ジジ抜き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジジ抜き (ジジぬき・爺抜き) は、複数人で遊ぶトランプゲームである。ババ抜きのバリエーションルールのひとつ。

遊び方[編集]

  • トランプ52枚(あるいはジョーカー2枚を加えて54枚)の中から任意の1枚を裏向きにしたまま取り出し、そのカードを最後まで確認しないでゲームを行う。基本的なゲーム進行はババ抜きに準ずる(初期のルールではキング(→ジジ)を一枚抜いていた)。
  • 取り出されたカードと同位のカードは3枚しかないため、1組(2枚)が捨てられると、残りの1枚は捨てられなくなる。この余った1枚が「ジジ」となるので、ゲームが終盤まで進んで、ある程度手札の枚数が少なくならないと、どのカードが「ジジ」かは分からない
  • なお、最後まで「ジジ」を持っていた人が負けとなる。
  • ジョーカーを使わない、または特別な効力を持たない(使う場合は他のカードと同様の扱い)ババ抜きのルールという点で、ババ抜きの古い形である Old Maid (クイーンを1枚抜く)に回帰したルールである。

関連項目[編集]