ライナー・クニツィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


ライナー・クニツィア
エッセンSPIEL 2008でのライナー・クニツィア
生誕 (1957-11-16) 1957年11月16日(60歳)
ドイツの旗 ドイツバイエルン州イッラーティッセン
職業 ゲームデザイナー
著名な実績 ラー』、『チグリス・ユーフラテス』、『ケルト』など多数
公式サイト http://www.knizia.de/

ライナー・クニツィアドイツ語: Reiner Knizia 1957年11月16日-)はドイツボードゲームデザイナーである。ドイツバイエルン州イッラーティッセン出身。クニツィーア表記の場合もある。

少年期と教育[編集]

初めてゲームを作ったのは8歳の時である。シラキュース大学(アメリカ)で修士課程修了。ウルム大学(ドイツ)で数学博士号を取得[1]

経歴[編集]

クニツィアは1997年に働いていた銀行を退職し、本格的にボードゲームデザイナーとして活動を始めた。1993年からイングランドに住んでいる。

これまでに600以上のゲームを製作しており[1]、4度のドイツゲーム大賞ドイツ年間ゲーム大賞、その他多数の国際賞を受賞している。ドイツ年間ゲーム大賞にはノミネートされるものの長らく大賞を逃していたが、2008年に『ケルト』で初の栄冠を手にした。クニツィアの作品で最も売れたゲームはJ.R.R.トールキンの小説を原作とする『指輪物語』であり、17の言語版と100万部以上の売り上げがある。ダイスゲーム『Pickomino』はおよそ100万部、『ケルト』は60万部以上の売り上げがある。『インジーニアス』は20以上の言語版が発売されている。

競りを用いたゲームで高い評価を得ている[2]安田均はドイツゲームに競りゲームが多くみられるのはクニツィアの影響だろうとし、特に『ラー』を競りゲームの集大成であると評価している[3]

製作したゲーム[編集]

代表作[編集]

  • 『モダンアート』 - Modern Art (1993年)
  • 『チグリス・ユーフラテス』 - Euphrat & Tigris (1998年)
  • 『砂漠を越えて』 - Durch die Wüste (1998年)
  • ラー』 - Ra (1999年)
  • サムライ』 - Samurai (1999年)
  • 『ロストシティ』 - Lost Cities (1999年)
  • 『タージマハル』 - Tadsch Mahal (2000年)
  • 『指輪物語ボードゲーム』 - Der Herr der Ringe (2001年)
  • 『アメン・ラー』 - Amun-Re (2003年)
  • 『ケルト』 - Keltis (2008年)

受賞作[編集]

ドイツ年間ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)[編集]

  • 1992年 『クオバディス』 - Quo vadis: ノミネート
  • 1993年 『ツタンカーメン』 - Tutanchamun: ノミネート
  • 1993年 『モダンアート』 - Modern Art: ノミネート
  • 1995年 『メディチ』 - Medici: ノミネート
  • 1998年 『砂漠を越えて』 - Durch die Wüste: ノミネート
  • 1998年 『マネー』 - Money: ノミネート
  • 1998年 『チグリス・ユーフラテス』 - Euphrat & Tigris: ノミネート
  • 2000年 『タージマハル』 - Tadsch Mahal: ノミネート
  • 2001年 『指輪物語ボードゲーム』 - Der Herr der Ringe: 文学特別賞
  • 2001年 『ロイヤルターフ』 - Royal Turf: ノミネート
  • 2002年 『指輪物語―旅の仲間』 - Der Herr der Ringe: Die Gefährten – Das Kartenspiel: ノミネート
  • 2003年 『アメン・ラー』 - Amun-Re: ノミネート
  • 2004年 『インジーニアス(頭脳絶好調)』 - Einfach Genial: ノミネート
  • 2004年 『カルカソンヌ:ディ・ブルグ』 - Carcassonne – Die Burg: 推薦リスト
  • 2006年 『ブルームーンシティ』 - Blue Moon City: ノミネート
  • 2008年 『ケルト』 - Keltis: 大賞受賞
  • 2008年 『ペンギンパーティー』 - Pingu-Party: 推薦リスト

ドイツ年間キッズゲーム大賞 (Kinderspiel des Jahres)[編集]

  • 2004年 『ドラゴンの宝』 - Schatz der Drachen: ノミネート
  • 2005年 『マゴ・マギーノ』 - Mago Magino: ノミネート
  • 2005年 『カメのかけっこ』 - Schildkrötenrennen: ノミネート
  • 2005年 『しみつきモンスター』 - Fleckenmonster: 推薦リスト
  • 2007年 『小さなアナグマの話』 - Der kleine Sprechdachs: 推薦リスト
  • 2008年 『誰だったでしょう?』 - Wer war's: 大賞受賞
  • 2008年 『カントリーライフ』 - Alles Tomate: 推薦リスト
  • 2015年 『ムムム!』 - Mmm!: ノミネート

ドイツゲーム大賞 (Deutscher Spiele Preis)[編集]

  • 1990年 『ゴールドラッシュ』 - Goldrausch: 5位
  • 1992年 『クオバディス』 - Quo Vadis: 3位
  • 1993年 『モダンアート』 - Modern Art: 1位
  • 1993年 『ツタンカーメン』 - Tutanchamun: 2位
  • 1995年 『市場のお店』 - Auf Heller und Pfennig: 7位
  • 1995年 『メディチ』 - Medici: 5位
  • 1995年 『ハイソサエティー』 - High Society: 10位
  • 1998年 『チグリス・ユーフラテス』 - Euphrat & Tigris: 1位
  • 1998年 『砂漠を越えて』 - Durch die Wüste: 4位
  • 1999年 『ラー』 - Ra: 2位
  • 1999年 『サムライ』 - Samurai: 4位
  • 2000年 『タージマハル』 - Tadsch Mahal: 1位
  • 2003年 『アメン・ラー』 - Amun-Re: 1位
  • 2004年 『インジーニアス(頭脳絶好調)』 - Einfach Genial: 5位
  • 2006年 『ブルームーンシティ』 - Blue Moon City: 4位
  • 2008年 『ケルト』 - Keltis: 8位

オーストリアゲーム賞 (Spiel der Spiele)大賞受賞作[編集]

  • 2003年 『アーサー王』 - King Arthur
  • 2004年 『インジーニアス(頭脳絶好調)』 - Einfach Genial
  • 2006年 『冒険者の谷』 - Tal der Abenteuer
  • 2009年 『ラムセス王のピラミッド』 - Ramses Pyramid
  • 2015年 『ムムム!』 - Mmm!

出典[編集]

  1. ^ a b Reiner Knizia”. ライナー・クニツィア. 2016年11月3日閲覧。
  2. ^ Erik Arneson. “Top Best Auction Games”. 2016年11月3日閲覧。
  3. ^ 安田均 『ゲームを斬る』 (株)新紀元社2006年5月11日、82-84頁。ISBN 4-7753-0456-9