冨田誠也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 冨田誠也 四段
名前 冨田誠也
生年月日 (1996-02-13) 1996年2月13日(27歳)
プロ入り年月日 2020年10月1日(24歳)
棋士番号 325
出身地 兵庫県三田市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 小林健二九段
段位 四段
棋士DB 冨田誠也
2020年10月1日現在
テンプレートを表示

冨田 誠也(とみた せいや、1996年2月13日 - )は、日本将棋連盟棋士[1]棋士番号は325.小林健二門下。兵庫県三田市出身。兵庫県立有馬高等学校[2]立命館大学経営学部卒業[3][4]

棋歴[編集]

得意戦法は四間飛車[1]

5歳のときに父に将棋を教わる[5]。2007年9月に奨励会へ入会。2013年4月(17歳)より三段リーグに参加。「20歳までに(四段に)上がれると思っていた。(第66回のリーグでは)成績がふるわず、退会も考えた」と語る[5]ほどの厳しい状況だったが、第67回三段リーグで一転して好調となり、最終的には14勝4敗の成績を収め[6]、2位が確定。遂に四段昇段が決まった[1]

プロ入り後[編集]

2021年度は第93期棋聖戦で6連勝して本戦入りを果たすと(1回戦で佐々木大地に敗戦)、年度単位でも32勝15敗と大きく勝ち越した。

人物・エピソード[編集]

  • 前述通り、三段リーグでは退会を考えるほどの状況になった事もあるが、「色々な職業について調べて、好きな将棋を超える職業がないという結論に達した」ため、踏みとどまった[5]
  • 三段時代は公式戦の成績も振るわず、2013年から2020年にかけて合計3勝10敗と大幅に負け越している。
  • 尊敬する棋士は菅井竜也。目標はタイトルを狙える棋士になる事[5]。また、「プロとして対局、普及の両方で将棋界に生きた証を残せるように頑張りたい」との抱負も述べている[7]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2007年09月00日 : 6級 = 奨励会入会
  • 2013年03月00日 : 三段(第53回奨励会三段リーグ<2013年度前期>からリーグ参加)[8]
  • 2020年10月01日 : 四段(第67回奨励会三段リーグ成績2位)[1][6]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
順位戦 竜王戦
名人 A級 B級 C級 F 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組
1組 2組 1組 2組
2020 79 昇段前 34 6組
2021 80 C251 35 6組
2022 81 C221 36 6組
2023 82 C212 37 (開始前)
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F」はフリークラス (F編:フリークラス編入 / F宣:宣言による転出)
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

年度別成績[編集]

公式棋戦成績
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2020 9 4 5 0.4444 [1]
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2021 48 32 16 0.6666 [2]
2022 39 21 18 0.5384 [3]
(小計) 87 53 34 0.6091
通算 96 57 39 0.5937
2022年度まで

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 日本将棋連盟 (2020年9月26日). 2020年9月26日閲覧。
  2. ^ 7年半がかりでプロ棋士に 冨田誠也四段がデビュー:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2022年7月16日閲覧。
  3. ^ 立命館から初の将棋棋士誕生!”. 立命館大学 校友会 (2020年9月26日). 2020年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月20日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞将棋取材班 @asahi_shogi”. Twitter. 2020年9月29日閲覧。
  5. ^ a b c d 伊藤匠トップ通過、冨田誠也昇段 奨励会三段リーグ | 日刊スポーツ”. 2022年6月15日閲覧。
  6. ^ a b 第67回奨励会三段リーグ戦”. www.shogi.or.jp. 2020年9月26日閲覧。
  7. ^ 冨田誠也四段「将棋界に生きた証を残せるように」棋士総会で恒例の新正会員あいさつ”. 2022年6月15日閲覧。
  8. ^ 関西奨励会(2013年3月時点)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]