賀集正三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 賀集正三 七段
名前 賀集正三
生年月日 (1932-02-12) 1932年2月12日
没年月日 (2017-09-06) 2017年9月6日(85歳没)
プロ入り年月日 1956年
棋士番号 70
出身地 兵庫県三原郡(現・南あわじ市
師匠 角田三男八段
段位 七段
戦績
一般棋戦優勝回数 2回
2017年9月19日現在
テンプレートを表示

賀集 正三(かしゅう しょうぞう、1932年2月12日 - 2017年9月6日)は、将棋棋士。1970年、引退。角田三男八段門下。棋士番号は70。

兵庫県三原郡(現・南あわじ市)出身。

棋歴[編集]

1956年、四段昇段(プロ入り)。

第9回(1965年)古豪新鋭戦で優勝。

1966年、東西対抗勝継戦で5人抜き[1](優勝)。

プロ入りから14年後の1970年に四段のまま引退する。

日本将棋連盟関西本部の普及部を長く担当。また、自宅教室、出張先のクラブ、団体等での指導、町の文化委員を務めるなど、将棋の普及活動に広く尽力[1]

2017年9月6日、85歳で死去[2]

棋風[編集]

居飛車振り飛車ともに指すが、矢倉の将棋が多い。

中盤から終盤まで押しつ押されつの攻防が特徴的な棋風である。

弟子[編集]

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

棋戦優勝
  • 古豪新鋭戦 1回(1965年 = 第9回)
  • 東西対抗勝継戦 1回(1966年)
優勝合計2回
順位戦

自己最高C級2組

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」
  2. ^ 訃報 賀集正三七段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 2017年9月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]