ラミーキューブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラミーキューブ
Rummikub Tiles.jpg
デザイナー エフライム・ヘルツァノ
発売日 1930年代
ジャンル ボードゲーム
プレイ人数 2 - 4人
運要素 あり

ラミーキューブ(Rummikub)は、数字の書かれたタイルを用いるイスラエルテーブルゲーム。名前の通りトランプのラミーとルール上の共通点が多いが、場に出された牌の組み合わせを自由に変更できる点が特徴。

歴史[編集]

ラミーキューブは、ルーマニア生まれのユダヤ人のエフライム・ヘルツァノによって1930年代はじめに発明された[1]。ヘルツァノは後にイスラエルに移住した。最初のラミーキューブは家族と共同で自宅の裏庭で作成した[1]。ヘルツァノは最初のラミーキューブを戸別販売したり、小さな店に委託販売した。後には他の国にライセンスするようになり、イスラエル最大の輸出ゲームになった[1]。1977年にアメリカ合衆国でもっとも売れたゲームであった[2]

1978年に出版されたヘルツァノの公式ラミーキューブ本によると、ラミーキューブには3種類があると説明されている(アメリカ・サブラ・国際)。現代のラミーキューブはサブラ版ルールの一変種のみを含み、他のルールには言及されていない。また、出版社によってルールに違いがある。

ラミーキューブに似たゲームに、中央ヨーロッパ発祥のバチカンというゲームがある。2セットのトランプジョーカーは全部で2枚)を使う[3]

トルコのボードゲーム「オケイ」もラミーキューブと同じタイルを使ってプレイするが、ルールは異なり、詳しい関係も不明。

柔軟な思考と緻密な戦略を要するそのゲーム性は評価が高く、1980年にはドイツ年間ゲーム大賞を受賞している。

3年に1回、世界大会が開催されている。第1回と第5回大会で日本人の桑原正人が優勝。氏は1991年の第1回大会の開催地イスラエルを舞台にしたゴルゴ13の「ジョーカーを砕く」において、ストーリーには関わらないが実名で登場している。

構成[編集]

全106枚のタイル

ラミーキューブのタイルには青・赤・黄・黒の4つの色(スート)があり、1つのスートは1から13までの数字が書かれたタイルが2枚ずつで構成されている。それに加えて顔のマークがついたジョーカーが2枚(赤と黒、効果はいずれも同じ)あるので、合計は106枚となる。

タイルの代わりにトランプ2組を使っても同様に遊ぶことができる。

ルール[編集]

タイルとスタンド

準備[編集]

プレイヤーの数は2人から4人まで。各プレイヤーはランダムに14枚のタイルを取って初期の手牌とする。残りのタイルは7枚ずつ[4]裏向きに積んで山としてテーブルに並べておく。

進行[編集]

各プレーヤーは、自分の番に「手札からタイルを組み合わせて場に出す」か「山からタイルを1枚引く」かどちらかを行う。タイルは「ラン」か「グループ」のどちらかの組み合わせでなければ場に出すことはできない。

  • ラン:同じ色で数字の連続した3枚以上のタイル(例:赤の5・6・7)
  • グループ:異なる色で同一の数字のタイル3枚または4枚(例:青と緑と黒の10)

ただし、最初にタイルを出す際には、手牌から出すタイルの数字の合計が30以上でなければ場に出せない[5]

一度組み合わせを場に出したあとは、手持ちのタイルだけで組み合わせるのではなく、場に出ているタイルを崩して自由に組み合わせてもよい[6](これをアレンジと呼ぶ)この場合手牌から出すタイルは何枚でもよい。ただし手番終了時に場に出ている全ての組がランかグループとして3枚以上で成立している必要がある

終了[編集]

誰かが全ての手札を出し切るとゲーム終了。その他のプレーヤーは手牌に残っているタイルの数字の合計分だけ失点し、勝利したプレイヤーは他のプレイヤーの失点の合計分得点を得る。

ジョーカー[編集]

ジョーカーは任意の数字の代わりとして使うことができる。例えば「赤の9・ジョーカー・11」を出した場合、ジョーカーは10として扱うため、数字の合計は30となり、最初に場に出すことが可能となる。ただし最後まで手牌に持っていた場合はマイナス50点として扱う。

その他、ジョーカーの含まれたランやグループはアレンジすることが出来ない(追加は可能)が、ゲーム終了時のマイナスが30点になると言ったバリアントも存在する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Remember Rummikub
  2. ^ Rules of the Games: Rummikub, pagat.com, http://www.pagat.com/rummy/rummikub.html 
  3. ^ McLeod, John, Manipulation Rummy, Machiavelli, Carousel, Vatikan, Shanghai, pagat.com, http://www.pagat.com/rummy/carousel.html 2015年10月9日閲覧。 
  4. ^ 1つだけ8枚の山となる。
  5. ^ 最初に合計30以上のタイルを出さない限り、30以下のタイルを出したり、場のタイルをアレンジして付け加えたりすることはできない。
  6. ^ 組み替えるタイルは自分が出したものでも、他人が出したものでも良い。

外部リンク[編集]