増田康宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 増田康宏 四段
名前 増田康宏
生年月日 (1997-11-04) 1997年11月4日(20歳)
プロ入り年月日 2014年10月1日(16歳)
棋士番号 297
出身地 東京都昭島市
師匠 森下卓
段位 四段
戦績
一般棋戦優勝回数 2回
2017年10月17日現在

増田 康宏(ますだ やすひろ、1997年11月4日 - )は、将棋棋士森下卓九段門下。棋士番号は297。東京都昭島市出身[1]

棋歴[編集]

5歳の時に、母親に買ってもらったボードゲームセットに将棋が含まれていたことが、将棋を覚えたきっかけである[1]。 2006年、昭島市立武蔵野小学校3年の全国小学生倉敷王将戦低学年の部で準優勝[2]。 2007年、昭島市立武蔵野小学校4年の全国小学生倉敷王将戦高学年の部で優勝を果たす[3]。 2008年、昭島市立武蔵野小学校5年の第33回小学生将棋名人戦では、東日本代表として決勝トーナメント進出も4強で敗れる。この模様はNHK教育テレビで放送された[4]。全国小学生倉敷王将戦高学年の部では連覇を目指すも途中敗退。

2008年9月に森下卓門下で奨励会に入会。昇進はすこぶる順調で、中学3年になる2012年3月には早くも三段に昇段。初参加の第51回三段リーグでも中盤で5連勝するなど実力を発揮し、他の参加者の成績次第では渡辺明以来史上5人目の「中学校在学中にプロ入りした棋士」と松尾歩以来史上5人目の「三段リーグ1期抜け」を同時に達成[5]する可能性もあった[6]が、同星の石田直裕との直接対決に敗れ、好機を逸した。

第53回三段リーグでも石井健太郎に次ぐ2番手で最終日を迎え、自力昇段のチャンスは十分だったものの、2連敗により失速。逆転昇段したのは、当期初参加の三枚堂達也であり、奇しくも1年前に自身が逃した「1期抜け」を達成させる立役者となってしまった。

第55回三段リーグでは5番手で最終日を迎え、成績上位の参加者が立て続けに連敗し、増田が連勝したため逆転昇段を遂げた。

プロ入り後は各棋戦で活躍を見せ、第28期竜王戦6組ランキング戦では決勝まで進み、5組へ昇級(決勝は千田翔太五段に敗れた)。第5期青流戦も本戦決勝に進出、稲葉聡アマとの決勝三番勝負で1勝2敗となり準優勝。第64期王座戦二次予選決勝でも永瀬拓矢六段に勝ち、本戦出場を決めた。

2016年度は、前年度の成績優秀につき第66回(2016年度)NHK杯将棋トーナメントでシード(予選免除)となり、本戦トーナメントに初出場(前期の第65回NHK杯は予選1回戦で、宮田敦史六段に負け)。当年度出場の棋士のなかで最年少であり、1回戦では最年長の伊藤博文六段に勝利した。 2回戦は、森下卓九段が解説者を務めるなか、師匠が得意とする矢倉で健闘したが佐藤康光九段に敗れた。

2016年10月、第47期新人王戦では決勝三番勝負に進出。同じく決勝進出した石田直裕四段を2勝0敗で破り、プロ入り後の棋戦初優勝[7]

2017年5月23日、第30期竜王戦5組ランキング戦で優勝。自身初となる竜王戦決勝トーナメントでは、6組優勝でプロデビュー以来公式戦28連勝無敗中だった藤井聡太四段に「勝つためには一手のミスも許されない、完璧な将棋を指さなければいけないと思っています。」[8]と意気込んだものの、91手で敗れた。

2017年10月、第48期の新人王戦でも、決勝進出した佐々木大地四段を2勝0敗で破り、当該棋戦で二連覇[9]

棋風[編集]

矢倉戦法を得意としている[1]。ただし2017年現在は、左の桂馬の活用が難しいことを理由に「矢倉は終わった」と発言しており、むしろ銀冠穴熊雁木を多用している(2017年には銀冠穴熊の解説書も出版した[10])。

人物・エピソード[編集]

17歳の時、2015年3月11日に第41期棋王戦予選 3回戦で75歳の加藤一二三九段に敗れたが、両対局者の年齢差が58歳もあった。加藤は増田に勝利した後、2016年6月24日に上村亘四段に勝つまで自己最多タイの23連敗の大不調となった。

風貌が髙見泰地五段によく似ていると言われる事があり[11]、その高見とは、第47期新人王戦の本戦3回戦で対戦し勝利している。

憧れの棋士として升田幸三の名を挙げている[10]。また好きな歌手はYUI[10]

詰将棋は実戦には出てこない形なので、(少なくともプロ棋士にとっては)意味がない」という詰将棋否定派。子供の頃は詰将棋を解いていたが、三段時代にそれをやめて以降は解いていないという[10]。また研究会にも参加しておらず、もっぱら練習将棋はコンピュータ将棋が相手(2017年現在は『激指13』を使用)[10]

また、対局後の感想戦についても、否定的な持論を持つ[12]

藤井聡太四段の「西の天才」に対して、「東の天才」と言われることがある。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2008年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2011年1月 初段
  • 2011年8月 二段
  • 2012年2月 三段
2012年度前期(第51回)より三段リーグ参加
  • 2014年10月1日 四段(第55回奨励会三段リーグ優勝) = プロ入り

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 増田康宏三段と黒沢怜生三段が四段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2014年9月13日). 2017年10月17日閲覧。
  2. ^ 第5回全国小学生倉敷王将戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月17日閲覧。
  3. ^ 第6回全国小学生倉敷王将戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月17日閲覧。
  4. ^ 第33回小学生将棋名人戦【代表選手一覧】”. 日本将棋連盟. 2017年10月17日閲覧。
  5. ^ 2016年に藤井聡太が中学校在学中のプロ入りと三段リーグ1期抜けを同時に達成した。
  6. ^ 当期三段リーグは、上村亘が13勝4敗(1番手)、宮本広志石田直裕渡辺大夢及び増田が11勝5敗で最終日を迎え、当期初参加だった増田は順位の関係上、自身が連勝し宮本・石田・渡辺が1敗以上すれば2位の成績を修められていた。
  7. ^ 第47期新人王戦決勝三番勝負第2局、増田四段が勝ち2連勝で新人王に|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2016年10月12日). 2017年10月17日閲覧。
  8. ^ 増田四段。藤井聡四段戦への本人コメント|棋戦トピックス|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2017年6月25日). 2017年10月17日閲覧。
  9. ^ 第48期新人王戦決勝三番勝負第2局、増田四段が勝ち2連勝で連覇達成|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2017年10月17日). 2017年10月17日閲覧。
  10. ^ a b c d e 驚愕必至!増田康宏四段インタビュー|将棋情報局”. マイナビ出版 (2017年5月16日). 2017年10月17日閲覧。
  11. ^ 第47期新人王戦・棋譜中継など
  12. ^ AbemaTV将棋チャンネル・第76期A級順位戦・羽生善治棋聖-三浦弘行九段(2017.11.8)解説

関連項目[編集]

外部リンク[編集]