯将棋トーナメントで予選を勝ち抜き本戦出場。1回戦で松尾歩に敗れる。

フリークラス降級以降、年度毎の勝率は5割に満たない年度が続いたが、在籍10年目[4]となる2017年度は一転して好調が続き、2017年12月21日に行われた第11回朝日杯将棋オープン戦の二次予選1回戦では順位戦A級の佐藤康光と対戦し、相入玉の長手数(246手)で勝利した。2018年2月27日に行われた第31期竜王戦6組ランキング戦で牧野光則五段と対戦し、相入玉となり史上最長手数と見られる420手で持将棋となり、指し直し局を100手で敗れた[5]。この持将棋局は2017年度の将棋大賞において名局賞特別賞を受賞した。

引退の内定まで残り1週間となる2018年3月22日の時点で当年度の成績は17勝10敗。同年3月27日の第44期棋王戦予選4回戦の青嶋未来戦は、敗れれば引退決定、勝てばフリークラス編入者の昇級規定の一つ「同一年度内に(参加棋戦数+8)勝以上、かつ勝率6割以上の成績を挙げる」により順位戦C級2組への復帰となる大一番となったが、この対局に敗れたことで、参加している公式戦終了後の引退が決定した。この時点で残る対局は竜王戦6組昇級者決定戦のみとなっていたが、2018年8月13日に行われた4回戦で星野良生に敗れ、現役引退となった[6]

棋風[編集]

  • 居飛車党で、得意戦法は矢倉。受けの棋風で、劣勢になってからの終盤の粘りに定評がある[7]

人物・エピソード[編集]

  • 趣味は読書とピアノ[1]
  • かつては奨励会にも弟子を持っていた。
  • 2004年度前期に女流育成会に入会した弟子がいたが、2007年度後期限りで退会した。
  • 引退後は異業種での活動を目指し、就職活動もしていることを表明した[8]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照

  • 1989年 6級 = 奨励会入会
  • 1993年 初段
  • 1996年1月 三段 = 1996年前期より三段リーグ参加
  • 1998年10月1日 四段 = プロ入り(第23回三段リーグで2位の成績)
  • 2007年5月9日 五段(勝数規定)
  • 2018年8月13日 引退

主な成績[編集]

通算成績 186勝260敗

将棋大賞[編集]

  • 第45回(2017年度) 名局賞特別賞(牧野光則と対局した第31期竜王戦6組ランキング戦、戦後最長420手の持将棋成立局が受賞対象)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 将棋世界」2000年1月号付録
  2. ^ フリークラス宣言により自ら転出した金沢孝史(6期)・櫛田陽一(8期)は除く。
  3. ^ 後に藤倉勇樹も本間と同様に7期で陥落。これにより中尾は「史上4番目の速さ」に繰り下がった。
  4. ^ C級2組で降級点を3個累積させた棋士がフリークラスに在籍できる上限年数
  5. ^ 将棋で史上最長の420手!中尾五段対牧野五段戦が19時間の死闘”. スポーツ報知 (2018年3月1日). 2018年3月16日閲覧。
  6. ^ “中尾敏之五段が引退|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). https://www.shogi.or.jp/news/2018/08/43_12.html 2018年8月14日閲覧。 
  7. ^ 「プロ棋士名鑑2015」(宝島社)など
  8. ^ 「420手」激闘の中尾五段、引退へ 「悔いはない」:朝日新聞デジタル(2018年3月28日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]