ミニバカラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミニバカラとは、ヨーロッパでは「ミディバカラ」ともよばれる、トランプを使うカジノゲームの一種である。

このゲームはラスベガスで生まれた。バカラをスピーディに、また手軽に遊べるように改良したゲームである. 下限があります[1][2]

バカラとの相違点[編集]

主に6 - 7人掛けの小さなミニバカラテーブルによって行われ、バカラと比較して最低掛け金が低く設定されている。改良したといっても、ルールはあまり変わらず、バカラと同じという場合もある。

バカラでは通常、カードは「プレイヤー」または「バンカー」本人が絞るが(参照:バカラ)、ミニバカラにおいて客はカードに触れることはできず、カードはすべてディーラーがオープンするのみである。賭け方はバカラと同様、「プレイヤー」側が勝つ、「バンカー」側が勝つ、引き分けに賭けられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mini-Baccarat”. Revolvy. 2014年1月7日閲覧。
  2. ^ 日本のカジノ”. 2018年8月13日閲覧。