ノーサイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノーサイド英語: no side)は、ラグビー(特にラグビーユニオン)において、試合終了のことを指す古風な表現[1]で、現在でも日本において使用されている(現在では full time が使われている[1])。ラグビーではかつて審判が試合終了を宣言するために「no side」と叫んでいた[2]。ノーサイドという言葉は現在でも日本で生き残り、試合終了のホイッスルが鳴ったら、全員お互いの違いを忘れるべきと言う意味になった[2]

この用語に由来して、様々な名称に用いられている。

出典[編集]

  1. ^ a b Rugby Union | Rugby Glossary | ESPN Scrum” (English). ESPN. 2016年1月1日閲覧。
  2. ^ a b From the Touchline - Wednesday, 16 October” (英語). www.worldrugby.org. Rugby World Cup Limited (2019年10月16日). 2019年10月23日閲覧。