徳田拳士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 徳田拳士 四段
名前 徳田拳士
生年月日 (1997-12-09) 1997年12月9日(24歳)
プロ入り年月日 2022年4月1日(24歳)
棋士番号 332
出身地 山口県周南市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 小林健二九段
段位 四段
棋士DB 徳田拳士
2022年4月1日現在
テンプレートを表示

徳田 拳士(とくだ けんし、1997年12月9日 - )は将棋棋士小林健二九段門下。棋士番号は332。山口県周南市出身。山口県立徳山高等学校卒業[1]同志社大学卒業[1]

将棋棋士・将棋女流棋士としては初の山口県出身者である[2]


棋歴[編集]

5歳頃、父と祖父が将棋を指しているのを見た事で、将棋に興味を持った[3]。その後、2009年度に第34回小学生将棋名人戦にて優勝し[4]、中学1年で奨励会へ入ると、2018年4月に三段リーグ入りを果たした。

三段リーグでは参戦から7期目までは勝ち越しと負け越しが3回ずつ、指し分けが1回という状態だったが、8期目となった第70回(2021年下期)にて15勝3敗の成績を収め、2位でのプロ入りを決めた[5]

なお、プロ入り前(三段当時)は新人王戦にて活躍しており、第51期(2020年度)では第45期棋王戦のタイトル挑戦や第61期王位リーグ入りをした本田奎を、第52期(2021年度)には第79期順位戦でB級2組への昇級を決めた増田康宏を、それぞれ破っている(最終的な三段での公式戦成績は、6勝4敗)。

人物・エピソード[編集]

  • 将棋の魅力について、「すべての責任が自分にあるというのがすごい好き。ミスも勝因も、全部自分が勝ち負けに直結するのが面白さの一つ」と語っている[3]
  • プロ入り時のインタビューでは、12年間の奨励会生活について「あまり楽しかった思い出はない」、「将棋が好きだということを、調子が悪いたびに思えることができたので頑張れた」、「最後の1年、ようやく本気で頑張れたかなと思う」などと振り返っている[3][6]
  • 「拳士」という名前は北斗の拳に由来しているとのこと[6]
  • 趣味は釣りとスポーツ全般[7]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2010年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2017年10月15日 三段 = 第62回奨励会三段リーグ戦から
  • 2022年4月1日 四段[8]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出典[編集]

  1. ^ a b 【山口県】周南市出身の徳田四段 県内初の将棋のプロ棋士誕生”. Yahoo! JAPAN. 2022年4月9日閲覧。
  2. ^ 山口県出身初プロ棋士誕生 将棋・奨励会三段リーグ 徳田三段と岡部三段が昇段”. スポーツ報知 (2022年3月12日). 2022年3月22日閲覧。
  3. ^ a b c 周南出身の徳田さん 県内初のプロ棋士に | 朝日新聞デジタル” (日本語). 2022年6月7日閲覧。
  4. ^ 小学生将棋名人戦歴代優勝者一覧”. 日本将棋連盟. 2022年3月12日閲覧。
  5. ^ 第70回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2022年6月7日閲覧。
  6. ^ a b 徳田拳士四段 藤井王将と同じ板谷一門で、同志社大出身初の棋士が免状授与式出席「王道の将棋を指したい」 | スポニチアネックス” (日本語). 2022年6月7日閲覧。
  7. ^ 軽く自己紹介をします😄”. 2022年6月7日閲覧。
  8. ^ 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2022年3月12日). 2022年3月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]