菅井竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 菅井竜也 七段
名前 菅井竜也
生年月日 (1992-04-17) 1992年4月17日(25歳)
プロ入り年月日 2010年4月1日(17歳)
棋士番号 278
出身地 岡山県岡山市北区(旧御津郡御津町
師匠 井上慶太
段位 七段
戦績
一般棋戦優勝回数 2回
2015年11月6日現在

菅井 竜也(すがい たつや、1992年4月17日 - )は、将棋棋士井上慶太門下。棋士番号は278。岡山県岡山市北区(旧御津郡御津町)出身。

棋歴[編集]

2003年、御津町立御津小学校5年の時に第28回小学生将棋名人戦に出場(地方大会出場時は4年)。西の代表2人のうちの一人となり、NHK教育テレビで放映される準決勝に進んだ。結果は敗れて3位。同年、地元岡山で開催された第2回全国小学生倉敷王将戦では高学年の部で優勝[1]

2004年、小学6年(地方大会出場時は5年)で出場した第29回小学生将棋名人戦では、佐々木勇気に決勝で敗れ準優勝。第58回アマチュア名人戦では大人達に混じって戦い、岡山県代表となる[1]。同年、奨励会入会。

奨励会三段リーグには第43回(2008年度前期)から参加。常に昇段争いに加わり、4期目では序盤の1勝2敗からの13連勝という爆発力を見せ、最終日の2局を残してプロ入りを決める(最終成績は15勝3敗)。また、消化試合となった最終日には、当時中学3年の佐々木勇気に勝ち、中学生棋士誕生の記録を阻んだ。

プロ1年目の2010年度に、早くも32勝10敗・勝率.762の好成績を挙げ、第5回(2011年度)大和証券杯ネット将棋・最強戦に四・五段の4人枠中4位で出場。1回戦で羽生善治名人を破ったのを皮切りに、豊島将之六段、屋敷伸之九段を下して決勝に進出。決勝では同じく四・五段枠から出場した村山慈明五段を下して、棋戦初優勝を果たした。またこの結果を受けて日本将棋連盟役員会で審議が行われ、「類まれなる成績」により五段に昇段することが決定。決勝と同日の2011年8月21日付で昇段した。2011年度は他にも、本戦初出場の第61回NHK杯テレビ将棋トーナメントでベスト8(2回戦で師匠の井上慶太との「師弟対決」に勝利)、第5回朝日杯将棋オープン戦でもベスト4と活躍した。また、第70期順位戦C級2組でも9勝1敗の好成績だったが、阿部健治郎中村太地船江恒平の3人が10戦全勝を記録[2]した為、不運にもC級1組への昇級はならなかった。なお、菅井の1敗は、兄弟子の船江との「同門対決」で喫したものである。2011年度はこれらの活躍により、第49回将棋大賞新人賞を受賞した。

2012年度の第6回朝日杯将棋オープン戦で、丸山忠久森内俊之谷川浩司を破り、準優勝を果たした。 同年度は順位戦も前年度に続き好調を維持し9勝1敗。同星に阪口悟斎藤慎太郎がいたが順位最上位のため1位の成績でC級1組への昇級を遂げた。

2013年の第71期順位戦では、8勝2敗を上げるも順位差で同星の最上位佐々木慎が昇級し、同じく同星の中村太地と共に昇級を逃す。

2014年3月15日、第3回将棋電王戦において、プロ棋士側の先鋒として第23回世界コンピュータ将棋選手権7位の習甦と対戦。コンピューター側の着手を「電王手くん」というロボットが担当したが、トラブルがあって夕食休憩入り直後にコンピューター側が着手をしてしまい、30分の考慮時間を菅井が得る形となった。対局は98手までで習甦に敗退した。

2014年7月19日、電王戦リベンジマッチにおいて第3回将棋電王戦で敗れた習甦と再度対戦。持ち時間が8時間ずつで、深夜をまたぐ対局となった。振り飛車ではなく居飛車を採用したが、中盤の長考がたたって持ち時間を失い、144手で習甦に再度敗れた。

2015年3月9日、第73期順位戦C級1組で高野秀行に勝利し、9勝1敗の同星に澤田真吾がいたが、順位差で1位でB級2組に昇級を果たす。これにより、翌日六段昇段となる。同年11月5日、竜王戦2期連続昇級により 七段昇段。

第75期(2016年度)B級2組順位戦では、8勝2敗・2位の成績をあげ、B級1組への昇級を決めた。

棋風[編集]

元来振り飛車党で、目標にしている久保利明を彷彿とさせる、捌きを重視する棋風であった。 2013年あたりから相矢倉を中心として居飛車も指すようになり、オールラウンダーに転向した。2014年頃は、序盤で趣向を凝らした相矢倉を好んで指していた。 2015年現在ではノーマル四間飛車も多用している。

序盤研究に定評があり、「菅井流」「菅井新手」と呼ばれる数々の戦法や新手を編み出していることでも有名で、対局相手にとっては的が絞りづらい棋風である。電王戦での二つ名は「振飛車電脳棋士」

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

2008年4月から三段リーグ)

  • 2010年4月1日 四段(三段リーグ1位) = プロ入り
  • 2011年8月21日 五段(第5回大和証券杯ネット将棋・最強戦優勝をうけた「類い稀なる成績」による特別昇段)
  • 2015年3月10日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 2015年11月5日 七段(竜王戦2期連続昇級)

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

優勝合計2回

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[編集]

  • 第39回(2011年度) 新人賞
  • 第42回(2014年度) 勝率一位賞、最多勝利賞、升田幸三賞

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 菅井竜也・牧野光則新四段誕生のお知らせ(日本将棋連盟)
  2. ^ 順位戦のB級2組以下が1期あたり10局が定着した第27期以降、同一階級で3人が全勝となったのは史上初であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]