第81期順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第81期名人戦順位戦
開催期間 順位戦:2022年6月9日 - 2023年3月14日
名人戦:2023年4月 - 2023年6月
前名人 渡辺明(3期目/3期連続)
第81期名人  
△昇級△
▼降級▼
名人戦順位戦
第80期第82期 >
テンプレートを表示

第81期順位戦(だい81きじゅんいせん)は、「第81期名人戦」の予選にあたる棋戦「順位戦」である(2022年6月9日[1] - 2023年3月14日予定2022年度 - 2023年度)。また、第81期名人戦(だい81きめいじんせん)は、第81期のタイトル戦名人戦」である(2023年4月 - 6月予定2023年度)。

「第81期名人戦」および「第81期順位戦」の主催は毎日新聞社朝日新聞社および日本将棋連盟、協賛は大和証券グループ本社。ここでは「第81期名人戦」および「第81期順位戦」について、あわせて記述する。

今期から、東京将棋会館関西将棋会館に次ぐ公式対局拠点として「名古屋将棋対局場」が開設、運用開始された。順位戦の対局のうち年間100局の対局が名古屋で行なわれる予定[2]。また、順位戦B級1組での消費時間の計測がチェスクロック方式に変更され、順位戦でのストップウォッチ方式はA級のみとなっている。

第81期名人戦七番勝負[編集]

開催:2023年4月 - 2023年6月(予定)

日程
(2023年)
第1局 第2局 第3局 第4局 第5局※ 第6局※ 第7局※
_月 _- _日 _月 _- _日 _月 _- _日 _月 _- _日 _月 _- _日 _月 _- _日 _月 _- _日
(会場)

対局者

(
)


(
)


(
)


(
)


(
)


(
)


(
)

 
第80期名人

渡辺明 名人
振駒   振駒
挑戦者

 (挑戦者)
振駒 振駒
手数
(封じ手)
先:先手番 /  封 :1日目 封じ手の手番
※実施されない場合あり

第81期順位戦[編集]

対戦組合せ:2022年4月18日発表

(今期対戦成績は2022年6月22日時点/年齢は閲覧日時点)

  • 左の「順位欄」は今期開始時の順位(前期成績に基づく)
  •    名人挑戦または昇級 /    A級プレーオフ進出 /    降級
  • (順位欄)   降級点1回 /    降級点2回(いずれも今期開始時点)
  • B級2組・C級1-2組の「*」「**」は開始時点の降級点の数。
  • B級2組・C級1組は降級点2回で降級、C級2組は降級点3回で降級。
  • 備考欄の太字は今期の成績による動きを表す。

A級[編集]

  名人挑戦   成績最上位者 1名(複数名の場合は プレーオフ 
   降級    成績下位2名
持ち時間:各6時間/計時:ストップウォッチ方式
(2022年6月22日時点 / 1回戦終了 / 年齢は閲覧日時点)総当たり制・全9局
順位 棋士名 段位 年齢 前期成績
(前期順位)
00 00 1回戦まで
[成績順 1]
備考
成績順
0
1 斎藤慎太郎 八段 29 A018-1(1) 1 0 1位
2 糸谷哲郎 八段 33 A046-3(4) 0 1 6位 次戦 7/21▲糸谷-△佐藤天 戦
3 佐藤天彦 九段 34 A076-3(7) 0 1 7位 次戦 7/21▲糸谷-△佐藤天 戦
4 豊島将之 九段 32 A025-4(2) 0 1 8位
5 広瀬章人 八段 35 A035-4(3) 1 0 2位 次戦 7/22△広瀬-▲佐藤康 戦
6 永瀬拓矢 王座 29 A095-4(9) 1 0 3位 次戦 7/08△永瀬-▲稲葉 戦
7 佐藤康光 九段 52 A084-5(6) 0 1 9位 次戦 7/22△広瀬-▲佐藤康 戦
8 菅井竜也 八段 30 A053-6(5) 0 1 10位
9 藤井聡太 竜王 19 B1110-2(B1/11) 1 0 4位
10 稲葉陽 八段 33 B0109-3(B1/01) 1 0 5位 次戦 7/08△永瀬-▲稲葉 戦

B級1組[編集]

   昇級    成績上位2名 /    降級    成績下位3名
持ち時間:各6時間/計時:チェスクロック方式(秒単位での積算方式[3]/第81期より)
(2022年6月16日時点 / 1回戦終了 / 年齢は閲覧日時点)総当たり制/全12局
順位 棋士名 段位 年齢 前期成績
(前期順位)
00 00 1回戦まで
[成績順 2]
備考
成績順
0
1 羽生善治 九段 51 A0082-7(A/08) 1 0 1位
2 山崎隆之 八段 41 A0101-8(A/10) 0 1 8位
3 千田翔太 七段 27 B1079-3(07) 0 1 9位
4 屋敷伸之 九段 50 B1087-5(08) 1 0 2位
5 佐々木勇気 七段 27 B1127-5(12) 0 1 10位
6 三浦弘行 九段 48 B1026-6(02) 0 1 11位
7 郷田真隆 九段 51 B1046-6(04) 1 0 3位
8 横山泰明 七段 41 B1136-6(13) 0 1 12位
9 近藤誠也 七段 25 B1055-7(05) 0 1 13位
10 久保利明 九段 46 B1064-8(06) 0 0 7位 (抜け番1局)
11 澤田真吾 七段 30 B2049-1(B2/04) 1 0 4位
12 中村太地 七段 34 B2099-1(B2/09) 1 0 5位
13 丸山忠久 九段 51 B2028-2(B2/02) 1 0 6位

B級2組[編集]

   昇級    成績上位3名(または全勝者全員)
   降級点    成績下位6名 /    降級    降級点2点
持ち時間:各6時間/計時:チェスクロック方式(秒単位での積算方式)[3]
(2022年6月22日時点 / 1回戦終了 / 年齢は閲覧日時点)全10局
順位 降級点 棋士名 段位 年齢 前期成績
(前期順位)
00 00 1回戦まで
[成績順 3]
備考
成績順
0
1 木村一基 九段 49 B1033-9(B1/03) 1 0 1位
2 松尾歩 八段 42 B1093-9(B1/09) 0 1 14位
3 阿久津主税 八段 40 B1103-9(B1/10) 0 1 15位
4 大石直嗣 七段 32 B2067-3(06) 0 1 16位
5 村山慈明 七段 38 B2087-3(08) 1 0 2位
6 増田康宏 六段 24 B2217-3(21) 1 0 3位
7 鈴木大介 九段 47 B2237-3(23) 0 1 17位
8 畠山鎮 八段 53 B2076-4(07) 0 1 18位
9 戸辺誠 七段 35 B2126-4(12) 1 0 4位
10 佐々木慎 七段 42 B2156-4(15) 1 0 5位
11 井上慶太 九段 58 B2176-4(17) 1 0 6位
12 高崎一生 七段 35 B2206-4(20) 0 1 19位
13 杉本昌隆 八段 53 B2246-4(24) 0 1 20位
14 行方尚史 九段 48 B2015-5(01) 1 0 7位
15 高見泰地 七段 28 B2225-5(22) 0 1 21位
16 谷川浩司 十七世
0名人
[4]
60 B2114-6(11) 0 1 22位
17 北浜健介 八段 46 B2134-6(13) 1 0 8位
18 深浦康市 九段 50 B2033-7(03) 1 0 9位
19 阿部隆 九段 54 B2143-7(14) 0 1 23位
20 大橋貴洸 六段 29 C1319-1(C1/31) 1 0 10位
21 及川拓馬 七段 35 C1078-2(C1/07) 0 1 24位
22 飯島栄治 八段 42 C1037-3(C1/03) 0 1 25位
23 * 中川大輔 八段 53 B2183-7(18) 1 0 11位 降級点1
24 * 中村修 九段 59 B2102-8(10) 0 1 26位 降級点1
25 * 藤井猛 九段 51 B2162-8(16) 1 0 12位 降級点1
26 * 中田宏樹 八段 57 B2051-9(05) 1 0 13位 降級点1

C級1組[編集]

   昇級    成績上位3名(または全勝者全員)
   降級点    成績下位7名 /    降級    降級点2点
持ち時間:各6時間/計時:チェスクロック方式(秒単位での積算方式)[3]
(2022年6月14日時点 / 1回戦終了 / 年齢は閲覧日時点)全10局
順位 降級点 棋士名 段位 年齢 前期成績
(前期順位)
00 00 1回戦まで
[成績順 4]
備考
成績順
0
1 飯塚祐紀 七段 53 B2253-7(B2/25) 1 0 1位
2 窪田義行 七段 50 B2190-10(B2/19) 0 1 18位
3 石井健太郎 六段 30 C1087-3(08) 1 0 2位
4 片上大輔 七段 40 C1107-3(10) 0 1 19位
5 高橋道雄 九段 62 C1147-3(14) 0 1 20位
6 阪口悟 六段 43 C1187-3(18) 0 1 21位
7 門倉啓太 五段 35 C1227-3(22) 0 1 22位
8 黒田尭之 五段 25 C1297-3(29) 1 0 3位
9 出口若武 六段[5] 27 C1307-3(30) 1 0 4位
10 宮田敦史 七段 41 C1337-3(33) 1 0 5位
11 船江恒平 六段 35 C1056-4(05) 0 1 23位
12 都成竜馬 七段 32 C1166-4(16) 1 0 6位
13 宮本広志 五段 36 C1196-4(19) 1 0 7位
14 野月浩貴 八段 49 C1015-5(01) 0 1 24位
15 畠山成幸 八段 53 C1025-5(02) 0 1 25位
16 千葉幸生 七段 43 C1045-5(04) 1 0 8位
17 古森悠太 五段 26 C1065-5(06) 1 0 9位
18 青嶋未来 六段 27 C1095-5(09) 1 0 10位
19 村田顕弘 六段 35 C1135-5(13) 0 1 26位
20 日浦市郎 八段 56 C1155-5(15) 0 1 27位
21 佐藤和俊 七段 44 C1235-5(23) 1 0 11位
22 西尾明 七段 42 C1114-6(11) 1 0 12位
23 阿部健治郎 七段 33 C1174-6(17) 1 0 13位
24 真田圭一 八段 49 C1204-6(20) 0 1 28位
25 三枚堂達也 七段 28 C1214-6(21) 0 0 17位 (抜け番1局)
26 北島忠雄 七段 56 C1244-6(24) 0 1 29位
27 * 高野秀行 六段 50 C1354-6(35) 0 1 30位 降級点1
28 渡辺和史 五段 27 C2259-1(C2/25) 1 0 14位
29 西田拓也 五段 30 C2339-1(C2/33) 1 0 15位
30 伊藤匠 五段 19 C2509-1(C2/50) 1 0 16位
31 * 先崎学 九段 52 C1253-7(25) 0 1 31位 降級点1
32 * 平藤眞吾 七段 58 C1122-8(12) 0 1 32位 降級点1
33 * 金井恒太 六段 36 C1262-8(26) 0 1 33位 降級点1

C級2組[編集]

   昇級    成績上位3名(または全勝者全員)
   降級点    成績下位12名 /    降級    降級点3点
持ち時間:各6時間/計時:チェスクロック方式(秒単位での積算方式)[3]
(2022年6月23日時点 / 1回戦終了 / 年齢は閲覧日時点)全10局
順位 降級点 棋士名 段位 年齢 前期成績
(前期順位)
00 00 1回戦まで
[成績順 5]
備考
成績順
0
1 佐藤秀司 八段 55 C1343-7(C1/34) 1 0 1位
2 森下卓 九段 55 C1272-8(C1/27) 1 0 2位
3 豊川孝弘 七段 55 C1282-8(C1/28) 1 0 3位
4 田村康介 七段 46 C1321-9(C1/32) 1 0 4位
5 服部慎一郎 四段 22 C2068-2(06) 1 0 5位
6 黒沢怜生 六段 30 C2128-2(12) 0 1 29位
7 杉本和陽 五段 30 C2158-2(15) 0 1 30位
8 本田奎 五段 25 C2298-2(29) 1 0 6位
9 中村亮介 六段 36 C2438-2(43) 0 1 31位
10 梶浦宏孝 七段 26 C2057-3(05) 1 0 7位
11 佐々木大地 七段[6] 27 C2077-3(07) 0 1 32位
12 * 佐藤紳哉 七段 44 C2087-3(08) 0 1 33位 降級点1
13 * 遠山雄亮 六段 42 C2107-3(10) 1 0 8位 降級点1
14 山本博志 四段 25 C2117-3(11) 1 0 9位
15 池永天志 五段 29 C2167-3(16) 1 0 10位
16 * 阿部光瑠 七段 27 C2187-3(18) 0 1 34位 降級点1
17 斎藤明日斗 五段 23 C2267-3(26) 1 0 11位
18 高野智史 六段 28 C2196-4(19) 0 1 35位
19 八代弥 七段 28 C2206-4(20) 0 1 36位
20 * 長岡裕也 六段 36 C2366-4(36) 0 1 37位 降級点1
21 冨田誠也 四段 26 C2516-4(51) 1 0 12位
22 小林裕士 七段 45 C2015-5(01) 0 1 38位
23 牧野光則 六段 34 C2095-5(09) 1 0 13位
24 石田直裕 五段 33 C2135-5(13) 1 0 14位
25 * 西川和宏 六段 36 C2215-5(21) 0 1 39位 降級点1
26 田中悠一 五段 37 C2235-5(23) 0 1 40位
27 村中秀史 七段 41 C2275-5(27) 0 1 41位
28 * 瀬川晶司 六段 52 C2305-5(30) 0 1 42位 降級点1
29 渡辺大夢 六段 33 C2375-5(37) 0 1 43位
30 * 竹内雄悟 五段 34 C2405-5(40) 0 1 44位 降級点1
31 * 長沼洋 八段 57 C2445-5(44) 0 1 45位 降級点1
32 井田明宏 四段 25 C2525-5(52) 1 0 15位
33 高田明浩 四段 20 C2535-5(53) 1 0 16位
34 * 伊藤真吾 六段 40 C2144-6(14) 1 0 17位 降級点1
35 藤森哲也 五段 35 C2314-6(31) 0 1 46位
36 石川優太 四段 27 C2324-6(32) 1 0 18位
37 * 井出隼平 五段 31 C2344-6(34) 1 0 19位 降級点1
38 ** 佐藤慎一 五段 39 C2424-6(42) 0 1 47位 降級点2
39 * 近藤正和 七段 51 C2454-6(45) 1 0 20位 降級点1
40 * 富岡英作 八段 58 C2464-6(46) 0 1 48位 降級点1
41 安用寺孝功 七段 47 C2023-7(02) 0 1 49位
42 島朗 九段 59 C2043-7(04) 1 0 21位
43 今泉健司 五段 49 C2283-7(28) 1 0 22位
44 ** 矢倉規広 七段 47 C2383-7(38) 1 0 23位 降級点2
45 * 谷合廣紀 四段 28 C2393-7(39) 1 0 24位 降級点1
46 * 南芳一 九段 58 C2413-7(41) 0 1 50位 降級点1
47 ** 星野良生 五段 33 C2172-8(17) 1 0 25位 降級点2
48 * 長谷部浩平 四段 28 C2222-8(22) 1 0 26位 降級点1
49 ** 上村亘 五段 35 C2242-8(24) 0 1 51位 降級点2
50 * 青野照市 九段 69 C2031-9(03) 0 1 52位 降級点1
51 ** 堀口一史座 七段 47 C2480-10(48)0 0 1 53位 降級点2
52 古賀悠聖 四段 21 F001フリークラス
20-10 (0.667)[7]
1 0 27位
53 横山友紀 四段 22 S102三段(前02) 0 1 54位
54 狩山幹生 四段 20 S105三段(前05) 0 1 55位
55 岡部怜央 四段 23 S203三段(後03) 1 0 28位
56 徳田拳士 四段 24 S218三段(後18) 0 1 56位

フリークラス[編集]

編入フリークラス棋士
000棋士000
段位
引退年限
(+9か月)
在籍
年限
生年月日
年齢

/編入時
編入年月
(4月)
編入理由 進行中の棋戦( 数字:今年度の勝ち数 / ×:敗退 / -:不参加 ) 直近成績 備考
竜王
35
王位
64
叡王
8
王座
71
棋王
49
王将
73
棋聖
94
朝日
16
銀河
31
N

73
青流
12
新人
53
今年
直近
30局
 
田中寅彦 九段 - 0年 1957年 4月29日 65 64 2022 順位戦 降級
引退/2022年4月15日 第35期竜王戦(6組) 敗退
桐山清澄 九段 - 0年 1947年10月07日 74 72 2020 順位戦 降級
引退/2022年4月27日 第35期竜王戦(5組/2期目) 敗退
藤倉勇樹 五段 - 10年 1979年10月23日 42 30 2010 順位戦 降級
引退/2022年5月19日 第35期竜王戦(5組/2期目) 敗退
川上猛 七段 あと 0年 10年 1972年07月12日 49 40 2013 順位戦 降級 1×/ 5組  0× - - 1-2 12-18 次期竜王戦 4組
上野裕和 六段 あと 0年 10年 1977年05月13日 45 35 2013 順位戦 降級 1×/ 6組 0× - - 1-2 9-21
石川陽生 七段 あと 0年 8年 1963年03月05日 59 52 2015 順位戦 降級 1 / 6組 0× 0× - - 1-2 14-16
伊奈祐介 七段 あと 1年 10年 1975年12月18日 46 38 2014 順位戦 降級 0×/ 5組  0× - - 0-1 12-18
増田裕司 六段 あと 2年 10年 1971年02月07日 51 44 2015 順位戦 降級 0×/ 6組 2 0× - - 2-1 12-18
小倉久史 八段 あと 3年 10年 1968年05月15日 54 47 2016 順位戦 降級 1×/ 6組 0× 1× - - 2-3 15-15
藤原直哉 七段 あと 4年 10年 1979年10月23日 42 37 2017 順位戦 降級 1×/ 6組 1× - - 2-2 12-18
岡崎洋 七段 あと 5年 10年 1967年05月04日 55 50 2018 順位戦 降級 0×/ 6組 0× 1× - - 1-2 10-20
中田功 八段 あと 5年 6年 1967年07月27日 54 54 2022 順位戦 降級 1 / 6組 0× - - 1-1 10-20 2022年度から
渡辺正和 六段 あと 6年 10年 1986年01月23日 36 33 2019 順位戦 降級 0×/ 5組  0× 0× - - 0-3 10-20
島本亮 五段 あと 7年 10年 1980年05月05日 42 39 2020 順位戦 降級 0×/ 6組 0× 2 - - 2-1 11-19
折田翔吾 四段 あと 7年 10年 1989年10月28日 32 30 2020 棋士編入試験 1 / 5組  1× 1 3-1 17-13 12棋戦参加
中座真 七段 あと 7年 9年 1970年02月03日 52 51 2021 順位戦 降級 1×/ 4組  0× - - 1-2 9-21
大平武洋 六段 あと 8年 10年 1977年05月11日 45 43 2021 順位戦 降級 0×/ 6組 2 0× - - 2-2 11-19
村田智弘 七段 あと 8年 10年 1981年 4月02日 41 39 2021 順位戦 降級 0×/ 5組  0× - - 0-2 10-20
編入フリークラス棋士の順位戦出場条件
以下のいずれかの条件を満たすと次年度の順位戦に参加できる。
  • 年間(4月から翌年3月まで)に「参加棋戦数+8」勝以上、かつ勝率6割以上。
  • 良いところ取りで、連続30局以上の勝率が6割5分以上(年度をまたいでも有効)。
  • 年間対局数が「(参加棋戦数+1)×3」局以上(同じ棋戦で同一年度に2度の対局<当期と次期>がある場合も1棋戦として数える)。
  • 全棋士参加棋戦で優勝、またはタイトル挑戦。
編入フリークラス棋士の棋戦参加条件
以下の各棋戦で基準成績を満たせば、該当棋戦の次年度に参加できる。
  • 竜王戦 : 4組以上に在籍(5組には2年間在籍可)
  • 次の各棋戦で ベスト4 以上 : 王位戦、王座戦、棋王戦、棋聖戦、王将戦、朝日杯、NHK杯戦
  • 銀河戦 : 準優勝 以上


宣言フリークラス棋士
000棋士000
段位
引退年限
(+9か月)
転出時
在籍年限
生年月日
年齢

/転出時
転出年月
(4月)
転出時の
クラス.降級点
備考
0
小林宏 七段 (あと 3年) 16年 (1+15) 1962年12月18日 59 48 2011 C級2組.降級点2 引退/2022年4月19日 (引退届/第35期竜王戦 敗退)
室岡克彦 七段 あと 1年 6年 (2+4) 1959年03月21日 63 59 2018 C級2組.降級点1
有森浩三 八段 あと 2年 18年 (3+15) 1963年02月13日 59 44 2007 C級2組.降級点0
木下浩一 七段 あと 2年 16年 (1+15) 1967年08月29日 54 41 2009 C級2組.降級点2
福崎文吾 九段 あと 2年 4年 (1+3) 1959年12月06日 62 61 2021 C級2組.降級点2
所司和晴 七段 あと 3年 16年 (1+15) 1961年10月23日 60 48 2010 C級2組.降級点2
泉正樹 八段 あと 3年 7年 (3+4) 1961年01月11日 61 58 2019 C級2組.降級点0
脇謙二 九段 あと 3年 7年 (1+6) 1960年08月10日 61 58 2019 C級2組.降級点2
山本真也 六段 あと 4年 17年 (2+15) 1971年10月24日 50 38 2010 C級2組.降級点1
神谷広志 八段 あと 4年 7年 (1+6) 1961年 4月21日 61 58 2020 C級2組.降級点2
松本佳介 七段 あと 6年 16年 (1+15) 1971年12月17日 50 41 2013 C級2組.降級点2
浦野真彦 八段 あと 6年 12年 (2+10) 1964年03月14日 58 53 2017 C級2組.降級点1
神崎健二 八段 あと 6年 11年 (1+10) 1963年12月08日 58 54 2018 C級2組.降級点2
塚田泰明 九段 あと 7年 8年 (1+7) 1964年11月16日 57 57 2022 C級2組.降級点2
2022年度から
勝又清和 七段 あと 8年 16年 (1+15) 1969年03月21日 53 46 2015 C級2組.降級点2
森内俊之 九段 あと 13年 19年 (8+11) 1970年10月10日 51 46 2017 B級1組


脚注[編集]

成績順 脚注
  1. ^ 1回戦終了時点の成績順。リンク先「第81期A級対戦表/成績順」に基づく。名人戦棋譜速報|第81期A級対戦表”. 2022年6月23日閲覧。
  2. ^ 1回戦終了時点の成績順。リンク先「第81期B級1組対戦表/成績順」に基づく。名人戦棋譜速報|第81期B級1組対戦表”. 2022年6月17日閲覧。
  3. ^ 1回戦終了時点の成績順。リンク先「第81期B級2組対戦表/成績順」に基づく。名人戦棋譜速報|第81期B級2組対戦表”. 2022年6月23日閲覧。
  4. ^ 1回戦終了時点の成績順。リンク先「第81期C級1組対戦表/成績順」に基づく。名人戦棋譜速報|第81期C級1組対戦表”. 2022年6月15日閲覧。
  5. ^ 1回戦終了時点の成績順。リンク先「第81期C級2組対戦表/成績順」に基づく。名人戦棋譜速報|第81期C級2組対戦表”. 2022年6月24日閲覧。
脚注
  1. ^ 朝日新聞将棋取材班Twitter(2022年5月29日)
  2. ^ 名古屋対局場(仮称)開設について日本将棋連盟
  3. ^ a b c d 第81期の組合せ公表時の日本将棋連盟 棋戦運営部手合課作成の文書でチェスクロック方式のことを「秒単位での積算方式」として説明している。
  4. ^ 谷川浩司九段は2022年5月23日付で永世名人(十七世名人)を襲位。
  5. ^ 出口若武五段は「五段昇段後タイトル挑戦」により2022年4月2日付で六段に昇段。
  6. ^ 佐々木大地六段は2022年4月28日付で竜王ランキング戦連続昇級で七段に昇段。
  7. ^ 古賀悠聖四段は2021年9月8日付でフリークラスからC級2組に昇級。直近30局で20勝10敗(勝率0.667)の成績で昇級規定「良い所取りで、30局以上の勝率が6割5分以上であること」の要件を満たす。古賀悠聖四段、フリークラスからC級2組へ昇級”. 日本将棋連盟 (2021年9月8日). 2022年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]