出口若武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 出口若武 四段
名前 出口若武
生年月日 (1995-04-28) 1995年4月28日(24歳)
プロ入り年月日 2019年4月1日(23歳)
棋士番号 317
出身地 兵庫県明石市
師匠 井上慶太九段
段位 四段
戦績
2019年4月1日現在

出口 若武(でぐち わかむ、1995年4月28日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士[1]井上慶太九段門下。棋士番号は317。兵庫県明石市出身。

棋歴[編集]

小学生低学年の時に学童で教わったことをきっかけに将棋を始める。
2018年、第49期新人王戦準優勝(優勝は藤井聡太七段)[2]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2007年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2013年4月 三段 = (第53回奨励会三段リーグ戦から)
  • 2019年4月1日 四段

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出典[編集]

  1. ^ “新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. (2019年3月3日). https://www.shogi.or.jp/news/2019/03/post_1772.html 2019年4月2日閲覧。 
  2. ^ ”藤井聡太七段が新人王戦優勝 新人王戦決勝三番勝負”|棋戦トピックス|日本将棋連盟 . 日本将棋連盟(2018年10月18日). 2019年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月3日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]