ジャック叩き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャック叩きは、トランプを使ったカードゲームの1つである。スラップジャックと言われることがある。

基本ルール[編集]

使用するカードはジョーカーを除く52枚。 まず任意の方法で親を決め、親がカードを配る。ただし、各プレイヤーは自分の手札を見てはいけない。手札で山を作り、自分の前に積んでおく。 親の左隣の人から始める。自分の前に積んでおいた山から一番上のカードをめくって中央におく。ただし、そのカードがJだった場合はJを平手で叩く。Jを一番速く叩いた人は表向きになったカードを全て手に入れる。ただし、Jでないカードを叩いた人は他のプレイヤーにカードを各1枚渡さなければならない。こうして、全てのカードを手に入れた人が勝ち。

ローカルルール[編集]

JはJでも特定のJ(Jなど)をプレイ前に決めておき、そのJを叩いた人は任意の罰ゲームを決めておく、といったバリエーションがある。