藤岡みなみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじおか みなみ
藤岡 みなみ
プロフィール
愛称 フジミナ、みなみ
生年月日 1988年8月9日
現年齢 28歳
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
血液型 A型
公称サイズ(2012年時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
靴のサイズ 24 cm
活動
ジャンル タレント
モデル内容 一般
他の活動 歌手、エッセイスト、ラジオパーソナリティー
事務所 サンミュージックプロダクション
モデル: テンプレート - カテゴリ

藤岡みなみ(ふじおか みなみ、1988年8月9日 - )は、日本タレントエッセイストラジオパーソナリティサンミュージックプロダクション所属。

兵庫県神戸市出身。上智大学総合人間科学部社会学科卒。『PANDA 1/2』の元ボーカル、スリーピースバンド『藤岡みなみ&ザ・モローンズ』ボーカル。2015年発売三才ブックス『ラジオ番組表』好きなラジオDJランキングAM部門1位[1]

人物[編集]

1997年7月、ビデオ作品『だいすきダンス』(サンリオ)にて子役デビュー。その後学業に専念するため、2002年5月に所属事務所を退所して芸能活動を休止。大学生になって1年が過ぎた2008年から芸能活動復帰。

子どもの頃は転校生で、奈良、淡路島、金沢、東京、神戸で過ごしたことがある。

2009年4月から1年間フジテレビキャンパスナイトフジ』に出演。同年5月ごろからチアリーダーの衣装で登場するようになり、知名度を上げる。番組内で行われた「キャンパスナイターズ人気ランキング」(2010年3月5日放送)では27人のキャンパスナイターズの中から1位を獲得[2]

芸能活動休止中も復帰後も、自作ショートムービーや自作雑誌、ウェブサイトなどを次々と公開している。また、オフィシャルブログの他にブログ『パンタ論』[3]がある。セルフポートレートのサイト『藤岡みなみ』[4]を自身で制作、公開している。

2012年12月31日までのおよそ3年間、音楽ユニット『PANDA 1/2』のボーカルとしても活動。脱退後は、そのサポートメンバーだったキーボーディスト・ヒロヒロヤ、ギタリスト・ネロとともに『藤岡みなみ&ザ・モローンズ』を組み、ボーカルを務めている。

芸能活動休止期間[編集]

チアリーディングに没頭しており、最終成績は全国準優勝である。また、ヨーロッパ選手権出場のためモスクワ遠征も経験。高校卒業後は上智大学総合人間科学部社会学科に入学、2年次に芸能界復帰をするまでは映像制作などを中心に活動。

趣味・特技[編集]

  • インドカレー研究家
    • 大学時代、みうらじゅんの言葉「高円寺は日本のインドだ」に感化され、高円寺のインド料理屋を全てまわるレポート「カレーポーター藤岡みなみのパンだナンだ」をインターネット上に公開。デイリーポータルZなどに取りあげられるも現在[いつ?]は閉鎖中。
  • 1人旅好きで特に海外旅行が好き。中国、ベトナム、カンボジア、スリランカ、マレーシア等への旅のレポートをブログにて公開している。
  • Adobeのソフトは一通り使いこなす。自身が編集長を務め2012年4月に刊行した雑誌『熊猫人間』では取材、執筆、カメラマン、モデル、編集、デザイン、印刷など全て一人で行っている。
  • 2012年4月に刊行した雑誌『熊猫人間』ではエッセイ、レポート、小説などを執筆している。『熊猫人間』は自身のライブでのみ無料配布され、現在[いつ?]vol.5まで発行されている。
  • ジャイアントパンダ研究家
    • 子供の頃から自他ともに認めるパンダ好き。自宅に500点以上のパンダグッズを所有する。
    • 神戸市灘区王子動物園から15分の場所に住んでたことがあり、週6日ほどのペースでパンダを見に行っていた。
    • 子役時代に掲載された同人誌『Prolog vol.18』(2001年8月)のインタビューによると、趣味の欄に「パンダすべて。パンダを見ること、集めること、おどること」と記入。小学2年の終わりごろからパンダグッズ集めを始める。
    • 「パンダが好きな女の子」という主旨の「笹ガール」を提唱し、関連して雑誌も制作したとオフィシャルブログで報告している。
    • 2011年4月1日の上野動物園のパンダ公開日には前日から一番乗りして並び、日本テレビZIP!』、TBSテレビひるおび!』など取材を多数受けた[5]。それに先立ち、パンダの引渡し日(同年2月21日)には『上野経済新聞』の半日編集長として取材もしている[6]
    • 大学でも社会学専攻でパンダを研究し、卒論のテーマは「社会のなかのパンダ」。パンダ研究家としてのテレビ出演も多い。
  • 土偶好き
    • 2014年4月頃より、函館にある北海道唯一の国宝「中空土偶」を見たことにより土偶および縄文時代に目覚める[7]。2015年には土偶と埴輪をモチーフにした自作LINEクリエイターズスタンプを発売[8]
  • 特技・中国語
    • パンダ好きが高じて中国語を独学で学ぶようになる。2014年Eテレ『テレビで中国語』生徒役。2016年NHKラジオ第2『レベルアップ中国語』生徒役。

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

歌番組[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

エッセイ、コラム[編集]

  • 北海道新聞夕刊「藤岡みなみの"ふるさと募集中"」(2012年5月 - )
  • Concent「高円寺で世界一周」[10](2013年7月 - )

CM[編集]

  • タケダ・プラッシー(不明)
  • 中央出版「ツイスト踊る」篇(1997年9月)
  • モランボン・ジャン(1999年3月)
  • クボタハウス「孫にほめられた」篇(2000年12月)
  • ポンパレ(リクルート)(2010年)
  • 北海道ろうきん「もぐらたたき」篇(2015年3月)
  • 北海道ろうきん「ほしッ!の願い」篇(2015年4月)

広告[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

舞台[編集]

イベント[編集]

  • 「パンダ音楽祭」司会(2012年11月25日、上野恩賜公園)
  • 「第2回 パンダ音楽祭」司会(2013年5月25日、上野恩賜公園)
  • 「第3回 パンダ音楽祭」司会&オープニングアクト(2014年5月10日、上野恩賜公園)
  • 「第4回 パンダ音楽祭」司会(2015年5月17日、上野恩賜公園)

雑誌[編集]

インターネットTV[編集]

  • 超サンミュージック「三拍子ナイト」(2009年1月29日、GyaO
  • 阪井あゆみの「AYUMI'S ROOM」[11](2009年9月10日、アメーバスタジオ)
  • PAKU PAKU -The Pandaman Show-(2010年4月 - 、Ustream
  • なんとかしなきゃ!プロジェクト「藤岡みなみの I don't know Africa 〜発見アフリカ54の国〜」(2013年5月9日 - 6月2日、全5回)

YouTube番組[編集]

サンミュージックの公式YouTubeチャンネルでは、定期的にオリジナルの動画がアップされている。

  • 藤岡みなみのパンダに会いたい! in 四川省(2013年2月16日 - 3月2日、全3回、YouTube SUN MUSIC CHANNEL)
  • 藤岡みなみ 地球のおちゃめ方 in 台湾(2013年3月9日 - 6月8日、全8回、YouTube SUN MUSIC CHANNEL)
  • Minami Fujioka's Panda Search-Washington DC(2013年6月30日 - 8月31日、全10回、YouTube SUN MUSIC CHANNEL)
  • Minami Fujioka's Panda Search-Atlanta(2013年9月7日 - 11月10日、全12回、YouTube SUN MUSIC CHANNEL)
  • Minami Fujioka's Panda Search-Memphis(2013年11月16日 - 2014年2月2日、全11回、YouTube SUN MUSIC CHANNEL)
  • Minami Fujioka's Panda Search-SANDIEGO(2014年2月8日 - 3月16日、全6回、YouTube SUN MUSIC CHANNEL)
  • Minami Fujioka's Panda Search-MEXICO(2014年3月24日 - 5月18日、全8回、YouTube SUN MUSIC CHANNEL)

2014年6月より、YouTubeチャンネル「ききこみトラベル」で番組がスタート。3日に1度は動画が投稿されている。

  • 藤岡みなみの『ききこみトラベルin台湾』(2014年6月1日 - )

その他[編集]

  • Prolog vol.18(2001年8月10日)
  • R25式モバイル(2009年7月9日)「今日の女神」

作品[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

  • Sensitive(2000年11月24日、心交社)
  • あり得ない! DVD-BOX I(2010年5月19日、ポニーキャニオン

ビデオ[編集]

  • だいすきダンス(1997年7月、サンリオ
  • 天然素材 vol.1(2000年12月、金銀財宝社、2本組)
  • 天然素材 vol.2(2000年12月、金銀財宝社、2本組)
  • Sensitive(2001年3月、心交社

書籍[編集]

  • シャプラニール流・人生を変える働き方(渋谷敦志写真、2013年10月15日、エスプレ)
  • 藤岡みなみの穴場ハンターが行く! in北海道(2014年5月28日、北海道新聞社

写真集[編集]

  • Summer School(2000年9月21日、笠倉出版
  • Dreamer(2000年10月23日、心交社)

その他[編集]

  • 放課後★サスペンス starring バカリズム&藤岡みなみ(PANDA1/2)(2012年4月11日、RAM RIDERのアルバム『AUDIO GALAXY -RAM RIDER vs STARS!!!-』にバカリズム作詞でボーカル参加) - RAM RIDER
  • 鷹の夏 〜YES/NO枕〜(2012年12月12日、i-dep×鷹の爪団のアルバム『鷹の歌集』にi-depプロデュースでボーカル参加) - i-dep feat. 藤岡みなみ(PANDA1/2)名義

脚注[編集]

  1. ^ 2015年10月27日発売三才ブックス『ラジオ番組表』第8回好きなラジオDJランキング
  2. ^ 番組携帯サイトのある1日のみの待受けダウンロード回数
  3. ^ パンタ論
  4. ^ 藤岡みなみ
  5. ^ 上野動物園、パンダ公開に早くも人の列-一番乗りは31日14時から 上野経済新聞 2011年3月31日閲覧
  6. ^ 芸能界一のパンダマニア-藤岡みなみさんインタビュー 上野経済新聞 2011年4月18日閲覧
  7. ^ 藤岡みなみオフィシャルブログ『熊猫百貨店』「土偶マイラブ」 2014年6月23日
  8. ^ 藤岡みなみオフィシャルブログ『熊猫百貨店』「卑猥すぎたらどうしよう、と思いました」 2015年3月24日
  9. ^ 通常は北海道地方限定だが、ほとんどの回が全国で再放送されている。また、全国向けに放送する回もある。
  10. ^ Concent「高円寺で世界一周」
  11. ^ 阪井あゆみの「AYUMI'S ROOM」[リンク切れ]

外部リンク[編集]