石田直裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 石田直裕 五段
名前 石田直裕
生年月日 (1988-12-05) 1988年12月5日(28歳)
プロ入り年月日 2012年10月1日(23歳)
棋士番号 289
出身地 北海道名寄市
師匠 所司和晴
段位 五段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2017年8月16日現在

石田 直裕(いしだ なおひろ、1988年12月5日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士所司和晴七段門下。棋士番号は289。北海道名寄市出身。聖学院高等学校中央大学理工学部数学科卒業。

棋歴[編集]

級友と学校で対局したのが将棋を始めたきっかけであった[1]

2001年9月、6級で奨励会に入会。直後は成績が振るわず、1年後には“直近10局で2勝8敗”を2回喫し、奨励会規定により7級に降級、5級昇級に2年を費やした。 それ以降は順調に昇級・昇段を続け、18歳となった直後に二段に昇段。1年半で三段に昇段し、第44回(平成20年後期)より三段リーグに参加。4期目の第47期では4勝14敗と不振に喘ぎ降段点を喫する苦労を味わったものの、8期目となる第51回(平成24年前期)で13勝5敗の成績(上村亘に次いで2位)を修め、23歳でプロ入り。

奨励会三段枠で出場した第1期(2011年)加古川青流戦では、1回戦で当時既にプロとなっていた佐藤慎一四段を破った。(2回戦で奨励会員に敗退)

第4期(2014年)加古川青流戦では、決勝三番勝負に進出。藤森哲也に連勝して自身初の一般棋戦優勝を果たす。

2016年、第47期新人王戦で決勝に進出したが、増田康宏に連敗で敗れ、準優勝[2]

2017年8月15日、第59期王位戦予選(対北島忠雄七段)に勝ち、五段に昇段[3]

棋風[編集]

  • 居飛車党。近年は矢倉の採用が多い。角交換振り飛車破りが得意で、自身は角道を止めた四間飛車を指す。外連味のない真っ直ぐな将棋といわれる[4]

人物[編集]

  • 北海道日本ハムファイターズのファン[5]。自身も将棋連盟の野球部「キングス」に所属している[6]
  • 奨励会入会から中学校を卒業するまでの間は、地元の北海道に居住し、奨励会の対局がある時は親に空港まで送ってもらい、飛行機で東京の将棋会館に通う生活を続けていた[1]
  • 北海道出身の奨励会員が棋士となるのは、1999年4月に四段となった金沢孝史以来13年ぶり。
  • 所司和晴七段門下の奨励会員が棋士となるのは、2001年10月に四段となった宮田敦史以来11年ぶり。

エピソード[編集]

  • 2012年度よりNHK杯の記録係を務める。
  • 三段リーグにおける成績は67勝77敗(勝率4割7分)と負け越している。これは現行の三段リーグが制度化して以降11人目の記録である。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2001年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2006年2月 初段
  • 2006年12月 二段
  • 2008年7月 三段
2008年度後期より三段リーグ参加

主な成績[編集]

一般棋戦優勝[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

その他表彰[編集]

  • 2012年 名寄市長特別賞[7]

出演[編集]

  • AbemaTV初級講座(2017年4月配信開始、AbemaTV[8]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]