ハゲタカのえじき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハゲタカのえじき
Holsdergeier 2.jpg
デザイナー アレックス・ランドルフ
販売元 ドイツの旗ラベンスバーガー社
日本の旗メビウスゲームズ
発売日 1988年
ジャンル カードゲーム
プレイ人数 2 - 6人
プレイ時間 約15分
必要技能 心理戦

ハゲタカのえじき(Hol's der Geier)は、ドイツカードゲーム。1988年にラベンスバーガー社から発売された。日本ではツクダ プレイシングス社から発売され、現在はメビウスゲームズ社が販売している。作者はアレックス・ランドルフ。プレイ人数は2 - 6人[1]。1988年、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた。

非常にシンプルなルールながら、同じ数字を出さないようにお互いの心理を読み合う部分にゲーム性がある。

ルール[編集]

プレイヤーはそれぞれ15から1の数字が書かれた15枚のカードを手札として持ち、それとは別に10から-5の点数が書かれた15枚の得点カードをシャッフルした後に山札として裏向きに場に置いた状態からスタートする。

まず山札から得点カードを1枚オープンし、プレイヤーは手札から任意のカードを1枚選んで伏せて場に出す。全員が出したら同時にオープンして場に出たカードを比べて、得点カードを獲得するプレイヤーを決める。場の得点カードの数字がプラスの場合は最も数字が大きいカードを出したプレイヤー、マイナスの場合は最も数字が小さいカードを出したプレイヤーが得点カードを獲得する事になる。ただし、複数のプレイヤーが同じ数字を出した場合は、その数字は無効とされ[2]、次点のプレイヤーが獲得する。また、全員のカードが無効の場合は得点カードは誰も得られずに持ち越され、次のラウンドの勝者がそのラウンドの得点カードと共に獲得する事になる。

使った手札は捨てられ、再利用は不可。15ラウンド行い、合計得点が最も高いプレイヤーが勝ちとなる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドイツ版は5人まで。
  2. ^ 「バッティング」と呼ばれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]