イシイジロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いしい じろう
イシイ ジロウ
生誕1967年1月28日(53歳)
国籍日本の旗 日本
職業ゲームデザイナー脚本家映画監督作詞家
代表作428 〜封鎖された渋谷で〜
タイムトラベラーズ
新サクラ大戦

イシイ ジロウ(いしい じろう、1967年1月28日 [1]- )は、日本ゲームデザイナー脚本家映画監督作詞家。ストーリーテリング代表取締役 [2]。リクルート関西支社やカルチュア・コンビニエンス・クラブで広告・宣伝担当を経てゲーム業界に転職。チュンソフト(2000年入社)、レベルファイブ(2010年入社)において、おもにアドベンチャーゲームのシナリオ・監督・プロデュース、ディレクションを務めたのち、2014年に独立。2015年ストーリーテリング設立。

略歴[編集]

2000年チュンソフトに入社。

2004年発売の『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』で第9回 CESA GAME AWARDS 優秀賞を受賞。

2010年レベルファイブ入社。

2014年、独立。

2015年に株式会社ストーリーテリングを設立。

活動[編集]

エピソード[編集]

  • チュンソフト在職中に手がけた『428 〜封鎖された渋谷で〜』は『週刊ファミ通』のクロスレビューで史上9本目となる40点満点を獲得[3]日本ゲーム大賞 2009優秀賞、ファミ通アワード2008優秀賞なども受賞した[4]
  • 「笹の才蔵」と称された戦国武将可児吉長の子孫であり、家に家系図が伝わっている。同じく家に家系図が伝わっている歌人の笹公人とは、曽祖父どうしが兄弟という関係にある[5]
  • レベルファイブ在職中に手がけた『タイムトラベラーズ』では劇中曲の作詞を手がけ、メインテーマである「The Final Time Traveler」はフィギュアスケート選手の羽生結弦に2014グランプリファイナルExhibition(エキシビション)にプログラム曲として選ばれる。この『タイムトラベラーズ』および「The Final Time Traveler」はイシイが被災した阪神・淡路大震災をイメージして作られた作品で、羽生の被災地へのメッセージと重なると論評されている[6]
  • 2014年8月。独立後に初めて原作を提供したインディーズアニメ『UNDER THE DOG』が米国クラウドファンディング“キックスターター”のアニメーションジャンルにて1万2,157人から目標を遥かに上回る史上最高(当時)の87万8,028ドルの出資金額を集める。また、この作品は『UNDER THE DOG』 2018年『劇場版 UNDER THE DOG Jumbled』として東名阪にて劇場公開された。当初は2週間限定での公開予定だったが、好評につき延長となった[7]
  • 2015年10月、YOUTUBEで配信開始されたアニメシリーズ『モンスターストライク』 のストーリー・プロジェクト構成を担当。3DS版『モンスターストライク』や映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』のストーリーも担当している。3DS版『モンスターストライク』は出荷100万本を記録[8]。イシイとしては初めてのミリオン作品への本格参加となった。YOUTUBEシリーズも1話7分無料視聴という新しいフォーマットを提案。YOUTUBE世界累計再生回数4億回を突破(2019年11月)している[9]
  • 2016年1月より放映のTVアニメ『ブブキ・ブランキ』にシリーズ構成・脚本(北島行徳と共同)として参加。『ブブキ・ブランキ』」は2016冬アニメ満足度人気投票において四部門で一位を独占した[10]
  • 実写映画『女流棋士の春』の監督や舞台『龍よ、狼と踊れ』の原作、NHK謎解きLIVE『CATSと蘇ったモリアーティ』の原作、『新サクラ大戦』作中歌の作詞、コミック版のストーリー構成・脚色など活動の場を拡げている。また、観劇型人狼イベント『アルティメット人狼』主宰という顔も持つ。

作品[編集]

ゲーム[編集]

チュンソフト
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
レベルファイブ
セガ
DMM GAMES
mixi
NTT出版
その他

アニメ[編集]

ビジネス書[編集]

実写[編集]

  • 映画 女流棋士の春:脚本・監督・編集
  • TVドラマ NHK 謎解きLIVE『謎解きLIVE美白島殺人事件』:出演
  • TVドラマ NHK 謎解きLIVE『謎解きLIVE四角館の密室殺人事件』:ゲーム監修
  • TVドラマ NHK 謎解きLIVE Episode2.5 『CATSと蘇ったモリアーティ』:原作
  • NHK BSプレミアム『マリオ~AIのゆくえ~』:設定監修
  • TBS日曜劇場天国と地獄〜サイコな2人〜』:トリック監修
  • YouTubeガンダムチャンネル『ガンダムビルドリアル』:設定考証[15]

作詞[編集]

  • Little Lovers
    • 「A Place In The Sun ~Little Loversのテーマ」作曲:北堀勝一 歌:吉田古奈美・菅原祥子・笹本優子
  • タイムトラベラーズ
    • 「ミライノウタニノセ」作曲:坂本英城 歌:宍戸留美
    • 「The Final Time Traveler」日本語詩 作曲:坂本英城 歌:サラ・オレイン
    • 「Dr.Schrodinger, tell me please?」日本語詩 作曲:坂本英城 歌:やなぎなぎ
    • 「The Door Into Summer」日本語詩 作曲:坂本英城 歌:尾島梨絵
    • 「Time after Time」日本語詩 作曲:坂本英城 歌:Satsy
  • 女流棋士の春
    • 「女流棋士の春」作曲:坂本英城 歌:香川愛生
  • 新サクラ大戦
    • 「乙女なんですよ」作曲:田中公平 歌:天宮さくら(CV:佐倉綾音)
    • 「女!!祭の心意気」作曲:田中公平 歌:東雲初穂(CV:内田真礼)
    • 「輪舞」作曲:田中公平 歌:クラリス(CV:早見沙織)
    • 「帰れる場所」作曲:田中公平 歌:アナスタシア・パルマ(CV:福原綾香)
    • 「忍者あざみ」作曲:田中公平 歌:望月あざみ(CV:山村響)
    • 「狂い咲け帝都に」作曲:田中公平 歌:夜叉(CV:横山智佐)
    • 「新たなる」作曲:田中公平 歌:天宮さくら(CV:佐倉綾音)東雲初穂(CV:内田真礼)望月あざみ(CV:山村響)アナスタシア・パルマ(CV:福原綾香)クラリス(CV:早見沙織)ホワン・ユイ(CV:上坂すみれ)ランスロット(CV:沼倉愛美)エリス(CV:水樹奈々)
  • 新サクラ大戦 the Animation
    • 「凍てつく魂」作曲:田中公平 編曲:東大路憲太 歌:天宮さくら(佐倉綾音)アナスタシア・パルマ(福原綾香)
  • 文豪とアルケミスト〜審判ノ歯車〜
    • 「グッド・バイ」作曲:渡辺翔 編曲:坂本英城 歌:浦島坂田船
    • 「藪の中のジンテーゼ」作編曲:藤間仁 歌:南條愛乃
  • SECRET CASINO
    • 「約束と世界の終わりと」作編曲:坂本英城 歌:柚木尚子

舞台[編集]

コミック[編集]

ノベライズ[編集]

ボードゲーム[編集]

  • Gods' Gambit(ゲームデザイン:カナイセイジ):ストーリー協力
  • ドラゴンギアス(Dragon Gyas):原作・ストーリー・世界観設定

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 本人Twitterより。
  2. ^ QREATORS プロフィール / ゲームクリエイター / 原作・脚本家 / 映画監督・イシイジロウ”. 株式会社FIREBUG. 2020年1月20日閲覧。
  3. ^ 428 〜封鎖された渋谷で〜 (Wii) - ファミ通.com”. 株式会社 KADOKAWA Game Linkage. 2020年1月20日閲覧。
  4. ^ 日本ゲーム大賞2009 プレスリリース”. 社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2020年1月20日閲覧。
  5. ^ 可児才蔵に導かれ 笹公人” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年8月12日閲覧。
  6. ^ フィギュアスケートファン通信7”. 2020年9月18日閲覧。
  7. ^ UNDER THE DOG Jumbled:劇場版アニメが上映1週間延長 - MANTANWEB(まんたんウェブ)”. 2020年12月25日閲覧。
  8. ^ 3DS版モンスターストライク、出荷数「100万本」を突破!”. 2020年12月25日閲覧。
  9. ^ モンストアニメ、 YouTube 世界累計再生回数4億回を突破!”. 2020年12月25日閲覧。
  10. ^ 「2016冬アニメ満足度人気投票」結果発表! 「ブブキ・ブランキ」が四冠達成、「この素晴らしい世界に祝福を!」わずかに及ばず - アキバ総研” (日本語). アキバ総研. 2020年12月25日閲覧。
  11. ^ 日本ゲーム大賞2008 フューチャー部門”. 2020年12月25日閲覧。
  12. ^ 9th CESA GAME AWARDS プレスリリース”. 2020年12月25日閲覧。
  13. ^ フューチャー部門受章作品 日本ゲーム大賞”. 2020年9月18日閲覧。
  14. ^ 3DS版モンスターストライク、出荷数「100万本」を突破!”. 2020年9月18日閲覧。
  15. ^ ガンダムビルドリアル”. 2021年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]