出口若武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 出口若武 四段
名前 出口若武
生年月日 (1995-04-28) 1995年4月28日(24歳)
プロ入り年月日 2019年4月1日(23歳)
棋士番号 317
出身地 兵庫県明石市
師匠 井上慶太九段
段位 四段
戦績
2019年4月1日現在
テンプレートを表示

出口 若武(でぐち わかむ、1995年4月28日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士[1]井上慶太九段門下。棋士番号は317。兵庫県明石市出身。

棋歴[編集]

明石市立藤江小学校1年の時に上級生から教わったことをきっかけに将棋を始める。当時はサッカーの方が好きだったが、頼まれて出場した将棋大会で県大会まで勝ち進んだのを機に将棋に本腰を入れた[2]。加古川将棋センターに通い、小6で奨励会に入会。17歳で三段リーグ入り。

三段時代の第49期新人王戦では澤田真吾六段、梶浦宏孝四段らを破り決勝三番勝負に進出。奨励会三段の決勝進出は史上5人目だったが、藤井聡太七段に連敗し準優勝に終わった[3]。第64回奨励会三段リーグでは開幕から10連勝と波に乗り、終盤失速したものの14勝4敗の1位で四段昇段を決めた(同時昇段は黒田尭之[4]。井上慶太門下では稲葉陽菅井竜也船江恒平に次いで4人目のプロ棋士となった。

棋風[編集]

元々は振り飛車一本だったが、20歳の頃に居飛車に切り替えるなど棋風改造に取り組んでいる[2]

人物[編集]

  • 「若武」という名前は父と母が好きな言葉を1文字ずつ付けたもので、当初は父が「若」を、母が「夢」を推したが、画数の関係で選び直され「若武」になった[5]
  • 新人王戦で藤井聡太に敗れた対局後は、悔しくて呆然としていたためか帰りの電車で乗り過ごしてしまったという[6]
  • 女流棋士の長谷川優貴は同じ明石出身で同い年であり、四段昇段を決めた時には「面倒見が良くて、昔4つ下の弟のお世話よくしてくれたなぁ…笑 今度からは出口先生と呼ぶけれど、今日だけは!出口君、本当におめでとうございます」とお祝いコメントを贈られた[7]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2007年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2013年4月 三段 = (第53回奨励会三段リーグ戦から)
  • 2019年4月1日 四段

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]