平藤眞吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 平藤眞吾 七段
名前 平藤眞吾
生年月日 (1963-10-15) 1963年10月15日(54歳)
プロ入り年月日 1991年4月1日(27歳)
棋士番号 199
出身地 大阪府豊中市
師匠 賀集正三
段位 七段
戦績
2014年4月17日現在

平藤 眞吾(ひらふじ しんご、1963年10月15日 - )は、将棋棋士賀集正三七段門下。棋士番号は199。大阪府豊中市出身。

棋歴[編集]

1980年10月、16歳11ヶ月で奨励会に5級で入会。遅いスタートであった。20歳で二段となるがそこで4年間足踏みをし、三段となったのは24歳1ヶ月という当時の三段昇段の年齢制限(25歳)が近い時期であった。三段リーグでは3年(6期)在籍し[1]、6期目に15勝3敗の成績で2位となり、27歳にして四段昇段(プロ入り)を果たす。同時昇段者(1位)は、7歳下の藤井猛であった。

第24期(1998年度)棋王戦で本戦入りする活躍。第9期(2001年度)銀河戦では本戦で7連勝し、ベスト8入り。第44期(2003年度)王位戦でリーグ入り。渡辺明らに勝利するが、リーグ残留失敗。

順位戦C級2組では、8勝2敗が3回(昇級時を含む)、7勝3敗が4回、降級点なし、という安定した成績を挙げていたが、なかなか昇級できずにいた。14期目となる第63期(2004年度)で自身3度目の8勝2敗で3位に食い込み、41歳にして初昇級を果たした。なお、C級2組順位戦の局数は年間10局であるが、当期における平藤の対局では、上野裕和戦での二度にわたる千日手指し直し(1日で合計3局戦った)を含めて5回の千日手があったので、実際は15局指している。 以降、順位戦ではC級1組に在籍し、第70期(2011年度)では他力ながらも最終局までB級2組昇級の可能性を残していた[2]

棋風[編集]

何でも指す、オールラウンドプレーヤーである。居飛車の戦法も振り飛車の戦法も、多種多彩である。

人物・エピソード[編集]

  • 1993年4月からの一時期、関西研修会の幹事を務めた。
  • 三段リーグでの勝率は.639(69勝39敗)と高勝率だったが、のちに年齢制限で奨励会を退会になった秋山太郎とは非常に相性が悪く、5戦全敗だった。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 1980年入会のため、四段昇段の年齢制限は31歳であった。
  2. ^ 平藤が昇級する条件は、自身が(当期の昇級を既に決めていた)佐藤天彦に勝ち、かつ稲葉陽豊島将之高崎一生真田圭一の全員が敗れるという、非常に可能性が低いものであった。結果として、自身は佐藤に勝ったものの、稲葉以外の全員も勝った為、昇級は豊島に決まった。
  3. ^ 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「平藤眞吾六段が七段に昇段

関連項目[編集]

外部リンク[編集]