オケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オケイの牌と台

オケイ(Okey)はトルコテーブルゲーム麻雀と同じく4人制かつラミー系のゲームであり、独自の用具を使用する。トルコでは盛んに行われている。ラミーやラミーキューブとの類縁関係ははっきりしない。オケイとラミーキューブで使用する用具はほぼ同一であり、互換性がある。「オーケイ」とも表記される。

用具[編集]

木製またはプラスティック製の「牌」(トルコ語で言うと「taş/タシュ/」)を106枚使用する。牌は4つのスーツ(赤、黄、青、黒)に分かれ、各スートは1から13のランクを持つ。同じ牌が2枚ずつある。

加えて、どのスーツにも属さない特殊な牌が2枚ある。目印として四葉のクローバーもしくは満月が描かれている。この2枚は「sahte okey」、すなわち「偽のジョーカー」と呼ばれる。

牌の背は見分けが付かないようになっている。6面のサイコロを1個使用する。牌は麻雀牌ドミノと比べると薄く、自立させられないので木製の台に2列に並べられる(右図を見よ)。各プレイヤーの手牌は本人にしか見えない。

ゲームの概要[編集]

オケイは基本的に4人でプレイされるが、2人や3人で行うことも可能である。

ゲーム中、プレイヤーは14枚の手牌を保持する。卓を囲んだプレイヤーたちが反時計回りの順番で所定の位置から牌を1枚引き、代わりに手牌から不要牌を1枚捨てていく。それにより手牌をメルド麻雀でいう面子)で揃えたプレイヤーはあがることができる。アガリによって点数のやり取りが行なわれる。ゲーム終了時になるべく多くの点数を持つことがゲームの目的となる。1回のアガリでやり取りされる点数は、場の状況および役が成立しているか否かで決まる。

麻雀では13枚の手牌を保持し、そこに14枚目の牌を加えて[1]アガリ形を完成させる。それに対し、オケイでは14枚の手牌に15枚目を引き入れ、余り牌を1枚捨てることによってアガリ形を成立させる。そのためオケイには麻雀で言う「ロンあがり」に相当するものが存在しない。

オケイにおけるメルドは2種類ある。1つは「違うスートで同じランクの牌の組み合わせ」。3枚ないし4枚で構成される。第2が麻雀でいう順子に相当する「同じスートで1ずつランクが異なる牌の組み合わせ」である。12-13-1のような組み合わせは良いが13-1-2のような組み合わせは許容されない。

具体的なルール[編集]

具体的なルールについては下の#外部リンクを参照されたい。

注釈[編集]

  1. ^ 自分で14枚目を引いてあがる「ツモあがり」と他プレイヤーの捨て牌を14枚目としてあがる「ロンあがり」の2種類のアガリがある。詳しくは麻雀のルールを参照。

外部リンク[編集]