ドイツ年間ゲーム大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドイツ年間ゲーム大賞(ドイツねんかんゲームたいしょう、Spiel des Jahres)は、ドイツで選定されるボードゲームの最も権威ある賞である。名称の日本語訳は一定しておらず、ゲームオブザイヤーと言われる場合もある。一般のゲームファンによる投票で決定するドイツゲーム賞(Deutscher Spielepreis)との混同に注意のこと。

1979年より始まった。ゲーム評論家など、専門家が集まった選考委員会によって選定される。毎年5月頃にノミネート作品が発表され、6~7月に大賞が決定する。選定の経緯・理由は公表されない。前年までの受賞作や候補作との間で、作者やメーカーのバランスを考慮したり、マニアックなものは避けるなど、委員会としての意志が感じられる選考結果となっている。大賞の他に、子供ゲーム賞(2001年より)、エキスパート賞(2011年より。より経験の深いプレイヤー向けのゲーム)などがある。

受賞・ノミネートした作品は、賞のロゴをゲームパッケージに表示することができる。ロゴを表示するにはライセンス料を支払う必要があるが、これによりゲームの売り上げが上がることを期待できる。また、賞の運営委員会は基本的にロゴのライセンス料だけで運営をまかなっており、中立な立場を守っている。

受賞作一覧(大賞)[編集]

受賞作一覧(エキスパート賞)[編集]

  • 2020年 ザ・クルー 第9惑星の探索 (The Crew)
  • 2019年 ウイングスパン (Wingspan)
  • 2018年 クアックサルバー (Quacksalber)
  • 2017年 脱出:ザ・ゲーム (Exit: Das Spiel)
  • 2016年 アイル・オブ・スカイ:族長から王へ (Isle of Skye)
  • 2015年 ブルームサービス (Broom Service)
  • 2014年 イスタンブール (Istanbul)
  • 2013年 アンドールの伝説 (Legends of Andor)
  • 2012年 村の人生 (Village)
  • 2011年 世界の七不思議 (7 Wonders)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]