渡辺和史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 渡辺和史 五段
名前 渡辺和史
生年月日 (1994-10-06) 1994年10月6日(27歳)
プロ入り年月日 2019年10月1日(24歳)
棋士番号 319
出身地 東京都新宿区
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 豊川孝弘七段
段位 五段
棋士DB 渡辺和史
2022年3月10日現在
テンプレートを表示

渡辺 和史(わたなべ かずし、1994年10月6日 - )は、東京都新宿区出身の将棋棋士[1]東京都立白鷗高等学校・附属中学校[2]大正大学文学部歴史学科(日本史コース)卒業。[3]豊川孝弘七段門下。棋士番号は319。

棋歴[編集]

1999年(5歳頃)、父が突然仕事帰りに将棋の盤と駒を買ってきた事がきっかけに始める[4]

2006年、小学生名人戦・倉敷王将高学年の部東京都代表[5][4]、2008年奨励会入会[4]

奨励会三段リーグは、第54回(2013年度下期)より参加。初参加の成績は1勝17敗に終わるも、師匠の豊川孝弘から「まだ先がある。二段に落ちてもいいくらいの気持ちで」と励まされ、のびのびと指せるようになったという[6]。第65回(2019年上期)三段リーグにて、現行制度で最多タイの勝利数となる16勝2敗の成績を挙げ、リーグ1位で四段昇段プロデビューを決めた。

プロ入り後[編集]

デビューとなった2020年度から活躍し、31勝15敗と大きく勝ち越した。また、この成績により第71回NHK杯の「総合成績優秀者」による予選シード権を手に入れると、本戦1回戦でも井上慶太に勝利した。

2021年度は、順位戦2期目となる第80期順位戦にて、9勝1敗(1位)の成績でC級1組への昇級及び五段への昇段を果たした。特に最終局は「勝てば昇級が確定、負ければ6位」という状態になったが、相手は「勝てば降級点回避」が決まる長谷部浩平との大勝負だった。結果、渡辺は長谷部との激闘を制したが、「最後はたまたま勝ちが転がり込んできた感じで反省の内容」と振り返っている[7]。また、歴代7位タイとなる20連勝を達成し、将棋大賞の連勝賞を受賞した。

人物・エピソード[編集]

  • 得意戦法は角換わり[1]
  • 趣味はバスケットボール(Twitterのプロフィール欄に「趣味:バスケetc.」と記載有)。
  • 最後となった三段リーグでは、前述通り現行制度で最多タイの勝利数となる16勝2敗の成績だったが、渡辺自身は「自分の実力からしたら出来過ぎ。運が味方をしてくれた。」とコメントしている[6]。また、師匠の豊川からはTwitterで「和史!おめでとう!」とプロ入りを祝福された[8]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2008年2月 6級 = 奨励会入会
  • 2013年10月 三段 = 第54回奨励会三段リーグ戦から
  • 2019年10月1日 四段
  • 2022年3月10日 五段 = 順位戦C級1組昇級[9]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[編集]

  • 第49回(2021年度) 連勝賞

出典[編集]

  1. ^ a b 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2019年8月15日). 2019年10月1日閲覧。
  2. ^ 修司, 相崎. “「藤井聡太七段とは一局でも多く当たりたい」多くのドラマを経て、新四段2人がデビュー | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年11月27日閲覧。
  3. ^ -歴史学科卒業生の活躍 大正大学 2019年10月18日
  4. ^ a b c 渡辺和史四段プロフィール | 甲斐日向将棋教室” (日本語). 2020年11月27日閲覧。
  5. ^ 第31回小学生将棋名人戦【代表選手一覧】”. www.shogi.or.jp. 2020年11月27日閲覧。
  6. ^ a b 渡辺和史三段、石川優太三段がプロ入り決める 10月1日付で四段昇段― スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポーツニッポン (2019年9月7日). 2019年10月1日閲覧。
  7. ^ 昨日の対局は勝ちでした。” (2022年3月11日). 2022年5月22日閲覧。
  8. ^ 和史!おめでとう!” (2019年8月15日). 2022年5月22日閲覧。
  9. ^ 渡辺和史四段が五段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2022年3月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]