ウインク殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウインク殺人事件(ウインクさつじんじけん)は、集団で行うゲームの一種。

手順[編集]

遊び方の例を以下に示す。

  1. 5~10人ほどの人数で行う。(それより多くても可)[要出典]
  2. くじ引きなどでキラー(鬼ごっこでいう鬼)を決める。この際、周りの人に分からぬよう、自分のみ自覚する[要出典]
  3. キラーは参加者にウインクをする。ウインクをされたと思った人は、牢屋に移動する[要出典]
  4. 残っているキラー以外のメンバーはキラーを当てる[要出典]
  5. 誰かがキラーが誰かを当てるか、あるいは規定の人数よりも残り人数が減るとゲーム終了[要出典]

キラー中にメンバーが犯人を当てた際に違う場合、言った人物と間違われた人物が離脱しなくてはならない。キラーが他の人物を犯人として離脱するのはゲームが決まらず終了するため禁止。ただし、怪しむことは可能。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]