横山友紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 横山友紀 四段
名前 横山友紀
生年月日 (2000-01-26) 2000年1月26日(22歳)
プロ入り年月日 2021年10月1日(21歳)
棋士番号 329
出身地 兵庫県加古川市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 井上慶太九段
段位 四段
棋士DB 横山友紀
2021年10月1日現在
テンプレートを表示

横山 友紀(よこやま ともき、2000年1月26日 - )は将棋棋士[1]井上慶太九段門下。棋士番号は329。兵庫県加古川市出身。

棋歴[編集]

2011年、第36回小学生将棋名人戦ベスト4。

三段リーグには第62回(2017年度後期)から参加。8期目の第69回(2021年度前期)三段リーグでは序盤で2勝3敗と躓きながらもその後は連勝街道に乗り、最終日の1局目に勝利し13勝4敗の成績で最終局を残して1位が確定。同じ井上慶太門下の狩山幹生と共に四段昇段を決めた[2]。自身の体調不良のため後日に延期された最終局では黒星を喫し、最終的な勝敗は13勝5敗(1位)となった。

棋風[編集]

  • 四間飛車を中心とした振り飛車党。目標とする棋士には藤井猛を挙げている。
  • 四段デビュー後間もない2022年2月に放送された将棋フォーカスの特集で「粘っていると良くない癖がつくのであまり粘らないようにしている」と話すように、劣勢の対局では持ち時間を大きく余し短手数で投了することも多い。

人物・エピソード[編集]

  • 2022年1月16日、出身地である兵庫県加古川市から加古川観光大使に任命された[3]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2012年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2017年9月2日 三段 = 第62回奨励会三段リーグ戦から
  • 2021年10月1日 四段

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出典[編集]

  1. ^ 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2021年9月11日). 2021年10月1日閲覧。
  2. ^ 横山、狩山が将棋棋士に ともに井上九段門下 - 産経ニュース”. 産経新聞 (2021年9月11日). 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ プロ将棋棋士 横山友紀さん加古川観光大使に任命/兵庫県(サンテレビ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]