アレックス・ランドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレックス・ランドルフ(右)と、ドイツのAI研究者クリストフ・エンドレス。

アレックス・ランドルフ (Alex Randolph, 1922年5月4日2004年4月28日)はアメリカアリゾナ州出身[1][2][3]のボードゲームデザイナー、ライター。 本名はアレクサンダー・ランドルフ (Alexander Randolph)。ゲームデザイナー連盟(SAZ, Spiele-Autoren-Zunft e.V.)の共同創設者であり、名誉会長である[4]

クラウス・トイバーは「作品に初めて自身の名前を冠し、ゲーム出版社にゲーム作家をビジネスパートナーとして認めさせ相応の待遇を勝ち取り、後進のゲーム作家のために道を切り開いた人物」と、レオ・コロヴィーニは「ゲーム作家という概念自体を発明した」と評している[5]

経歴[編集]

1922年 - コロラド川に接する牧場で生まれた[3]

裕福な両親の息子で、スイスの私立学校に通い[3]、卒業後はボストンコピーライターとして働いた。ランドルフ自身によると、軍情報部で働いていた事もあり[3]。4言語が話せたので秘密諜報員としての訓練を受けた。第二次世界大戦末期は大佐の元で4人小隊に所属していた。危険な目に遭うことは無かったが、暗号解読とインテリジェンスで忙しかった。チトーパルチザンと長期間接触しており、無線を通じてチェスをしていたがいつも負け、ユーゴスラビアにはチェスマスターがいると思っていた[6]

1959年 - 広告業界で働きながらゲームを作っていたが、当時は売るという発想はなかった。ある日代理人からゲームの販売を持ちかけられ、ポリオミノをテーマにした『Pan-Kai』が1961年に発売された[7]

1961年 - 日本に移住しプロのゲームデザイナーとなる。初仕事は『ツイクスト』だった。 この時期に将棋の有段者となっている[1][2][3]

1962年 - シド・サクソンと共にミネソタ・マイニング・アンド・マニュファクチュアリング社(3M)で、新たなゲーム部門を開設するよう委任される。この3Mを通して、自ら作った『ブレイクスルー』、『Evade』、『Oh-Wah-Ree』、『ツイクスト』などが発売された[8]

1968年 - イタリアヴェネツィアに移住し、Dario De Toffoli、レオ・コロヴィーニ(Leo Colovini)と設立したVenice Connection社で、ゲームデザイナーとしてのキャリアを続ける[3][9]。2004年に同地で亡くなった[8]

受賞[編集]

ドイツ年間ゲーム大賞

大賞
1982年『ザーガランド』 - Sagaland
ドイツ年間キッズゲーム大賞
1989年 Gute Freunde
1997年『ライネンロス』 - Leinen los
特別賞
1996年『ベニスコネクション』 - Venice Connection
1988年 Inkognito

オリジン賞

殿堂入り
2011年 ゲームデザイナーとして殿堂入り[10]
2011年『ツイクスト[10]

作品リスト[編集]

  • Pan-Kai(未訳) - 1960年
    • Universe(未訳) - リメイク作、1966年、米パーカー・ブラザーズ社
  • ツイクスト - 1962年、米3M(ミネソタ・マイニング・アンド・マニュファクチュアリング)社
  • ブレイクスルー - 1965年、米3M社
  • Känguruh(未訳) - 1974年、独ラベンズバーガー社
    • GENERALOWSKY(未訳) - リメイク作、1987年、伊International Team社
      • DIE HEISSE SCHLACHTE am kalten Buffet(冷たい料理の熱い戦い:未訳) - リメイク作、1990年、独ラベンズバーガー社
        • ウミガメの島 - リメイク作、2014年、独フラニョス社
  • ドメモ - 1975年、独ラベンズバーガー社
  • Prärie(未訳) - 1976年、独Pelikan社
    • Trespass(未訳) - リメイク作、1979年
      • Buffalo(未訳) - リメイク作、1999年
        • バイソン将棋 - リメイク作、2016年、墺ピアトニク社
  • Dr.Jekyll & Mr.Hyde - 1980年、英ワディントン社
  • ザーガランド - 1981年、独ラベンズバーガー社
  • ハゲタカのえじき - 1988年、独ラベンズバーガー社
  • インコグニト - 1988年、米ミルトン・ブラッドリー社
  • イモムシイモムシ / イモ虫競争 / ワームアップ - 1994年、独Blatz社
  • ベニスコネクション - 1996年、独ドライ・マギア社
  • チャオチャオ - 1997年、独ドライ・マギア社
  • Leinen los!(レッコ! / もやい網を切れ! / ライネンロス:未訳) - 1997年、独ハバ社
  • エグゼ・キュオ / ツェ・クヴェオ! / それだっ! - 1998年、独ドライ・マギア社
  • ハイパーロボット - 1999年、米リオ・グランデ社
  • ビッグショット - 2001年、独ラベンズバーガー社

参考文献[編集]

  1. ^ a b 「将棋世界」に載ったランドルフさん”. 有限会社百町森. 2017年1月11日閲覧。
  2. ^ a b 山田道美「世界一強い外人さん」『将棋世界』9月、1969年、 94-102頁。
  3. ^ a b c d e f Info about 'Alex Randolph'”. luding.org. 2017年1月12日閲覧。
  4. ^ Alex Randolph”. Spiele-Autoren-Zunft. 2017年5月6日閲覧。
  5. ^ ヨーロピアンゲームとは?”. ディースリー・パブリッシャー. 2017年8月24日閲覧。
  6. ^ Knut-Michael Wolf' (1988年). “A talk with Alex Randolph: on the secret agent Alex Randolph”. Michael Svellov. 2017年1月13日閲覧。
  7. ^ Knut-Michael Wolf (1988年). “A talk with Alex Randolph: on his first game”. Michael Svellov. 2017年1月13日閲覧。
  8. ^ a b Whitehill, Bruce (2011年2月5日). “Alex Randolph—A Life of Games”. The Big Game Hunter. 2012年7月10日閲覧。
  9. ^ Alex Randolph's 90th Anniversary”. studiogiochi (2012年). 2017年1月13日閲覧。
  10. ^ a b GAMA | Hall of Fame”. The Game Manufacturers Association (GAMA). 2017年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]