ページワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ページワントランプで遊ぶゲームのひとつ。

概要[編集]

多人数で対戦する、トランプのゲームの一種。ゲームのルールはトリックテイキングゲームに似るが、台札と同じスートのカードがないときは山札からカードを引かなければならないため、各人の手札の数が一致しなくなる。また、ゲームの目的はトリックに勝つことではなく、自分の手札を早く無くすことにある。

混同されがちだが「アメリカンページワン」とは異なるゲームである。アメリカンページワンと区別するために「ヨーロピアンページワン」と呼ぶこともあるが、ヨーロッパのゲームではない。同じようなルールのゲームに「芋掘り」と呼ばれるゲームもあり、下記であわせて説明する。

基本ルール[編集]

  1. 2~8人程度のプレイヤーとジョーカーを含む53枚のトランプを用意する。ジョーカーを含まない52枚でプレイする場合もある。
  2. プレイヤー全員に、同数枚(主に4枚)のカードを配る。残りのカードは山札として場に伏せる。
  3. ジャンケン等で最初の「親」やカードを出す順番を決めておく。
    1. 「親」は手札から好きなカードを1枚選び、表にして場に出す。このカードを台札とする。
    2. 他のプレイヤーは順に、台札と同じスートのカードを手札から1枚選び、表にして場に出していく。
    3. 手札に台札と同じスートのカードがない場合、台札と同じスートのカードが出てくるまで山札を引き、手札に加えていく。同じスートのカードが引けたら表にして場に出す(台札と同じスートのカードが引けた後も、強いカードが出るまで引き続けてはならない)。
    4. 全員がカードを出し終えたら、場に出たカードの強さを比べ、一番強いカードを出したプレイヤーが次の「親」となる。
    5. カードの強さは、ジョーカー>A>K>Q>J>10>...>2となる。ジョーカーはどのスートにも使用できる。親が台札としてジョーカーを出した場合、次のプレーヤーは好きなスートを出すことができる。
    6. 上記の流れを繰り返し、手札を誰よりも早く無くすことを競う。
    7. 山札がなくなった場合、この山札を取ろうとしたプレイヤーは場に出された全てのカードを手札に加える。そして、このプレイヤーが「親」となり、次のターンを始める。
    8. 残り2枚目のカードを出すときは「ページワン」、最後のカードを出すときは「ストップ」と宣言しなければならない。宣言を忘れた場合は、ペナルティとして山札から5枚カードを引き手札に加えなければならない。
    9. 最後に出すカードでジョーカーを使用することはできない(手札にジョーカー1枚しかない場合は山札から1枚引き「ページワン」を宣言しながら出す)。
    10. 誰かの手札がなくなると、この回のゲームは終了となる。勝利したプレイヤーには、残ったプレイヤーの手札から計算された点数が与えられる。

バリエーション[編集]

芋掘り[編集]

「芋掘り」という名称の由来は、台札と同じスートのカードが出てくるまで山札を引き続ける姿の形容からきている。明治初年の書物に「だしあがり」という名前で記されているゲームとほぼ同じである[1]

  • 「ページワン」「ストップ」の宣言はしなくてよい。
  • 1ゲームは誰かが最初に上がった時点では打ちきられず、最下位が決まるまで続行される。
  • 山札がなくなった場合、場にあるカードをシャッフルし伏せて、山札の補充分とする。

オンリーワン[編集]

「ページワン」のルールを基本に上記の「芋掘り」に近いルールで、「オンリーワン」と呼ばれる。

  • 残り2枚目のカードを出すときは「オンリーワン」と宣言する。宣言を忘れた場合、手札を5枚追加する。
  • 「ストップ」の宣言はしなくて良い。
  • その他、山札がなくなった場合やゲームの終了方法は、「芋掘り」と同じである。

掛け声のバリエーション[編集]

「ページワン」はおそらく和製英語である。英語圏でも最後の1枚になったことを宣言しなければならないゲームはあるが(「クレイジーエイト」など)、そのときは「Last card」などというのが普通である。

東日本(とくに宮城福島など東北地方)では、最後のカードを出す時に「ノームサイ(ノーサイ・ノールサイ)」と宣言する。ラグビーの「ノーサイド」が語源であるという説がある。東京など一部地域でも「ノームサイ」を使うという説もある。

脚注[編集]

  1. ^ 桜城酔士(1885)『西洋遊戯骨牌使用法(かるたのとりかた)』団々社. p.109 に「消了(だしあがり)」が見える