青海亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あおみ りょうた
青海 亮太
生誕 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 ゲームプロデューサー

青海 亮太(あおみ りょうた)は、日本のゲームプロデューサー、ゲームクリエイター。スクウェア・エニックス所属。『ドラゴンクエストシリーズ』のプロデューサーを務める。2020年東京オリンピック公式マスコットキャラクター審査員。[1]

略歴[編集]

玩具メーカーでの玩具やフィギュア、食玩などの企画開発を経て、山名学が立ち上げたジニアス・ソノリティに移籍。ポケモンコロシアム、ポケモンXD、ポケモントローゼなどのポケットモンスターシリーズのタイトル開発に携わる。ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔を開発したことが縁でスクウェア・エニックスに移籍。

ゲーム開発以外にも玩具メーカーでの経験を活かして、ドラゴンクエストグッズや数々のコラボレーションの商品開発にも関わっている。

小学生のときに、「ドラゴンクエストみたいなゲームを作る人になりたい」という将来の夢を書いていたという。[2]

2017年、2020年東京オリンピック公式マスコットキャラクター審査員に選出され、東京五輪マスコット審査を行った。

主な参加作品[編集]

2003年 - 『ポケモンコロシアム』ゲームデザイン
2005年 - 『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』ゲームデザイン
2005年 - 『ポケモントローゼ』ゲームデザイン
2006年 - 『ポケモンバトルレボリューション』ゲームデザイン
2007年 - 『ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔』ゲームデザイン
2007年 - 『DS文学全集』ゲームコンセプト
2009年 - 『ちょっとDS文学全集 世界の文学20』
2010年 - 『大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション』
2010年 - 『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』シリーズ アシスタントプロデューサー
2010年 - 『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』アシスタントプロデューサー
2011年 - 『ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III』プロデューサー
2015年 - 『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』プロデューサー
2016年 - 『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』プロデューサー
2017年 - 『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』プロデューサー

関連記事[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]