OMENS OF LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OMENS OF LOVE
THE SQUAREシングル
初出アルバム『R・E・S・O・R・T
B面 STIMULATOR〜FEEL ALRIGHT
リリース
規格 12インチ・シングル
ジャンル フュージョン
レーベル CBSソニーレコード
作詞・作曲 和泉宏隆(作曲)
THE SQUARE シングル 年表
PRIME
1985年
OMENS OF LOVE
(1985年)
DROP GOAL
1986年
テンプレートを表示

OMENS OF LOVE」(オーメンズ・オブ・ラヴ)は、THE SQUARE(現・T-SQUARE)1985年6月21日にリリースした12インチシングル。同年4月1日にリリースされたアルバムR・E・S・O・R・T』からシングルカットされた。

概要[編集]

スクェアの当時のキーボーディスト・和泉宏隆が作曲し、先行してリリースされた10thアルバム『R・E・S・O・R・T』の1曲目に収録されている曲である。このアルバムからはスクェアのリーダーでギタリストの安藤まさひろが作曲した「PRIME」が「OMENS OF LOVE」同様12インチシングルとしてシングルカットされており、「OMENS OF LOVE」は『R・E・S・O・R・T』からの2枚目のシングルカットである。なお、1枚目のシングルカットである「PRIME」はアルバム『R・E・S・O・R・T』と同時発売であった。

シングルに収録されているものは『R・E・S・O・R・T』に収録されているものと同ヴァージョンである。なおB面「STIMULATOR〜FEEL ALRIGHT」は『R・E・S・O・R・T』に収録されている「STIMULATOR」(田中豊雪作曲)と「FEEL ALRIGHT」(安藤まさひろ作曲)をつなげた楽曲であるが、1つにつなげられているという点を除けば『R・E・S・O・R・T』収録ヴァージョンと変わらない。

吹奏楽編成やエレクトーン向けに編曲されて定番曲となっており(吹奏楽アレンジについては後述)、オリジナルアレンジには公式なタイアップこそつかなかった(1992年に発表された企画アルバム『CLASSICS』に収録されたオーケストラアレンジはテレビドラマ『放課後』の主題歌に採用された)ものの、TVやラジオ番組のオープニングソングやBGMとしても頻繁に使われた。江戸川競艇場周回展示航空自衛隊アクロバットチームブルーインパルス」の演技の曲にも使われている。

スクェアのライブでもよく演奏され、「TRUTH」が発表されるまではスクェアの代表曲の一つとして広く知られた。以後もライブなどで演奏される機会は多く、ライブDVDにも幾度か収録されている。

ウィンク・キラー[編集]

本作は元々歌詞のないインストゥルメンタルであるが、作詞家松本隆が歌詞を書いて「ウィンク・キラー」というタイトルで発表し、小泉今日子野村宏伸がこれを歌っている(小泉バージョンは女言葉で、野村バージョンは男言葉で歌詞が書かれている)。

小泉が歌う「ウィンク・キラー」は小泉のアルバム『Flapper』に収録されている。また小泉のライブでは、ブラスロック・バンドTOPSがバックバンドとして参加している。

吹奏楽アレンジ[編集]

当該シングルの収録曲の一つである「OMENS OF LOVE」は、スクェアのオリジナルと共に、『オーメンズ・オブ・ラヴ』として、真島俊夫編曲による吹奏楽アレンジが広く知られている。初出の音源は『New Sounds In Brass '86』(1986年)に収録されている(演奏は東京佼成ウインドオーケストラ)。また、伊東たけしがゲストで参加した『New Sounds In Brass』シリーズ25周年企画の『New Sounds Special』(1997年)に、新録音版が収録されている。その他、同シリーズの各種ベスト盤などにも収録されている。

本アレンジは、同じくTHE SQUAREの楽曲の吹奏楽アレンジである「宝島」(オリジナルは『S・P・O・R・T・S』収録)と並んで、真島俊夫のアレンジャーとしての評価を確立させた楽曲となり、岩井直溥は「『オーメンズ・オブ・ラヴ』で、いわゆるシンフォニック・ポップスともいうべき彼ならではのアレンジを完成させ、『宝島』で大爆発する」「この2曲は、いまでも日本中で演奏されているロング・ヒット・スコアで、聞いたところによると、真島くんのオリジナル曲だと錯覚している若い人たちもいるらしい」ママ[1]と評している。

収録曲[編集]

  1. OMENS OF LOVE - 和泉宏隆作曲
  2. STIMULATOR〜FEEL ALRIGHT - 田中豊雪・安藤まさひろ作曲

収録アルバム[編集]

楽曲の「OMENS OF LOVE」が収録されているアルバム。THE SQUARE→T-SQUARE、および和泉宏隆の参加作品のみ記す。

  • THE SQUARE『R・E・S・O・R・T』(1985年4月1日発売)
  • THE SQUARE『THE SQUARE LIVE』(1985年8月2日発売)
    • ライヴアルバムであるが、当時はLD、ビデオでも発売された。現在はDVD化された『VISUAL ANTHOLOGY Vol.I』(2005年12月21日発売)に収録され、見ることができる。
  • T-SQUARE『F-1 GRAND PRIX』(1989年10月8日発売)
    • ベストアルバム。
  • T-SQUARE & ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA『CLASSICS』(1992年11月1日発売)
  • THE SQUARE/T-SQUARE『Wordless Anthology II -Masahiro Andoh Selection & Remix+1-』(1999年2月20日発売)
    • 2006年に『Wordless Anthology IV』と『Wordless Anthology V』が発売されたことを契機にDSDマスタリングされて、『Wordless Anthology』シリーズの『I』と『III』とともに再発売されたベストアルバム。シングルヴァージョンより短いものが収録されている。
  • THE SQUARE『MOMENT』(2001年1月24日発売)
    • 2枚組のライヴアルバム。「ADVENTURES」とのメドレーで演奏されている。
  • THE SQUARE SINGLE COLLECTION』(2001年8月22日発売)
    • スクェアのシングル曲を集めたベストアルバム。
  • 『Fusion Paradise -SKYBLUE SELECTION-』(2002年6月26日発売)
  • 和泉宏隆『22to26midnight』(2002年10月23日発売)
    • 和泉によるピアノソロヴァージョン。
    • 2005年に発売された『The Very Best Of Hirotaka Izumi』(韓国版ベスト)にも収録されている。
    • 後に、『22to26midnight』は『moon light』(2009年12月2日発売)として再発売された。
  • T-SQUARE and FRIENDS『T comes back』(2003年9月18日発売)
    • アレンジも変わり、タイトルも『Omens of Love '03』に変更。
  • 『CASIOPEA vs THE SQUARE LIVE』(2004年9月23日発売)
    • 初出は、2004年6月発売のTHE SQUAREのDVD『帰還完了報告』 (Disc3) であり、同じ公演が収録されている。
    • 2004年3月発売の同タイトルのDVDにも収録されている。ただし、別の日の公演を収録している。
  • 和泉宏隆 トリオ『A Square Song Book』(2008年4月23日発売)
    • サンバ調のアレンジが施されている。
  • T-SQUARE『宝曲 〜T-SQUARE plays THE SQUARE〜』(2010年10月27日発売)
    • アルバム収録曲はすべてTHE SQUARE時代の楽曲であり、現行メンバーによって、新録音されたセルフカバー・アルバム。
    • アレンジは、原曲通りであるが、変更された部分を挙げると安藤のギターソロ部分などリニューアルした部分などもみられる。本作にはかつてのメンバーである須藤満がサポートベーシストとして参加している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 岩井直溥 自伝 第20回 NSBの定着まで - 吹奏楽マガジン Band Power 2008年12月15日

関連項目[編集]

  • ニュー・サウンズ・イン・ブラス(New Sounds in Brass) - フュージョンをはじめとする様々なジャンルの音楽を吹奏楽編成向けに編曲した楽譜およびCDのシリーズ。スクェアの楽曲では、上述の「オーメンズ・オブ・ラヴ」の他、「宝島」などが同シリーズにおけるフュージョン曲の吹奏楽アレンジの主要なレパートリーの一つとして広く知られる。

外部リンク[編集]

上の2つのサイトで「OMENS OF LOVE」をサビの前の部分を30秒間試聴できる。