セブンカード・スタッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セブンカード・スタッド: 7-card stud)とは、スタッド・ポーカー(手札の一部を公開して行うポーカー)の一種。

ルール概要[編集]

  • 以下の各々のラウンドでベットが行われ、フォールドしたプレイヤーにはカードは配られない。
  1. ディーラーは各プレイヤーに、裏向きで2枚表向きで1枚ずつカードを配る。サード・ストリート[1]という。
  2. 表向きで1枚配る。フォース・ストリート[2]という。
  3. 表向きで1枚配る。フィフス・ストリート[3]という。
  4. 表向きで1枚配る。シックス・ストリート[4]、またはターン[5]という。
  5. 裏向きで1枚配る。セブンス・ストリート[6]、またはリバー[7]という。
  6. 残った人が手札の役を公開する(ショーダウン)。

フォールドしなかったプレイヤーに配られた7枚のカードから5枚を選び、ポーカーの役を作る。この役の強弱で勝者が決定する。

詳細ルール[編集]

  • 最初に参加料としてアンティを払う。
  • 賭け始める順番は、最初のベットラウンドでは、公開されている札の役が一番弱いプレイヤーから時計回りにはじめる。このときに、同じカードのランクのときは、スートを比較する。スートで強弱は、弱い順から、クラブ、ダイヤ、ハート、スペードである。一番弱いカードを公開しているプレイヤーが、初期ベット「ブリング・イン」か「コンプリート」を選択する。
  • 2回目以降のベットラウンドでは、逆に、公開されている札の役が一番強い人からはじめる。強さが同じになった場合は、時計回りに、ディーラーの近いプレイヤーから始める。
  • 途中でカードの枚数が足りなくなる場合は、各プレイヤーに1枚ずつ配らずに、全員に共通のカードとして中央に1枚オープンしそれを使う。

その他[編集]

テキサス・ホールデムが広まる1970年代までは世界中で最もよく行われるポーカーの一つだった。現在でもアメリカ合衆国において、ホームゲームやアメリカ東部のカジノではよく遊ばれている。

セブンカード・スタッドでも、ハイローポーカーがプレイされるため、ローポーカーを含まないものはセブンカード・スタッド・ハイ[8]、ハイローポーカーの場合はセブンカード・スタッド・ハイロー[9]と示される。

ローポーカー(A-5)のみのセブンカード・スタッドをラズ[10]と呼ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ : third street
  2. ^ : fourth street
  3. ^ : fifth street
  4. ^ : sixth street
  5. ^ : turn
  6. ^ : seventh street
  7. ^ : river
  8. ^ : 7-card stud hi
  9. ^ : 7-card stud hi-lo
  10. ^ : razz

関連項目[編集]