ノーサイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノーサイド英語: no side)は、ラグビー(特にラグビーユニオン)において、試合終了のことを指す古い英語表現[1][2]で、日本においては現在でも使用されている(現在の英語圏では no side という表現は一般的ではなく、代わりに full time が用いられている[1][2])。ラグビーではかつて審判が試合終了を宣言するために「no side」と叫んでいた[3]。ノーサイドという表現は現在でも日本において使用され、「試合が終了すれば、所属するチーム(サイド)に関係なく同じ仲間である」という意味合いが込められている[2][3]

この用語に由来して、様々な名称に用いられている。

出典[編集]

  1. ^ a b Rugby Union | Rugby Glossary | ESPN Scrum” (English). ESPN. 2016年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c “ラグビーで多発?スポーツ界の「和製英語」問題”. 日刊スポーツ. (2019年7月24日). https://toyokeizai.net/articles/-/292684?display=b 2020年1月20日閲覧。 
  3. ^ a b From the Touchline - Wednesday, 16 October” (英語). www.worldrugby.org. Rugby World Cup Limited (2019年10月16日). 2019年10月23日閲覧。