たぬきごはん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほりゆうこから転送)
移動先: 案内検索
たぬきごはん
Tanukigohan 2016-01.jpg
左から、宍倉孝雄、ほりゆうこ(2016年1月)
メンバー 宍倉孝雄
ほりゆうこ
結成年 2011年
事務所 松竹芸能 東京
活動時期 2011年 -
芸種 漫才コント
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

たぬきごはんは、日本お笑いコンビ。所属は松竹芸能(東京)。

メンバー[編集]

  • 宍倉 孝雄(ししくら たかお、 (1978-11-20) 1978年11月20日(39歳) - )
    ツッコミ担当[1]
    千葉県出身。
    身長180cm、血液型はO型
    かつてはディスクジョッキーの会社で見習いマネジャーをしていた。この頃、ある地域のお笑いライブに出る予定だったが出られなくなった知人の代わりに出場したところ、2位に選ばれたことで天職かなと思うようになり、お笑いを目指すようになって2004年、松竹芸能の養成所に入る[2]
    かつてはニッポニアニッポン(1年で解散[1])、ジャパニウム2011年4月6日解散[3])の、それぞれのコンビで活動。なお、ジャパニウム時代の相方は現・ピン芸人(松竹芸能東京所属)の麻生くにひこ
    趣味はプロレス観戦、DJ。特技はビールジョッキを一度にたくさん持てること、頭蓋骨で曲を演奏出来ること[4]。『芸人報道』(日本テレビ)の2013年7月5日放送の回に出演した時には、頭と顎を叩いて歯を鳴らし、B'zの曲を演奏した[5]
  • ほり ゆうこ(1986-03-17) 1986年3月17日(31歳) - )
    ボケ担当[1]
    本名、堀 由布子(ほり ゆうこ)。
    大阪府出身。
    身長163cm、血液型はO型
    横浜国立大学工学部知能物理工学科卒業[6]卒業論文のテーマは『磁場中作成ゲル粘弾性特性』[6]。在学中、大学3年生の時に大学院への飛び級を推薦されたことがあったが断ったという[4]
    中高生の頃からラジオ好きで、最初はラジオDJ志望だった[7]
    松竹芸能東京養成所を2009年10月で卒業し、松竹芸能所属となる。最初はピン芸人として活動していた[8]。養成所の同期生で同時期に松竹芸能所属となったタレントに紺野ぶるまがいる[9]
    M-1グランプリ2009には、『堀赤堀』(ほりあかほり)という期間限定コンビで出場[10][11]
    2014年3月より、オンラインゲームドラゴンクエストXにおいて、第二期初心者大使に公開オーディションで選ばれ、活動している[4]
    日本史研究が趣味で[8]漢字検定2級、硬筆書写検定(ペン字検定)3級の資格がある[4]。楽器はギターの他、ピアノドラムも特技[4]好きであることから、ピン芸人時代は歌ネタが多かった。
    本名の由布子の「布子」から、自分のことを「ぬのこ」と呼んでいる[12][9]
    ピン芸人時代は、ギターを弾き語りしながら、何かよくわからない話、変に思った話などをネタにして歌っていくという芸(この時まぶたに黒っぽい化粧をしたり、弾き語りをしながら、めくり芸を同時にしていた、など)があった。またギターを持たず、ブルースシンガーのようなキャラクターで歌ネタを披露するものもあり(この時は顔に茶色塗りをすることもある)、ネタ中にラップを披露する一人コント、5秒のCMを2分に伸ばして構成して演じるネタなどもあった[1]

略歴・概説[編集]

2011年中に、ピン芸人だったほりと、ジャパニウムを解散した宍倉によって、たぬきごはん結成。宍倉から声をかけて結成した(これ以前から宍倉はほりの才能を認めていて、コンビを解散した芸人仲間に、新しい相方としてほりを勧めていたことがあった)[1]

2016年M-1グランプリで、準々決勝まで進出[7]

コント漫才共に演じている。主に宍倉がボケ、ほりがツッコミツッコミ役で、ネタの途中でマイクから離れて相方の宍倉と共にステージ隅に座り込み、宍倉を諭すような会話をする、といったようなネタのスタイルがある[13]2015年からは、一部でボケとツッコミが逆転したようなネタも見せている他、同年からはほりが「西園寺綾雨」(さいおんじ あやめ、わがままな感じでものをあまり知らないというキャラクター[2])、宍倉がその執事と言うキャラクターに扮しての漫才も披露している[1][14]。西園寺綾雨と執事のキャラ設定のネタは、ほりが着物を着た時に先輩から「地主の娘と執事に見える」と言われたことがきっかけだった[2]。なお、ほりはtwitterのアカウントを自分のものの他に、2017年4月から西園寺綾雨としてのアカウントのものも持っている。

ネタ作成については、やりたいこととその設定についてはほりが、ネタを工夫して加工するのは宍倉がそれぞれ担当している[2]

2017年3月4日、たぬきごはん初単独ライブ 「雲に佇み 虹を描く」(松竹芸能新宿角座)を開催した。[15]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

ライブ[編集]

単独ライブ
ユニットライブ

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(269)】お嬢様と執事の漫才でブレークを狙う男女コンビのたぬきごはん(1/4)”. サンケイスポーツ (2017年2月4日). 2017年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(269)】お嬢様と執事の漫才でブレークを狙う男女コンビのたぬきごはん(2/4)”. サンケイスポーツ (2017年2月4日). 2017年2月5日閲覧。
  3. ^ ジャパニウム。”. 宍倉孝雄の“西船橋ウェッサイ!” (2011年4月7日). 2015年2月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e 公式プロフィール参照
  5. ^ プロフィールの特技が気になる芸人を呼んでみようSP!”. 『芸人報道』番組公式サイト (2013年7月5日). 2015年2月15日閲覧。
  6. ^ a b 卒論Night!”. 株式会社SCRAP. 2015年2月15日閲覧。
  7. ^ a b 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(269)】お嬢様と執事の漫才でブレークを狙う男女コンビのたぬきごはん(2/4)”. サンケイスポーツ (2017年2月4日). 2017年2月5日閲覧。
  8. ^ a b 芸人名鑑「ほりゆうこ」より。
  9. ^ a b 2/15(日)撮影会 (人生初)(誰か助けて)”. さんかくずわりで失礼します(ほりゆうこのブログ) (2015年2月13日). 2015年2月15日閲覧。 など。
  10. ^ ひと段落”. さんかくずわりで失礼します(ほりゆうこのブログ) (2009年9月29日). 2015年2月15日閲覧。
  11. ^ 10/11(日) 1回戦・東京13 TEPCOホール”. M-1グランプリ2009 (2009年10月11日). 2016年12月30日閲覧。
  12. ^ ドラゴンクエストⅩ第二期初心者大使ほりゆうこのコミュニティより。
  13. ^ みんとん主催 今日、プロットで2連勝した芸人が最強ライブ”. LAUGH MAKER (2014年7月4日). 2015年2月15日閲覧。 など。
  14. ^ たぬきごはんほり twitter 2015年11月19日(2015年11月21日閲覧)
  15. ^ 松竹芸能新宿角座|2017年3月4日「たぬきごはん初単独ライブ 「雲に佇み 虹を描く」」 - 松竹芸能
  16. ^ 金曜プレミアム 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル 2016年5月6日(金)”. gooテレビ (2016年5月6日). 2016年5月8日閲覧。
  17. ^ ものまねPerfumeでたー(^ω^)”. キンタロー。オフィシャルブログ (2016年5月6日). 2016年5月8日閲覧。
  18. ^ 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦 2017年6月2日放送回”. gooテレビ (2017年6月2日). 2017年6月3日閲覧。
  19. ^ たぬきごはん ほり‏ twitter 2017年6月2日
  20. ^ とんねるずのみなさんのおかげでした 2017年1月19日(木)”. gooテレビ (2017年1月19日). 2017年6月3日閲覧。
  21. ^ 水曜日のダウンタウン 2017年8月23日放送回”. gooテレビ (2017年8月23日). 2017年9月3日閲覧。
  22. ^ Walive! ライブ情報「ユニットライブ『十年一突 vol.1』」