ガイスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガイスター
Ghosts board game.jpg
ガイスターの盤と駒
デザイナー アレックス・ランドルフ
発売日 1982年
ジャンル ボードゲーム
プレイ人数 2人
必要技能 心理戦

ガイスター (Geister) 、またはファンタスミ (Fantasmi) は、幽霊を元にしたコマを使った、ドイツの2人用ボードゲーム。作者はアレックス・ランドルフ。プレイ人数は2人。1982年の発売以来、出版社や名前を変えて再版を繰り返している。1982年、ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート。

コマの背中についた印をお互いにわからないように配置し互いに取り合うという、単純ながら心理的要素の強い対戦ゲームである。「Geister」はドイツ語で「幽霊」、「Fantasmi」もイタリア語で「幽霊」の意味。

ルール[編集]

自分のお化けコマとして、背中に青印のついた「良いオバケ」コマと、赤印のついた「悪いオバケ」のコマが4つずつある。ゲーム開始時にボードの自陣に自分のお化けコマを全て配置する。背中の印は相手からは見えない。

ゲームは順に自コマのいずれかを縦または横にひとマスずつ動かすことで進められる。パスはできない。将棋のように、相手のコマのある位置に自分のコマを進めると相手のコマを取ることになる。

ゲームの勝利条件は、以下の3種類のいずれか。

  1. 相手の「良いオバケ」を全部取る。
  2. 自分の「悪いオバケ」が全部相手に取られる。
  3. 自分の「良いオバケ」のひとつを相手側脱出口から外に出す。

特徴[編集]

ルールは簡単であり、プレイ時間も15分程度と短い手軽なゲームである。人気の一因として、子供や初心者でもできる(勝てる)点が挙げられる。勝利条件が3種類あり、それらのいずれかを達成すればよいので、作戦の種類が広がる。相手の動かし方を元にコマの正体を推理することになるが、論理だけでは完璧に推理することはできず、勘やハッタリなどを駆使する必要がある。オバケコマは特徴的な形で、ボードや外箱も雰囲気のある美しい造形である。

コンピューターゲーム[編集]

「ヨーロピアンゲームコレクション」(2003年、PS2ディースリー・パブリッシャー)に収録。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]