FC2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FC2
FC2, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
設立 1999年7月20日
業種 情報・通信業
事業内容 ドメイン名販売・ウェブホスティング・アプリケーション開発
代表者 Derek G Rowley
主要株主 高橋理洋[1]
外部リンク fc2.com
特記事項:サービス開発は日本のIT企業『ホームページシステム』に委託している。
テンプレートを表示
FC2
URL fc2.com
営利性 あり
登録 必要
使用言語 日本語、英語、中国語、タイ語、韓国語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、フランス語、インドネシア語、ポルトガル語、ベトナム語[2]
運営者 FC2, Inc. / ホームページシステム
設立日 1999年
収益 広告、有料閲覧システム
アレクサ
ランキング
56位[3]
現状 運営中

FC2(エフシーツー)は、Webサービスおよびホスティングサービスを展開する企業である。社名のFC2は「ファンタスティック・クピ・クピ」の略であるとしている[4]

会社の代表者は、設立当初から2008年までは日本人の高橋理洋(CEO)が務めている[5][6]。その後は、2009年からMaurice Bannon、2012年にはLance Wolff Kerness[7]、2014年はDEREK G ROWLEYが代表者であるとしている。

概要[編集]

FC2は米国法人であり、2006年の雑誌『Yahoo! Internet Guide』5月号に掲載された代表の高橋理洋のインタビュー記事によると、2006年時点では兄の高橋理洋と弟の高橋人文の2人が中心になって運営がされており、正社員は17名で、ほかに非常勤スタッフが約30名いるとしている[6][8]

またFC2の日本向けシステムの開発は大阪府にあるホームページシステムが受託していると言われている[9]。警察はホームページシステムとFC2は同一の会社ではないかと疑っており[10]、FC2動画を実質的に運営していると看做している[11]

事業[編集]

レンタルサーバドメインブログチャットアクセス解析掲示板日記アクセスカウンタSNSなど、日本語を始め様々な言語で無料・有料の各種ウェブサービスを提供している。

FC2IDというユーザ管理システムを採用しており、ID登録をすると、ブログやアクセスカウンタなどでそれぞれ別々のIDを取得する必要がなくなり、全てのサービスで同一のIDとパスワードが使える。サービス追加もID1つで登録できるのが特徴。

利用者数国内第3位[編集]

2015年 日本におけるパソコンからの利用者数TOP10ランキングで第3位にFC2がランクイン[12]

前年度と比較してアクセス数の下落傾向は変わらず利用者数の減少が続いている[13]

沿革[編集]

サービスの一覧[編集]

指摘される問題点[編集]

著作権問題[編集]

本部がアメリカにあるとしているため、ブログやサイトには国内法が及ばず、そのため不適切な記述の削除要請が難しかった。しかし、2012年民事訴訟法が改正され、日本国内で事業を展開している場合、会社が国外にあっても訴訟が可能となり、2013年にはブログ投稿者の情報開示命令が出ている[17]。FC2の利用者は1500万人を超えるとみられ、本社やサーバーが米国にあり法的な手段を取るのが難しく、法律に違反する投稿、権利を侵害する投稿が放置されるケースがみられると報道されている[18]。ネット業界の一部では“無法地帯”と呼ばれている[17][19][20]

誹謗中傷問題[編集]

同サービスを利用して開設されたブログで、ある人物への悪質な誹謗中傷が相次いで投稿された[7]。担当弁護士が警察側から聞いた話によれば、中傷を受けた人物が警察へ相談後、FC2は当初捜査および記事の削除に協力していたが、投稿者は次々新しいブログを作って、同様の中傷を続ける中、途中からこれを拒否したという[7]

担当弁護士による「会社自体は、ネバダ州にありますが、おそらくペーパーカンパニーです。実質的な運営主体が日本国内にあることは間違いないと思いますが、その運営実態は依然不明なままです」との指摘に対して、FC2側は「当社は、ネバダ州内に、オフィスを賃借し、従業員を雇用しております。また、アメリカ内にデータセンターを設置しサービスを運営しており、アメリカの法律に従い、アメリカで納税もしております」と反論した[7]

わいせつ動画の配信・その他[編集]

主に日本国内向けに運営されているFC2では日本国内の法律、特に公然わいせつに当たる動画が多数投稿されており、後述する関連会社への家宅捜索にも繋がっている。

FC2動画
FC2ライブ
  • 2014年
    • 6月
      • ライブ中継中に現行犯逮捕[21]
      • ライブ中継で現行犯逮捕された「帽子君」が職業安定法違反で再逮捕[22]
    • 7月 - ライブ中継で2件目の逮捕[23]
  • 2015年
    • 6月 - 職業安定法違反で2件目の逮捕。神奈川県警が動画投稿主の無職の男を逮捕し出演した男女12人もわいせつ動画配信容疑で書類送検する方針[24][25]
    • 7月 - ライブ中継でわいせつ行為を配信し収入を得たとして名古屋市中区栄、無職の男を逮捕[26]
    • 9月 - 風営法違反容疑で映像配信会社社長を逮捕[27]。投稿者に対する風営法適用は初。出演者も公然わいせつ罪で逮捕された。
    • 12月 - ミュージックビデオをFC2ライブで公開した派遣会社社員を逮捕[28]
    • 12月 - アニメ作品をFC2ライブで無断配信したとして会社員の男を逮捕[29][30]

風営法ではアダルトサイトの開設は都道府県公安委員会の許可が必要。

FC2ブロマガ
  • 2014年
    • 10月 - 有料ブログマガジンでわいせつ画像を販売した夫婦逮捕[31]
  • 2015年
    • 10月 - 神戸連続児童殺傷事件の加害者が有料ブログマガジンをFC2ブロマガで開始した事を受けて世論から集中砲火を浴びる[32]。批判を受け凍結される[33]
掲示板
  • 2015年
    • 6月 - 向精神薬「リタリン」をFC2掲示板内で167人に売買した女を逮捕[34][35][36]。「リタリン」は依存性が高く危険度が高い為、厚生省から流通規制が通達されている。
    • 11月 - FC2掲示板内で売買した女に向精神薬を転売していた薬剤師を逮捕[37]
    • 11月 - FC2掲示板内で売買した女から向精神薬を購入した男女5人が死亡し、4人は遺書が見つかった為、自殺する目的で向精神薬の大量服用し死亡していたことが明らかになった[38]
  • 2016年
    • 1月 - 新たに向精神薬を掲示板で売買していた女が逮捕される[39]
FC2コンテンツマーケット
  • 2015年
    • 1月 - 15歳少女のわいせつ動画を売った会社員男を逮捕、売上113万円[40]
    • 7月 - 風俗嬢との性行為を盗撮し78本の動画をアップし購入者にダウンロードさせ有料販売していた会社員の男を逮捕[41]

運営会社に対する捜索と起訴[編集]

2014年6月のFC2ライブ配信者のわいせつ動画配信の裏付け捜査で大阪市北区にある委託会社のホームページシステムの存在が浮上したので[10][42]、9月30日に京都府警などの5府県警は公然わいせつほう助と風営法違反(無許可営業)で「ホームページシステム」などを家宅捜索した[43]。2015年4月23日にはホームページシステムの代表の足立真とFC2の創業者の弟である元代表の高橋人文が逮捕され[44]、5月14日[45]と8月3日にも再逮捕された[11][46][47]。その後8月6日に2人はわいせつ電磁的記録記録媒体陳列と公然わいせつの罪で起訴された[48]。なお8月20日に京都府警によってFC2の創業者である高橋理洋が指名手配されたとの報道がされている[49]。FC2は「誤報であることを当該マスメディアからの文書で回答を受けております。」と発表したが[50]、前述の報道についてマスコミ各社は該当の報道を取り消してはいない。

捜査の過程で2600万人分の会員情報[51]やわいせつ動画の出演報酬を受け取っていた289業者の情報が押収された[45]

不正アップロードされたTVアニメを不特定多数が閲覧できるようにしたとして著作権法違反の疑いでホームページシステム社代表の足立真とFC2創業者の弟である元代表の高橋人文が追送検された[52]。2人は起訴後、保釈されていた。

府警は、動画サイト内に「アニメ」のカテゴリーを設けるなど違法な投稿を容認していたとみて[53]捜査を進める方針。

足立真とFC2創業者の弟である元代表の高橋人文が著作権法違反容疑で2016年3月8日追送検された[54]。アダルトビデオメーカの作品を違法に公開し著作権を侵害した容疑が持たれている。

参考文献[編集]

  • 持丸浩二郎 『さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術 第2版』 2008年C&R研究所 ISBN 978-4863540033
  • 『ヤフー・インターネット・ガイド 2006年5月号』2006年 ソフトバンク クリエイティブ ASIN B000F3SYKA

脚注[編集]

  1. ^ FC2創業者で同社の支配株主 アキナジスタ株式会社 IRニュース (PDF) P8参照
  2. ^ a b c d FC2. “会社概要”. 2013年2月27日閲覧。
  3. ^ fc2.com Site Overview”. 2016年4月18日閲覧。
  4. ^ 持丸 浩二郎 『さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術 第2版』 C&R研究所、2008年、p.14。
  5. ^ デジタルハリウッド株式会社の2008年プレスルーム
  6. ^ a b ヤフー・インターネット・ガイド、2006、「毎月2,000人がユーザー登録 FC2ブログ急成長の理由」、『Yahoo! Internet Guide』11巻5号(2006年5月号(通巻124号))、ソフトバンククリエイティブ pp. 20-21
  7. ^ a b c d FC2の本拠は米国にあるのか 会社側はペーパーカンパニー説に強く反論”. J-CASTニュース (2013年2月26日). 2013年2月26日閲覧。
  8. ^ 紀藤正樹."ついにFC2に法のメスが!>公然わいせつほう助容疑 大阪のネット会社「株式会社ホームページシステム」に家宅捜索"
  9. ^ 「FC2」サービスの「ほとんどを開発」──家宅捜索受けた企業とは” (2014年9月30日). 2015年9月11日閲覧。
  10. ^ a b 性行為ライブの〝温床〟に捜査のメス端緒は「帽子君」…謎多き「FC2」野放しの背景”. 産経新聞. 2014年10月25日閲覧。
  11. ^ a b FC2運営の社長再逮捕 わいせつ記録陳列疑い”. 産経新聞. 2015年8月3日閲覧。
  12. ^ TOPS OF 2015: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2015年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~”. ニールセン. 2015年12月16日閲覧。
  13. ^ TOPS OF 2014: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2014年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~”. ニールセン. 2015年12月16日閲覧。
  14. ^ FC2総合インフォメーション (2012年4月10日). “アキナジスタ株式会社の親会社となりまし”. 2013年2月27日閲覧。
  15. ^ FC2総合インフォメーション (2012年8月1日). “掲示板サービス「ザ掲示板」の運営について”. 2013年2月27日閲覧。
  16. ^ FC2総合インフォメーション 【ライブ】ネットラジオサービス「ねとらじ」の運営について
  17. ^ a b ““無法地帯”FC2に情報開示命令 民事法改正後初の事例か”. ITmedia. (2013年2月20日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1302/20/news096.html 2013年2月20日閲覧。 
  18. ^ NHK「かぶん」 (2013年2月24日). “海外のブログ運営会社に情報開示命令”. NHK「かぶん」ブログ. http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/147514.html 2013年4月10日閲覧。 
  19. ^ 斎藤栄孝 (2013年3月10日). “““無法地帯”FC2が「出会い系アプリ」に本格参入!!? スタンプ機能も搭載の「FC2 Talk」が話題に”. EXドロイド(バカと暇人のためのアンドロイドアプリ情報発信基地 エックスドロイド). http://exdroid.jp/d/53446/ 2013年3月10日閲覧。 
  20. ^ EXドロイド編集部 (2013年3月3日). “ニコ動にそっくりの“寄生型動画サイト” 「ひまわり動画」アプリの危険な内容”. EXドロイド(バカと暇人のためのアンドロイドアプリ情報発信基地 エックスドロイド). http://exdroid.jp/d/52957/ 2013年4月10日閲覧。 
  21. ^ 容疑の男女を現行犯逮捕”. 時事通信. 2014年6月4日閲覧。
  22. ^ 職業安定法違反容疑で「帽子君」再逮捕”. 産経新聞. 2014年12月25日閲覧。
  23. ^ ネットでわいせつ行為中継 「1億稼いだ」3人逮捕”. 産経ニュース. 2014年7月5日閲覧。
  24. ^ わいせつ動画中継に勧誘 職安法違反容疑で男再逮捕 神奈川”. 産経新聞. 2015年6月19日閲覧。
  25. ^ サイトにわいせつ映像投稿容疑”. 神奈川新聞. 2015年6月19日閲覧。
  26. ^ わいせつ行為を“生中継”容疑で男逮捕 キタ郎「やりとり楽しみたかった」 埼玉”. 産経新聞. 2015年7月1日閲覧。
  27. ^ わいせつ動画配信で男ら逮捕=投稿サイトに、無届けで営業-神奈川県警”. 時事通信社. 2015年9月29日閲覧。
  28. ^ FC2性行為ライブ事件、アニメ、アイドル映像も違法公開…新たに2人逮捕”. 産経スポーツ. 2015年12月2日閲覧。
  29. ^ 「FC2ライブ」を通じてアニメ映像を違法配信、男性を逮捕”. 一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会. 2015年12月3日閲覧。
  30. ^ 「FC2ライブ」でアニメ「GATE」の映像を違法配信 男性(38)を逮捕”. ねとらぼ. 2015年12月3日閲覧。
  31. ^ 公然わいせつ容疑で名古屋の夫婦逮捕”. 中日新聞. 2014年10月9日閲覧。
  32. ^ 元少年A「有料ブロマガ」配信が物議 「金儲けさせるな」など批判的な声が圧倒的”. J-CASTニュース. 2015年10月15日閲覧。
  33. ^ 元少年Aの有料ブロマガが「閲覧不能」に…運営元が凍結か”. 日刊ゲンダイ. 2015年10月15日閲覧。
  34. ^ 向精神薬:SNSで取引…無許可販売容疑で女を逮捕”. 毎日新聞. 2015年6月12日閲覧。
  35. ^ 「リタリン」全国ネット販売、55歳女逮捕 兵庫県警”. 産経新聞. 2015年6月12日閲覧。
  36. ^ 向精神薬をネットで違法販売か マンション経営の女逮捕”. JNNニュース. 2015年6月12日閲覧。
  37. ^ 向精神薬を不正転売 奈良の薬剤師を逮捕 兵庫県警”. 産経新聞. 2015年11月12日閲覧。
  38. ^ 向精神薬密売:購入客の少なくとも男女5人薬物中毒で死亡”. 毎日新聞. 2015年11月12日閲覧。
  39. ^ 「2、3回ほど販売した」向精神薬販売容疑で24歳の女逮捕”. 産経新聞. 2016年1月15日閲覧。
  40. ^ 900円で15歳少女のわいせつ動画を売った男を逮捕”. 産経新聞. 2015年1月22日閲覧。
  41. ^ デリヘルの盗撮動画をネット公開か、会社員の男逮捕”. JNNニュース. 2015年7月20日閲覧。
  42. ^ 自慰行為〟ライブの女も逮捕していた…FC2事件の全容解明へ 創業者実弟を「共犯」立件”. 産経新聞. 2015年5月25日閲覧。
  43. ^ 「FC2」国内会社捜索=米社ダミーか、創業者ら立件視野-わいせつ中継ほう助容疑”. 時事通信. 2014年10月15日閲覧。
  44. ^ 「FC2」実質的運営か会社代表を逮捕「FC2動画」性行為ライブ配信事件で”. ITmedia (2015年4月23日). 2015年9月11日閲覧。
  45. ^ a b FC2運営の男ら再逮捕 配信登録者のデータベースも押収 京都府警など”. 産経新聞. 2015年5月14日閲覧。
  46. ^ FC2運営会社社長ら2人を3度目の逮捕 わいせつ動画を公開した疑い、容疑を否認 京都府警など合同捜査本部”. 産経新聞. 2015年8月3日閲覧。
  47. ^ FC2創業者弟ら再逮捕=わいせつ動画公開容疑-海外サイト、異例の摘発”. 時事通信社. 2015年8月3日閲覧。
  48. ^ FC2運営の男ら起訴 わいせつ動画を不特定多数に公開 京都地検”. 産経新聞. 2015年8月6日閲覧。
  49. ^ FC2創業者に逮捕状、指名手配…わいせつ動画を公開の疑い 京都府警などの合同捜査本部”. 産経新聞. 2015年8月20日閲覧。
  50. ^ 弊社創業者に対する国際指名手配との報道について”. FC2 (2015年9月8日). 2015年9月11日閲覧。
  51. ^ 「FC2」運営会社捜索で怯える人たち エロ動画など違法投稿者、一斉摘発の可能性も”. J-CAST. 2015年4月24日閲覧。
  52. ^ アニメ、アイドル映像も違法公開 人気の「ハイキュー」も…著作権法違反で新たに2人逮捕 京都府警”. 産経新聞. 2015年12月2日閲覧。
  53. ^ FC2性行為ライブ事件、アニメ、アイドル映像も違法公開…新たに2人逮捕”. 産経スポーツ. 2015年12月2日閲覧。
  54. ^ FC2創業者の弟ら2被告、アダルトビデオを違法公開した容疑で追送検…京都府警など”. 産経新聞. 2016年3月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]