AbemaTVトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

AbemaTVトーナメント(アベマティーヴィートーナメント)は、AbemaTV将棋チャンネルで配信される将棋トーナメント戦(非公式戦)。

概要[編集]

AbemaTV将棋チャンネルのオリジナル番組第3弾。「永世七冠」を達成し、国民栄誉賞も受賞した将棋界の“神”羽生善治永世七冠の着想による持ち時間が増減する「AbemaTVルール」を採用して実施されるトーナメント戦。トーナメント方式で優勝者を決める番組の実施はチャンネル初となる[1]

2018年6月から9月に第1回「AbemaTVトーナメント」が行われ、好評につき2018年12月から2019年1月にかけて「女流AbemaTVトーナメント」が実施された[2]。2019年に第2回の開催が決定し[3]、同年4月28日より配信が開始される[4]。女流AbemaTVトーナメントの優勝者が、本戦であるAbemaTVトーナメントに「女流枠」として参加できる。棋戦の正式名称は、第1回では発案者の羽生に敬意を表して「AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治」となっていたが[1]、以降の回では「Inspired」以下の表記は外されている。

ルール[編集]

持ち時間について、1手指すごとに一定の時間が追加される一方で、持ち時間を使い果たすと負けとなる、いわゆる「フィッシャールール」を採用。デジタル式対局時計使用で、ボタンは対局者自身が押す。元々チェスで用いられるルールだが、対局は通常の将棋と同じく正座形式で行う。1対局約30分となるため、通常の棋戦などに比べるとスピーディーな展開となる。一度の顔合わせで三番勝負を行い、先に2勝した者が勝ち上がる。

AbemaTVトーナメント[編集]

予選トーナメント
予選参加12名の棋士[注 1]を、A・B・Cブロックに各4名ずつ分けトーナメントを実施。2敗で敗退となるダブルイリミネーション方式で、まず2連勝した者が予選ブロック1位通過となり決勝トーナメントに進出。敗者は敗者復活トーナメントを行い勝ち上がった者が予選ブロック2位通過となり決勝トーナメントに進出する。
決勝トーナメント
予選通過者6名(3ブロック×2名)に、シードの2名(前回覇者+タイトルホルダー[注 2])を加えた8名でトーナメントを実施。

予選・決勝とも、女流トーナメント優勝者・前回覇者以外の参加棋士については主催者側により選ばれており、特に予備予選等は行われない。持ち時間は「各5分、1手ごとに5秒が加算」。

女流AbemaTVトーナメント[編集]

8名の女流棋士によるトーナメント戦。8名の内訳は、シード枠5名・予選(AbemaTVで配信されない)通過者3名。優勝者には、直近に行われるAbemaTVトーナメント(男性棋戦)への出場権が与えられる[2]。AbemaTVトーナメント(男性棋戦)とは持ち時間が異なり、「各7分、1手ごとに7秒が加算」[2]

結果[編集]

AbemaTVトーナメント[編集]

決勝配信日時 決勝三番勝負 ベスト4 決勝トーナメント 予選敗退
優勝者 勝敗 準優勝者 シード 予選1位通過 予選2位通過
1 2018年9月9日 藤井聡太七段 ●〇〇 佐々木勇気六段 羽生 高見 羽生 久保 藤井聡 増田康 佐々勇 橋本 佐々大 高見 近藤誠 三枚堂 大橋 山崎 阿久津 永瀬 [5][6]
2 2019年7月21日 藤井聡太七段 〇●〇 糸谷哲郎八段 木村一 渡辺明 藤井聡 渡辺明 近藤誠 糸谷 木村一 佐々勇 中村太 増田康 菅井 大橋 都成 佐々大 八代 伊藤沙

女流AbemaTVトーナメント[編集]

決勝配信日時 決勝三番勝負 ベスト4 決勝トーナメント
優勝者 勝敗 準優勝者 シード 予選通過
1 2019年1月3日 伊藤沙恵女流二段 〇●〇 里見香奈女流四冠 渡部 谷口 里見香 渡部 香川 谷口 伊藤沙 貞升 室田 カロリーナ [2][7]

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ 第2回以降は女流トーナメント優勝者を含む。
  2. ^ 第1回は前回覇者が当然不在のため、当時のタイトルホルダーから2名(羽生善治竜王、久保利明王将)を選出した。

外部リンク[編集]