中上真亜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかがみ まあこ
中上 真亜子
プロフィール
別名義 中上様
愛称 まーこ
生年月日 1987年9月13日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本熊本県宇城市(旧下益城郡松橋町
血液型 B型
瞳の色 濃褐色
毛髪の色 茶色
公称サイズ(公式HP [1]時点)
身長 / 体重 168 cm / 47 kg
BMI 16.7
スリーサイズ 78 - 58 - 80 cm
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2006年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 タレントモデル女優
事務所 エントリーサービスプロモーション
モデル: テンプレート - カテゴリ

中上 真亜子(なかがみ まあこ、1987年9月13日 - )[1] は、日本タレントファッションモデル熊本県下益城郡松橋町(現・宇城市)出身。エントリーサービスプロモーション所属。元ワタナベエンターテインメント所属。熊本県立済々黌高等学校卒業[2]熊本大学文学部卒業。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1987年、熊本県下益城郡松橋町(現・宇城市)で生まれる[2]。家族構成は父、母、兄、弟[3][4]。弟とは18歳ほど歳が離れている[5]。中学生時代は当時の恩師が働く児童福祉相談所の職員を目指していた[2][3]。高校生時代、雑誌に写真が掲載、その編集長から福岡のタレント事務所を紹介される[2]

芸能活動[編集]

2007年10月17日WORLD MISS UNIVERSITY CONTEST IN JAPAN 2007において準ミスグランプリを獲得した。集英社のPINKY賞を同時受賞し、ファッション雑誌PINKY』でのデビューが決まった[6]

大学1年生の時に深夜バラエティ番組ドォーモ』への出演が決定する。最初の仕事は地元熊本の馬刺し店や熊本市動植物園を巡る収録だった。しかし、中上は同番組を見た事が無かった為、本番中に共演者の先輩タレントに「誰ですか?」と尋ねた事があった[2]。同番組へリポーターとして月4〜8回出演するほか、九州ローカルバラエティ番組を中心に出演した。全国ネットに進出後、バラエティ番組だけでなくクイズ番組や情報番組などあらゆるジャンルの番組への出演を行っていた。2009年4月頃にレギュラー番組(『ひるおび!』、『キャンパスナイトフジ』)を抱える東京で一人暮らしを始めた[7]。そのため大学には飛行機で通ったりインターネットで授業を受けていた[4]

東京で活動するにあたり、福岡の事務所「エントリーサービスプロモーション」から業務提携先のワタナベエンターテインメントの所属となったが、2010年3月をもって両社の業務提携が終了。前所属先である「エントリーサービスプロモーション」に戻った。2010年4月からは以前から出演していた『ドォーモ』、5月からは『さきっちょ☆』にレギュラー出演している。また、3月末日をもってワタナベエンターテインメントホームページ内の公式ブログが閉鎖されたため、4月13日から新たに公式ブログ「女所長24時」が開設されている。その後「Maco's Growth Diary ~まあことカブちゃんの成長日記~」にタイトルを変更してブログを継続している。2011年12月14日より「MAAKO'S BLOG 中の上ですが・・・何か?」にタイトル変更。

2008年2月13日、テレビドラマ『福岡恋愛白書4 恋はバックドロップ』(KBCテレビ)で女優デビュー。

人物[編集]

趣味・特技は料理、カブトムシ育成、餃子の皮包み、子供の世話[8]。好きな食べ物は餃子、WIRED CAFEのポテトウェッジ。

明るく天真爛漫で、自身を「平成の爆笑王」と評している[9]。「めっちゃ〜」が口癖[10]。2009年5月1日放送の『キャンパスナイトフジ』で博多弁が好きという明石家さんまに自身の博多弁を披露したが、「違う!違う!違う!」と全否定された。中上曰く「時々、熊本弁と博多弁が混ざる」[2]

2009年12月18日放送の『キャンパスナイトフジ』でオードリー若林正恭から「熊本ではスザンヌの再来と呼ばれている」と紹介された。『キャンパスナイトフジ』内でゆったり感中村に「中上様」と呼ばれた事をきっかけに、同番組にゲスト出演したチュートリアル徳井義実が「中上様の(水着)が見たかった」「どっぷり中上様なんで」と発言するなど、「中上様」の呼び名が広まった。同番組の最終回でケンドーコバヤシは「あれ(中村が中上様と呼んだこと)はギャグじゃなく本当に司会のうまさに感服していたのだと思う」とコメントしている。

家族と過ごすことが一番の癒しで、仕事で実家に帰れなくなるとストレスが溜まる[3]。子供のころからボランティア活動に熱心で、現在も人の役にたつような仕事をしたいと思っている[3]。20歳のとき、自宅前の道路にあるマンホールの蓋が開いているのに気づかず、落ちてしまったことがある[3]

ネプリーグ芸能界超常識王決定戦』収録時に、天衣無縫なのに物知りなところから共演者の関根勤に「君は蓮舫になれ!」と叫ばれた(オンエアではカット)[11]

カブトムシ甲虫類)マニアである。2009年8月16日放送の『熱血!平成教育学院』では、スタジオにアクティオンゾウカブトという巨大なカブトムシの巨大な終齢幼虫を持ち込んで、高島彩ほか共演者を驚かせた。また『キャンパスナイトフジ』内で「私がカブトムシを好きな理由」をプレゼンし巨大幼虫を素手で掴み、かわいがる等のパフォーマンスでスタジオを騒然とさせベストプレゼンターに輝いた。2010年12月2日放送の『奇跡体験!アンビリバボー』では立入禁止ハンターとしてペルーアマゾンへ行きヴァーチュアーソ社が企画する豪華客船アクア号に乗り、1週間アマゾン川ツアーに参加。現地の人が仕留めたばかりのヘビジャララカ)やワニ(メガネカイマン)の子供を素手で掴んだりピラニア釣り等を体験リポートした。

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー出演
過去のレギュラー出演
単発出演など

ラジオ[編集]

  • DJ Tomoaki’s Radio Show!(下北FM、アシスタントMCとして2009年8月27日・12月3日/ゲストとして2011年3月24日)
  • ナイターズ マル秘同窓会~もう一度ヤラせて~(下北FM、2011年3月26日)
  • KIRIN presents 九州“世界一”ラボラトリー(FM FUKUOKA、2014年4月 - 9月・2015年4月 - )
  • 二丁目お茶の間劇場RKBラジオ、金曜のみ 2017年10月6日 - )

雑誌[編集]

  • PINKY(集英社)
  • No!(エヌオー出版
  • ブライダル情報誌「MEMORY」
  • 福岡Walker(角川書店
  • B.L.T 九州版
  • フリーペーパー「SKIP」2010年11月号
  • 映画・ドラマ・小説で楽しむ時代劇(キネマ旬報社)2010年12月
  • ネイルUP!(ブティック社)2011年1月
  • 熊本Walker(角川書店)2011年3月
  • フリーペーパー「GaRiYa」2011年6月号

CM[編集]

その他[編集]

  • 博多阪急(HAKATA SISTERSイメージモデル)
  • 八仙閣(イメージモデル)
  • アコムナビ(ナビゲーター)

イベント[編集]

  • 24時間テレビ チャリティイベント 2010年8月28日・29日、2011年8月20日・21日
  • FUKUOKA LOVE&COLLECTION2010
  • 味のマルタイ50周年感謝のラーメン祭り
  • 福岡県民さわやかマラソン2010
  • 福岡アジアコレクション(FACo)2011SS
  • バラエティイベント・ハコニワ 2011年5月4日、2012年5月24日
  • TOKYO GIRLS COLLECTION Sweet Xmas Edition supported by 宮崎恋旅 モデル 2011年12月23日

写真集[編集]

CD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ワタナベエンターテインメント. “W!中上真亜子プロフィール”. 2010年3月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 井上直樹「九州•福岡ネット」、『熊本日日新聞』(熊本日日新聞社)2011年2月13日号、2面
  3. ^ a b c d e 2008年6月2日「ドォーモ」(KBCテレビ
  4. ^ a b 中上真亜子公式ブログ (2009年3月31日). “はじめまして”. 2010年3月20日閲覧。
  5. ^ 中上真亜子公式ブログ (2010年2月11日). “『なんて暖かいの。』”. 2010年3月20日閲覧。
  6. ^ 中上真亜子 準グランプリ受賞!!”. エントリーの秘密の部屋. FC2. 2008年4月21日閲覧。
  7. ^ 中上真亜子公式ブログ (2009年4月12日). “満月の夜は…”. 2010年3月20日閲覧。
  8. ^ 中上真亜子「女所長24時」
  9. ^ CNFキャンパスナイトフジブログ
  10. ^ 渡辺ミキ (2009年6月12日). “中上真亜子”. 毎日がヒットパレードなミキ社長ブログ. ワタナベエンターテインメント. 2010年5月4日閲覧。
  11. ^ 渡辺ミキ (2009年7月21日). “中上真亜子”. 毎日がヒットパレードなミキ社長ブログ. ワタナベエンターテインメント. 2010年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]

オフィシャルブログ[編集]

その他[編集]