ノーサイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノーサイド英語: no side)は、ラグビー(特にラグビーユニオン)において、試合終了のことを指す古い英語表現[1][2]で、日本においては現在でも使用されている(現在の英語圏では no side という表現は一般的ではなく、代わりに full time が用いられている[1][2])。ワールドラグビーは「ラグビーではかつて審判が試合終了を宣言するために「no side」と叫んでいたが[3]、ノーサイドという表現は日本で生き残り、試合終了のホイッスルが鳴れば全員がお互いの違いをわきに置くという意味になった[3]」、またスポーツマーケティングに関わる海老塚修は「No sideの由来は『試合が終了したら、どちらのチーム(サイド)という区別なく、同じ仲間である』という精神に基づいていると聞いたことがある」と述べた[2]

この用語に由来して、様々な名称に用いられている。

出典[編集]

  1. ^ a b Rugby Union | Rugby Glossary | ESPN Scrum” (English). ESPN. 2016年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c “ラグビーで多発?スポーツ界の「和製英語」問題”. 日刊スポーツ. (2019年7月24日). https://toyokeizai.net/articles/-/292684?display=b 2020年1月20日閲覧。 
  3. ^ a b From the Touchline - Wednesday, 16 October” (英語). www.worldrugby.org. Rugby World Cup Limited (2019年10月16日). 2019年10月23日閲覧。