グノーシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グノーシア
ジャンル SF人狼系シミュレーションアドベンチャーRPG
対応機種 PlayStation Vita
Nintendo Switch
開発元 プチデポット
発売元 [Vita]メビウス
[Switch]日本の旗プチデポット
[Switch]アメリカ合衆国の旗PLAYISM
メディア ダウンロード
[Switch]カートリッジ
発売日 Vita
2019年6月20日
Switch
日本の旗2020年4月30日
日本の旗[パッケージ板]2020年12月17日[1]
アメリカ合衆国の旗2021年予定
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
ESRBT(13歳以上)
コンテンツ
アイコン
セクシャル、犯罪[2]
テンプレートを表示

グノーシア』(GNOSIA)は、名古屋市を拠点とするゲーム制作サークル・プチデポットにより開発されたゲームソフト。人狼ゲームを1人用ゲームとしてアレンジしている。

2019年6月20日PlayStation Vita用ソフトとして配信開始され[3]2020年4月30日にはグラフィックス・サウンドの強化や機能追加が施されたNintendo Switch版が配信開始された[4]。また、オリジナルサウンドトラックが、2020年10月1日に発売された。

ゲーム内容[編集]

主人公は宇宙船の乗員のひとりとして、乗員に紛れ込んだ人類を消してしまう謎の存在「グノーシア」の汚染者を議論で排除していくのが目的。グノーシアを完全排除すれば人間の勝利、人間とグノーシアの数が同じになるとグノーシアの勝利となるが、勝敗が決すると経験値が入り(勝利したほうが高い)1日目に戻って新たなループとなる。ループごとに乗員の人数や配役が異なるため、主人公がグノーシア側である場合もある。経験値によって能力値を高め、会話におけるスキルを習得していく。やがて、自分だけでなく乗員のセツもループしていることがわかり、物語の謎に迫っていく[5]

発売まで[編集]

2015年初頭よりPlayStation Mobile向けに開発を開始したが、同年3月に同サービスの終了告知に伴いPlayStation Vita向けに変更。4年余りをかけてリリースとなった[6][7]

登場キャラクター[編集]

主人公
名前、性別は自由に設定可能。
セツ
軍の中尉。ループしていることを自覚しており、主人公と共にループの謎を解き明かそうと奮闘する。
ジナ
物静かな女性。
SQ
明るい性格の女性。目元にハートのタトゥーをしているが、グノーシアだった場合はドクロマークに変わる。
ラキオ
皮肉めいた青年。
しげみち
グレイのような姿をした男性。
ステラ
優し気な雰囲気の女性。
夕里子(ゆりこ)
ミステリアスな女性。誰に対しても冷たい態度をとる。
シピ
黒猫を抱える青年。
コメット
全身に極彩色の紋様がある少女。直感が強い。
ククルシカ
話すことができない少女。豊富な表情や身体言語でコミュニケーションが取れる。
ジョナス
主人公たちが乗る宇宙船の船長。詩人めいた話し方をして煙に巻くことが多い。
オトメ
知性化を施されたシロイルカの少女。素直で感情豊かな性格。
沙明(シャーミン)
自分が生き残ることを第一目的にしている青年。セツとの相性は悪く、議論前にセツに殺されてしまうことがある。
レムナン
自分に自信が持てない青年。

脚注[編集]

外部リンク[編集]