坂井修一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂井 修一
誕生 (1958-11-01) 1958年11月1日(64歳)
日本の旗 日本愛媛県松山市
職業 歌人情報工学
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 工学博士
最終学歴 東京大学理学部情報科学科卒業
東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了
主な受賞歴 現代歌人協会賞(1987年)
寺山修司短歌賞(2000年)
若山牧水賞(2006年)
迢空賞(2010年))
小野市詩歌文学賞(2015年)
IEEE論文賞(1995年)
電子情報通信学会業績賞(2018年)
デビュー作 『ラビュリントスの日々』(第一歌集)
配偶者 米川千嘉子
公式サイト http://sakai.my.coocan.jp/
テンプレートを表示

坂井 修一(さかい しゅういち、1958年11月1日 - )は、日本歌人情報理工学者、東京大学教授。愛媛県出身。

短歌結社「かりん」に所属。科学者としての視点を生かしながら人間的な振幅を示す表現が特徴。現在、「かりん」編集人、現代歌人協会副理事長。

また、情報理工学の分野でも活躍し、電子技術総合研究所(現:産業技術総合研究所)に勤務していたときに、汎用性があるという意味で世界初といわれている高並列データ駆動計算機「EM-4」の開発に携わる。その後マサチューセッツ工科大学招聘研究員、筑波大学助教授、東京大学工学部助教授、同大学情報理工学系研究科教授。情報処理学会フェロー電子情報通信学会フェロー日本文藝家協会理事などでもある[1]

妻は同じく歌人の米川千嘉子

略歴[編集]

著書[編集]

歌集・歌書[編集]

  • 第一歌集『ラビュリントスの日々』(1986・砂子屋書房)
  • 第二歌集『群青層』(1992・雁書館)
  • 第三歌集『スピリチュアル』(1996・雁書館)
  • 『鑑賞・現代短歌 七 塚本邦雄』(1996・本阿弥書店
  • 第四歌集『ジャックの種子』(1999・短歌研究社
  • 第五歌集『牧神』(2002・短歌研究社)
  • 第六歌集『アメリカ』(2006・角川書店
  • 第一評論集『斎藤茂吉から塚本邦雄へ』(2006・五柳書院)
  • 『現代短歌文庫 坂井修一歌集』(2006・砂子屋書房)
  • 第七歌集『望楼の春』(2009・角川学芸出版
  • 第二評論集『世界と同じ色の憂愁』(2009・青磁社
  • 『ここからはじめる短歌入門』(2010・角川学芸出版)
  • 第八歌集『縄文の森、弥生の花』(2013・角川学芸出版)
  • 第九歌集『亀のピカソ』(2014・ふらんす堂
  • 第十歌集『青眼白眼』(2017・砂子屋書房)
  • 『現代短歌文庫 続坂井修一歌集』(2017・砂子屋書房)
  • 第十一歌集『古酒騒乱』(2019・角川文化振興財団)
  • 『森鷗外の百首』(2021・ふらんす堂)
  • 『蘇る短歌 大好きなうた、ちょっと苦手なうた』(2021・本阿弥書店)
  • 『世界を読み、歌を詠む』(2021・ながらみ書房)
  • 『うたごころは科学する』(2022・KDP)

工学書[編集]

受賞歴[編集]

短歌[編集]

情報理工学[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 下記東大坂井修一ホームページなど 2016年3月31日現在

関連項目[編集]

外部リンク[編集]