黒田尭之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 黒田尭之 四段
名前 黒田尭之
生年月日 (1996-09-26) 1996年9月26日(23歳)
プロ入り年月日 2019年4月1日(22歳)
棋士番号 318
出身地 愛媛県松山市
師匠 畠山鎮八段
段位 四段
戦績
2019年4月1日現在
テンプレートを表示

黒田 尭之(くろだ たかゆき、1996年9月26日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士[1]畠山鎮八段門下。棋士番号は318。愛媛県松山市出身。

棋歴[編集]

6歳の時に父から教わったことをきっかけに将棋を始めた。松山市の将棋道場「松山将棋センター」に通い、小学6年で奨励会入会。2008年、第33回小学生将棋名人戦準優勝(準決勝では増田康宏に勝利)[2]。第7回全国小学生倉敷王将戦優勝[3]

2013年4月、三段リーグ入り。松山市の新田高等学校を卒業後、愛媛大学に進学したが、中退し将棋に専念した[4]藤井聡太大橋貴洸が四段昇段を果たした第59回三段リーグでは12勝6敗で次点。第64回三段リーグで13勝5敗の成績で参戦12期目にして四段昇段を決めた(同時昇段は出口若武[5]。愛媛県出身の棋士の誕生は森信雄以来、43年ぶりだった[6]

人物[編集]

  • 松山市在住のため、奨励会入会以降、対局のたびに夜行フェリーで大阪の関西将棋会館に通い続けた[7]。「地元のつながりを大切に、地元の人たちに応援される棋士になりたい」という思いから松山市在住にこだわるつもりだという[4]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2008年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2013年4月 三段 = (第53回奨励会三段リーグ戦から)
  • 2019年4月1日 四段

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]