金沢孝史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 金沢孝史 五段
名前 金沢孝史
生年月日 (1973-05-13) 1973年5月13日(49歳)
プロ入り年月日 1999年4月1日(25歳)
引退年月日 2021年5月17日
棋士番号 232
出身地 北海道札幌市
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 勝浦修
段位 五段
棋士DB 金沢孝史
戦績
通算成績 203勝276敗(.4237)[1]
竜王戦最高クラス 6組
順位戦最高クラス C級2組(6期)
2021年5月17日現在
テンプレートを表示

金沢 孝史(かねざわ たかし、1973年5月13日 - )は、将棋棋士。棋士番号232。北海道札幌市出身。勝浦修九段門下。

棋歴[編集]

1985年奨励会入会。同期に木村一基野月浩貴(同じ勝浦門下)、屋敷伸之(2歳年上)がいる。野月と屋敷とは同郷で小学生の頃から札幌で指していた。[2]15歳で初段、17歳で三段と昇段が速かったが、三段リーグに17期(8年半)在籍ともたつき、年齢制限間近で四段昇段を果たす。当時、『将棋世界』誌に載った四段昇段の所感の記事には、「自分より弱い」人達が、先に次々と昇段した悔しさが書き綴られていた。

第42期(2001年度)王位戦でリーグ入りする活躍を見せたが、5戦全敗に終わった。最終戦の屋敷伸之との対局では41手目の一手に4時間46分の大長考をした[3]

第43期(2002年度)王位戦では、2年連続のリーグ入り。順位戦A級及びタイトル戦番勝負経験者の淡路仁茂南芳一から勝ち星を挙げるが、他の3名に敗れリーグ残留はならなかった。

順位戦では、第61 - 62期(2002 - 2003年度)にC級2組の降級点を2回連続で喫し、翌期は最終戦で佐藤和俊に勝ちフリークラスへの降級(3つ目の降級点)を回避したものの、2005年4月1日付けで在位6期[4]、31歳の若さ[5]で宣言によりフリークラスに編入。

出場停止処分(後述)からの復帰直後の2006年度から2007年度にかけては本戦進出こそないものの非常に優秀な成績を収め、8連勝を2回記録した[6]。その間、連続する対局の良いところ取りで20勝7敗という、仮に降級したフリークラス棋士ならば、規定[7]により順位戦に復帰できる好成績をあげた。

2018年9月27日、第60期王位戦予選2回戦で高見泰地叡王に勝利。フリークラス宣言した最高位が順位戦C級2組の棋士が、タイトルホルダーに勝利したのは、2005年銀河戦決勝トーナメントで櫛田陽一六段が佐藤康光棋聖に勝利して以来13年ぶり。高見泰地には第4期叡王戦タイトル戦のあとにも[8]、2019年9月5日に、第13回朝日杯予選 一次予選 3回戦でも勝利している。

2021年3月末にてフリークラス在籍期限を満了。同年5月17日、第34期竜王戦6組昇級者決定戦・所司和晴戦が公式戦最後の対局となり、同日付で現役引退[9]

棋風[編集]

  • 矢倉囲いの採用率が高い居飛車党であるが、大駒の捌きよりも小駒を効率的に使った攻め(棒銀など)を活かして勝利することが多い。終盤の受けに大駒の性質を活用するのも特長である。その一方で、攻め難い局面に持ち込まれると序中盤の段階で早々と投了することも多い。
  • 将棋の奇襲戦法のひとつである「金沢流」の考案者として知られる[10]
  • 現役最後の対局は、居玉で戦う趣向で定跡に拘らない金沢らしさを最終局まで見せた。

人物[編集]

  • 身長は186cm[11]。将棋界きっての長身棋士である。

逸話[編集]

  • NHK杯戦では、プロデビュー翌年の第50回(2000年度)より第56回の出場停止処分を挟んで現役最終年の第71回(2021年度)まで21回すべてで予選敗退し、NHK杯戦の本戦出場を経験しないまま現役を引退した。NHK杯戦の予選制導入以降にプロデビューをした棋士が本戦出場を経験しないまま現役を引退したケースは、植山悦行野田敬三[13]に続き、史上3人目であった。

不祥事[編集]

  • 2001年から2005年にかけて、対局の遅刻・不戦敗を常習的にしていた。特に2003年は1年間で3回の不戦敗。2005年8月15日王座戦対局(対高田尚平戦)で通算5回目の不戦敗をしたため、理事会から半年間の公式戦出場停止、次期王座戦の出場停止の処分を受けた。以降は不戦敗もなく遅刻の頻度も大幅に少なくなった。
  • 2017年2月8日の王将戦一次予選(対佐藤紳哉戦)では、昼食休憩の際に食事のため外出し、対局中の外出を禁止する対局規定[14]に違反したとして、厳重注意と対局料50%相当の罰金処分を言い渡された。同様の行為により、村田顕弘も処分を受けた[15]

昇段履歴[編集]

  • 1985年 6級 = 奨励会入会
  • 1987年 初段
  • 1999年4月1日 四段 = プロ入り
  • 2006年7月10日 五段(勝数規定、通算100勝)
  • 2021年5月17日 引退[9]

主な成績[編集]

  • 通算成績 479局 203勝276敗(.4238)

脚注[編集]

  1. ^ 通算成績”. 日本将棋連盟. 2021年6月20日閲覧。
  2. ^ 渉, 小島. “藤井聡太七段と4日差 屋敷伸之九段が振り返る“17歳の挑戦”「キツかった和服と高校生活」 | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月15日閲覧。
  3. ^ 当時、王位戦挑戦者決定リーグの持ち時間は5時間だったため、持ち時間の95%を41手目に費やしたことになる。
  4. ^ 宣言によるフリークラスでは史上最短。降級も含むと熊坂学の3期(制度上最短)に次ぎ2番目となる。
  5. ^ 宣言によるフリークラスでは櫛田陽一の30歳に次ぎ2番目の若さ。降級も含むと、熊坂の27歳、櫛田及び藤倉勇樹の30歳に次ぎ3番目となる。
  6. ^ 1回目は2006年7月10日・第48期王位戦予選1回戦・桜井昇戦から同年10月12日・同予選3回戦・松尾歩戦まで。2回目は2007年5月14日・第79期棋聖戦一次予選1回戦・田丸昇戦から同年7月30日・第1回朝日杯将棋オープン戦一次予選1回戦・中井広恵戦まで。
  7. ^ 仮に前後3局を全敗したとしても、「良いところ取りで、連続30局以上の勝率が6割5分以上(年度をまたいでも有効)」の規定が満たされている。
  8. ^ 当時、叡王戦は、竜王戦・名人戦に次ぐ序列第3位だが「前叡王」の規定は定められなかった。
  9. ^ a b 東和男八段、金沢孝史五段が引退”. 日本将棋連盟. 2021年5月18日閲覧。
  10. ^ 「将棋戦法事典100+王道 流行 珍戦法 完全網羅!、 マイナビムック 将棋世界Special」将棋世界編集部/編・発行、マイナビ出版/販売。2019年9月、ISBN:978-4-8399-7090-1
  11. ^ 将棋世界」2000年1月号付録
  12. ^ これは「二手指し」の特殊な例と見なされ、過去には瀬戸博晴(1995年1月24日・王将戦一次予選・対安恵照剛戦)、木下浩一(2008年1月10日・王将戦一次予選・対広瀬章人戦)、関根紀代子(2007年4月24日・倉敷藤花戦予選・対甲斐智美戦)、有吉道夫(2007年7月17日・第67期C級2組順位戦2回戦・対東和男戦)など数名も同様の反則負けを経験した。
  13. ^ 植山は第32回(1982年度)から第63回(2013年度)まで32回連続、野田は第39回(1989年度)から第63回まで25回連続でNHK杯戦の予選を敗退した。
  14. ^ 2016年10月に発生した将棋ソフト不正使用冤罪問題を受けて、日本将棋連盟の公式戦対局規定に同年12月より新たに設けられた。
  15. ^ 棋士2人が外出禁止規定違反、将棋連盟から厳重注意と罰金処分 2017年2月10日 スポーツ報知

関連項目[編集]

外部リンク[編集]