ウインクキラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウインクキラーは、数枚のトランプを用いて行うゲームの一種である。

ルール[編集]

参加者の人数は問わないが、ある程度多いことが望ましい。ウインクキラーでの仲間分けは、「主犯者」「共犯者」「一般市民」の3つに分かれる。「主犯者」は一人、「共犯者」は人数により異なるが、6人以下の場合は一人、大人数では2、3人程度が望ましい。ジョーカーが「主犯者」,クイーン(12)が共犯者などにして、トランプを配り、誰が「主犯者」「共犯者」「一般市民」かを知る(本人のみ)。

「主犯者」「共犯者」は、「一般市民」にウィンクをすることで殺すことができる。

「主犯者」「共犯者」は、お互いに「主犯者」「共犯者」を殺すことができない。

「一般市民」は、ウィンクをすることができない。「一般市民」が「主犯者」か「共犯者」にウインクをうけ、殺されてしまった場合、しばらくして(5秒くらいの間をおく。なぜなら、ウインクではなく顔を合わせたことが犯人を見つけるヒントになってしまうからである。)殺されたことを宣言し、トランプをひっくり返す。殺された場合は、1ゲーム終わるまでは参加することができない。「一般市民」は「主犯者」や「共犯者」に殺されないように、目をそらしながら「主犯者」を探す。もし、見つけた場合、もしくは怪しい場合○○さんを「告発」といい手を挙げ、「主犯者」を訴える。しかし、それには保証人が必要である。保証人は、「同意」といい同じく手をあげる。そして、「いっせいのせ」で「主犯者」と思われる人を指さす。同じ人を指差した場合は、指をさされた人がカードを表にし、脱落する。異なる人を指した場合は、「告発」をした人が脱落する。そのため、保証人と一致しそうにない場合は、「却下」といい、告発を取りやめることができる。「告発」された人が「主犯者」の場合は、トランプをひっくり返し、ゲームを終わらせる。もし、「共犯者」「一般市民」の場合は、ゲームから脱落しただけで、ゲームを続行する。「主犯者」は「同意」は行えるが、「告発」は行えない。「共犯者」は「告発」も「同意」も行えない。そのため、「告発」や「同意」は「一般市民」が、自分が犯人ではないことをアピールする戦略として用いられる。

「却下」を採用しないルールも使われる。

「保証人」を必要とせずに「告発」できる「探偵」や「警察」といった役割を採用するルールもある。

ルールはグループによって様々だが、疑心暗鬼を楽しむゲームであることに変わりは無い。また、表情などから心理を読み取ったり殺される人の位置(犯人の正面が殺される場合が多い)などから犯人を推理したり、頭を使うゲームだとも言える。

役職[編集]

主犯者
「殺害」「同意」
共犯者によって「殺害」されない。「告発」され、正しく「同意」されると負け。
共犯者
「殺害」
主犯者によって「殺害」されない。
一般市民
「告発」「同意」

能力[編集]

殺害
ウィンクすることにより対象者をゲームから脱落させる。
告発
主犯者が誰かを当てる。告発には1名の同意が必要。「いっせーの」等の掛け声で、2人同時に告発相手を指差す。一致した場合、告発は成功。相手が主犯者の場合、主犯者はゲームから脱落する。不一致の場合、告発は失敗。告発者はゲームから脱落する。
同意
告発に同意する。

関連項目[編集]