今泉健司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 今泉 健司 四段
名前 今泉 健司
生年月日 (1973-07-03) 1973年7月3日(43歳)
プロ入り年月日 2015年4月1日(41歳)
棋士番号 299
出身地 広島県福山市
師匠 桐谷広人七段
段位 四段
戦績
2015年4月1日現在

今泉 健司(いまいずみ けんじ、1973年7月3日 - )は、将棋棋士。棋士番号は299。愛知県豊橋市生まれ、広島県福山市出身。桐谷広人門下(奨励会時代は小林健二門下)。

2014年のプロ編入試験に合格し、2015年4月1日付けでプロ棋士四段となった[1][2]奨励会所属時は三段で退会、アマチュアでは七段であった。

人物[編集]

1度目の奨励会退会[編集]

出身の広島県の隣県である岡山県出身の菅井竜也とは親しく、子どもの頃に将棋を教えたほか、後援会会員であった[3]。三段リーグ編入試験では、初段の菅井と対局し敗れている。詰将棋の作者としても、詰将棋パラダイス半期賞受賞の実績を有する。

小学2年で父から教えられ将棋を覚える。関西研修会に入会後、関西奨励会を受験も1回目は不合格。翌年関西研修会でクラスを上げ1987年9月に中学2年で関西奨励会編入。関西同期では四段入りしたものは居らず、関東同期では川上猛三浦弘行田村康介ら。1994年の第15回から三段リーグに在籍していたが、1999年の第25回で年齢制限により退会。この奨励会時代の師匠は小林健二[4]

奨励会入会後は、上阪し師匠小林宅の近くで一人暮らしを始める。一人暮らしで将棋以外の遊びも覚え、1992年には師匠から「広島に帰ってやり直せ」と叱責され実家に戻った。将棋に対する熱意は捨てがたく、地元でのアマ強豪の励ましもあり飲食店でアルバイトをしながら塾生を続けた[5]。退会まで三段リーグの成績は、11期198戦101勝97敗と勝ち越していた。

三段リーグ初参加の第15回の成績は5勝13敗と降級点を喫する寸前であった。このうち1勝は、対局相手が直前に途中退会したための不戦勝であり、他4勝は全て後に棋士となる相手からであった(野月浩貴堀口一史座山本真也増田裕司)。この成績は、途中退会者を除き最下位の成績。

第18回は瀬川晶司が年齢制限で奨励会を退会した期で、大崎善生著「将棋の子」にも取り上げられた混戦の回であり、最終日に昇段の可能性があったのは、自力昇段の12勝4敗の3名(1位堀口一史座、14位野月浩貴、23位藤内忍)と他勝敗に影響される11勝5敗の2名(6位中座真と11位今泉)と10勝5敗の3位木村一基までの6名。今泉は連勝のみ昇段の可能性があったが、1局目の木村に敗れ昇段を逃す。昇段はなくなったが、2局目の勝てば自力昇段の中座に勝利する。中座が1局目に勝利していたため同じ12勝6敗であったが、順位は中座の方が上位(前期中座は10勝8敗、今泉は9勝9敗)であったため昇段できなかった。

第21回は、次点の弟弟子伊奈祐介と同星の11勝7敗であったが、順位が4位伊奈で5位今泉のため今泉は次々点であった。なお直接対決では敗れている。伊奈は次期も次点を獲得し、次点2回で制度変更後初のフリークラスの四段昇段を果たしている。12勝6敗の2位で昇段した増田裕司は年齢制限ぎりぎりであり、直接対決では今泉が敗れている。

第23回は、最終的に昇段した山本真也中尾敏之の同星である12勝6敗の成績も、順位差で次点に終わる。最終日までに連勝で無条件の11勝5敗の2名(8位安用寺孝功と19位今泉)と10勝5敗の5名(1位山本、2位金沢孝史、3位大平武洋、4位松本秀介、7位中尾)の7名に昇段の可能性があった。1局目の大平には勝利したが、2局目の中尾に敗れた。敗れた場合でも順位上位の11勝6敗の3名(山本対大平、松本対宮田敦史、安用寺対金沢)が後者に負けた場合のみ、中尾と共に昇段であったが、山本が勝利したため今泉は昇段を逃した。なお中尾は、畠山成幸畠山鎮以来の兄弟棋士を目指した松本秀介(第17回にプロ入りした松本佳介の3学年下の弟)が敗れたため、昇段を果たした。

第18回、第23回と2度次点を獲得しているが、「次点2回でフリークラス編入」という規定ができたのは第20回のため、第18回の次点は数えられず、フリークラス入りの権利は与えられなかった。1999年度前期の第25回三段リーグで26歳の年齢制限を迎え、奨励会を退会する。

奨励会再挑戦と2度目の退会[編集]

退会後、通信制高校を卒業。レンタルビデオ店アルバイトを経て日本レストランシステムの正社員となる。その傍ら、将棋も続けアマチュア棋戦に参加。アマ竜王戦準優勝[6]により参加した2003年の第16期竜王戦6組では、藤倉勇樹安西勝一佐藤義則とプロ棋士を立て続けに破り、ベスト8に進出した。準々決勝では、先述の因縁の相手である中尾敏之に敗れた[7]

2006年には、3つのアマチュア棋戦で優勝を収め、秋山太郎とともに、2007年に創設された三段編入試験(6勝で合格、3敗で不合格)の第一号の適用者となった。試験では6勝1敗(後述)の成績を収め合格した(秋山は5勝3敗で惜しくも不合格)。その秋山とは、日本レストランシステムに入社を誘われ、ともに調理師として働いていた仲であった。再度の奨励会入りに際して、小林健二に師匠を依頼したが、小林は再び労苦を共にするのは辛いと考え、今泉と同郷の桐谷広人に師匠を託した[4]

2007年の第41回から2008年の第44回の4期、奨励会三段リーグに参加したが、四段に昇段することはできず、規定[8] により退会した。この間の最高成績は9位(2回)、4期通算の勝敗数は33勝39敗と負け越し。この奨励会在籍中に、2手目△3二飛戦法の開発により、将棋大賞升田幸三賞を受賞した。奨励会員の受賞は史上初。再度の奨励会退会後、畠山鎮の紹介で証券会社に勤めた後、地元福山市で介護職として働く[9]

プロ編入試験への道[編集]

2013年の第26期竜王戦6組は、八代弥東和男藤森哲也のプロ棋士3人に勝ち、第16期以来10年ぶりにベスト8に進出。竜王戦6組でプロ3人抜きを2度達成したアマチュアは今泉のみである。2014年6月8日、朝日アマ名人戦で5連覇中の清水上徹を2勝1敗で降し初の戴冠。アマタイトル大三冠(アマ竜王戦、アマ名人戦、朝日アマ名人戦)を達成した。同年7月5日、朝日杯オープンのプロアマ一斉対局で星野良生に勝利し、プロ編入試験の条件である対プロ棋士戦績が良いところをとって10勝かつ勝率6割5分を満たし、受験することを表明した[10]。7月22日に日本将棋連盟へ2度目の奨励会と同様桐谷広人を師匠とし、プロ編入試験の受験申込を行った[11]

同年8月1日、朝日杯オープン一次予選2回戦で船江恒平を降し、3回戦に進出を決める。9月3日、3回戦の相手はプロアマの師弟対決2例目となる奨励会時代の師匠の小林健二[12]。小林は和服で現れ、相入玉の末持将棋に1点足りず249手で今泉が勝ち、恩返しを果たす。小林からは「よくがんばった」「もう少し序盤を研究したほうがいい」などと労いの声を掛けられた[13]。同日の1次予選決勝では、長沼洋に敗れた。同年9月19日、プロ編入試験第1局を4日後に控えた状態で銀河戦に出場。Fブロック1回戦で所司和晴に勝利する。プロ編入試験2局目から4日後の10月9日、先述2回戦で八代弥に、前年竜王戦6組の借りを返された。同年11月30日、3連覇中のアマ王将戦決勝で、元アマ王将の中川慧梧に敗れ4連覇を逃す。

プロ編入試験合格[編集]

  • 編入試験の対局は、現地で大盤解説会が開かれ、将棋連盟のモバイル中継やニコニコ生放送においても棋譜及び解説が放送された。
  • 試験は棋士番号が若い順に新四段と最大5局指し3勝または3敗した時点で終了となる。
  • 5局の前後番は1局目開始直前に振り駒を行い、歩が3枚出たため、後手となった。そのため奇数局が後手、偶数局が先手に決定した。
  • 第1局は、9月23日に関西将棋会館で指され、宮本広志四段に140手で白星を挙げる。宮本とは第42回三段リーグと第44回の2度対局し、全敗していた。
  • 第2局は、10月5日に同じく関西将棋会館で指され、先述プロ編入試験に必要な10勝目を献上した星野良生四段と再戦。145手で勝利し、プロ入りに王手を掛けた。星野とは第34回でも対局しており、その時は負けていた。
  • 第3局は、11月18日に対局相手の三枚堂達也四段の所属する東京の将棋会館で指され、139手で敗れストレート勝ちでのプロ入りは叶わなかった。三枚堂は初三段リーグ入りが今泉退会後の第53回のため、前述2名とは異なり対局は初であった。なお、三枚堂は三段リーグを1期で四段昇段を果たしている。
  • 第4局は、12月8日に将棋会館で石井健太郎四段と指し、105手で勝利。編入試験で3勝し四段編入を決めた[14][1]。これにより制度化されてからの四段編入第一号かつ、41歳でのプロ入りという戦後新四段の最高齢記録を更新した。石井は、三段リーグ入りが第47回のため、三枚堂同様初対局であった。

アマから奨励会からの昇段を経ないでプロ棋士になったのは、花村元司瀬川晶司がいるが(うち花村は飛付五段で四段以前を経験していない)、それぞれ特例でのプロ入りであり、プロ編入が制度化されてからのプロ編入試験受験者第一号となった。

プロ編入試験合格後、ブログ「今泉健司さんを応援する会公式ブログ」は「今泉の日常」と名前を変えた。2014年末限りで介護施設を退職し、将棋一本での生活に入る意思表示をした[15]。2015年の指し初め式にはプロ棋士予定者として、元師匠である小林の誘いにより参加を果たしている[16]

2015年2月21日、囲碁将棋チャンネルでプロ編入記念対局と銘打ち、プロ編入の先輩である瀬川晶司と対局し、敗れる[17]

2015年4月1日、四段昇段により正式に棋士となった。フリークラス編入のため順位戦は参加せず、10年以内でのC級2組昇格を目指すことになった。

プロ入り後[編集]

2015年4月13日、プロ棋士として初めての公式戦があり、加古川青流戦の1回戦で慶田義法三段を破り、プロ初勝利を上げた。2016年11月17日、王位戦予選で畠山鎮に勝利した。この時点で、直近30局の対戦成績は20勝10敗(勝率.6667)となり、順位戦C級2組への昇級条件の一つである「2.良い所取りで、30局以上の勝率が6割5分以上であること」を満たした。デビューから1年7ヶ月でのC級2組昇級・フリークラス脱出決定だった[18][19]

将棋略歴[編集]

昇段履歴[編集]

主な将棋歴[編集]

将棋大賞[編集]

奨励会三段リーグ編入試験の経過[編集]

  対局日 相手(手合い) 勝敗
第1局 2007年02月03日 吉田正和二段(平手)
第2局 2007年02月03日 森下裕也二段(平手)
第3局 2007年02月24日 澤田真吾初段(香落ち)
第4局 2007年02月24日 斎藤慎太郎初段(平手)
第5局 2007年03月03日 菅井竜也初段(平手)
第6局 2007年03月03日 藤田一樹初段(香落ち)
第7局 2007年03月28日 都成竜馬二段(平手)
  • 段位・肩書きは対局時点。6勝、または3敗した時点で終了。
  • 対局は全て関西将棋会館で行われた。

プロ棋士編入試験の経過[編集]

  対局日 相手 手番 勝敗
第1局 2014年09月23日 宮本広志四段 後手
第2局 2014年10月05日 星野良生四段 先手
第3局 2014年11月18日 三枚堂達也四段 後手
第4局 2014年12月08日 石井健太郎四段 先手
第5局 実施せず 竹内雄悟四段 - -
  • 段位・肩書きは申請時点。3勝、または3敗した時点で終了。
  • 1局目と2局目は関西将棋会館、3局目と4局目は将棋会館(東京都渋谷区)で指された。
  • 4局目までに3勝を挙げ、四段編入が決まったため、5局目は行われなかった。
  • 1局目に振り駒で手番を決定し後手番となった。奇数局は1局目と同じく後手番、偶数局は逆の先手番となる。

アマ時代の対プロ戦績[編集]

  • アマチュアとして、プロ棋士との公式戦対局の成績を記述する。三段リーグ編入試験以前と奨励会退会以降で分割する。
  対局日 対局者 手番 勝敗 棋戦
1 2002年12月19日 藤倉勇樹四段 後手 第16期竜王戦 6組ランキング戦1回戦
2 2003年01月30日 安西勝一六段 後手 第16期竜王戦 6組ランキング戦2回戦
3 2003年03月03日 佐藤義則八段 先手 第16期竜王戦 6組ランキング戦3回戦
4 2003年04月07日 中尾敏之四段 先手 第16期竜王戦 6組ランキング戦4回戦
5 2003年12月03日 島本亮四段 後手 第17期竜王戦 6組ランキング戦1回戦
6 2004年01月09日 安用寺孝功四段 後手 第17期竜王戦 6組ランキング戦2回戦
7 2004年06月06日 村山慈明四段 先手 第23回朝日オープン将棋選手権 予選1組1回戦
8 2005年12月14日 髙﨑一生四段 先手 第19期竜王戦 6組ランキング戦1回戦
9 2006年12月21日 糸谷哲郎四段 先手 第20期竜王戦 6組ランキング戦1回戦
  • 奨励会2度目の退会以降
  対局日 対局者 手番 勝敗 棋戦
1 2012年02月21日 豊島将之六段 後手 第38期棋王戦 予選6組1回戦
2 2012年07月07日 牧野光則四段 先手 第6回朝日杯将棋オープン戦 一次予選4組1回戦
3 2012年07月28日 桐山清澄九段 後手 第6回朝日杯将棋オープン戦 一次予選4組2回戦
4 2012年08月30日 中座真七段 後手 第21期銀河戦 本戦Hブロック1回戦
5 2012年08月30日 吉田正和四段 先手 第21期銀河戦 本戦Hブロック2回戦
6 2012年08月31日 大石直嗣四段 先手 第6回朝日杯将棋オープン戦 一次予選4組3回戦
7 2012年10月23日 牧野光則四段 後手 第21期銀河戦 本戦Hブロック3回戦
8 2012年12月06日 八代弥四段 後手 第26期竜王戦 6組ランキング戦1回戦
9 2013年01月18日 東和男七段 後手 第26期竜王戦 6組ランキング戦2回戦
10 2013年03月15日 藤森哲也四段 後手 第26期竜王戦 6組ランキング戦3回戦
11 2013年04月30日 門倉啓太四段 先手 第26期竜王戦 6組ランキング戦4回戦
12 2013年09月12日 竹内雄悟四段 先手 第22期銀河戦 本戦Eブロック1回戦
13 2013年09月12日 伊奈祐介六段 先手 第22期銀河戦 本戦Eブロック2回戦
14 2013年10月31日 髙見泰地四段 後手 第22期銀河戦 本戦Eブロック3回戦
15 2014年07月05日 星野良生四段 後手 第8回朝日杯将棋オープン戦 一次予選14組1回戦
16 2014年08月01日 船江恒平五段 先手 第8回朝日杯将棋オープン戦 一次予選14組2回戦
17 2014年09月03日 小林健二九段 先手 第8回朝日杯将棋オープン戦 一次予選14組3回戦
18 2014年09月03日 長沼洋七段 先手 第8回朝日杯将棋オープン戦 一次予選14組決勝
19 2014年09月19日 所司和晴七段 後手 第23期銀河戦 本戦Fブロック1回戦
20 2014年10月09日 八代弥四段 後手 第23期銀河戦 本戦Fブロック2回戦
  • 段位・肩書きは対局時点。
  • プロ編入試験の条件である良いところから見て10勝時点を満たした時点で、10勝4敗勝率0.714。2012年以降では、13勝7敗勝率0.65。

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c アマ強豪の今泉さん、悲願のプロ棋士に!編入試験に合格 - スポーツニッポン 2014年12月8日
  2. ^ 2015年4月1日付昇級・昇段者 更新: 2015年4月 1日 13:40 - 日本将棋連盟
  3. ^ 菅井竜也後援会竜棋会
  4. ^ a b 今泉さん大健闘 朝日杯将棋予選、プロに3連勝朝日新聞 2014年9月9日
  5. ^ 元奨の真実 将棋世界 2006年10月号
  6. ^ 第15回アマチュア竜王戦日本将棋連盟 2002年
  7. ^ 第16期竜王戦【6組】ランキング戦・昇級者決定戦日本将棋連盟 2003年
  8. ^ 「奨励会三段リーグ編入試験」の合格者は三段リーグには最長4期しか在籍できず、勝ち越し延長も認められていない
  9. ^ 今泉流振り飛車人生ファイル12 進撃篇今泉健司さんを応援する会公式ブログ 2014年9月22日
  10. ^ 朝日アマ将棋名人の今泉さん、プロ編入試験を受験へ朝日新聞 2014年7月5日
  11. ^ アマチュアの今泉健司さん、プロ編入試験受験へ日本将棋連盟 2014年7月24日
  12. ^ 初は2004年の朝日オープン将棋選手権1次予選2回戦、桐山隆アマと石田和雄戦。結果は桐山が勝ち
  13. ^ アマの今泉名人、1次予選で敗退 朝日杯将棋オープン戦朝日新聞 2014年9月4日
  14. ^ a b 今泉アマが編入試験合格 産経ニュース 2014年12月8日
  15. ^ 将棋一本の生活へ 今泉の日常 2014年12月27日
  16. ^ 指し初め式 今泉の日常 2015年1月8日
  17. ^ プロ編入記念対局 ~今泉健司新四段 vs 瀬川晶司五段~囲碁将棋チャンネル 2015年4月4日閲覧
  18. ^ 43歳の今泉四段が順位戦昇級 戦後最年長でプロ 毎日新聞2017年11月17日 2017年11月17日閲覧
  19. ^ 今泉健司四段、 フリークラスからC級2組へ昇級 更新:2016年11月18日 17:50 - 日本将棋連盟

外部リンク[編集]