マルタイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社マルタイ
MARUTAI CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報
福証 2919
1995年9月29日上場
本社所在地 日本の旗 日本
819-0193
福岡県福岡市西区今宿青木1042番地1
北緯33度34分4.1秒 東経130度17分31.3秒 / 北緯33.567806度 東経130.292028度 / 33.567806; 130.292028座標: 北緯33度34分4.1秒 東経130度17分31.3秒 / 北緯33.567806度 東経130.292028度 / 33.567806; 130.292028
設立 1963年昭和38年)12月
業種 食料品
法人番号 5290001000577
事業内容 即席麺の開発、製造、販売
代表者 代表取締役社長 見藤 史朗
資本金 19億8963万円
(2018年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 1,922,000株
(2018年3月31日現在)[1]
売上高 81億7848万円(2018年3月期)[1]
営業利益 4億3686万円(2018年3月期)[1]
経常利益 4億5843万円(2018年3月期)[1]
純利益 3億6965万円(2018年3月期)[1]
純資産 75億8942万円
(2018年3月31日現在)[1]
総資産 96億6565万円
(2018年3月31日現在)[1]
従業員数 162人(2018年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 西部瓦斯株式会社 33.54%
サンヨー食品株式会社 20.15%
(2018年3月31日現在)[1]
関係する人物 藤田泰一郎(創業者)
外部リンク www.marutai.co.jp
特記事項:創業は1947年。実質上の存続会社、株式会社 泰明堂は1960年6月1日に設立。
テンプレートを表示

株式会社マルタイは、福岡県福岡市西区に本社を置く、主にインスタントラーメンを中心とする食品加工会社である。「味のマルタイ」の商標名でその名を知られる。福岡証券取引所単独上場銘柄のひとつである(証券コードは2919)。

会社概要[編集]

インスタントラーメン、カップ麺などの製造販売をおこなっている。看板商品の「即席マルタイラーメン」(レギュラータイプ)は棒状タイプ(乾麺)のインスタントラーメンでは発売から50年もの歴史を持つロングセラー商品である。九州を中心に西日本で高いシェアを誇り、首都圏でも販売されている。

また1979年に発売された「長崎皿うどん」などの揚げ焼そばシリーズも、現在では同社を代表する商品の一つとなっており、近年では期間限定の半生めんなども販売されている。

社名の由来は、創業者の藤田泰一郎(ふじた たいちろう)から「泰」に○で「マルタイ」とした。社団法人日本即席食品工業協会に加盟している。

袋麺(屋台ラーメンなど)やカップ麺(長崎ちゃんぽんなど)の製造においては、2013年までにサンヨー食品(太平食品工業九州工場)に委託しており、現在は棒ラーメンと皿うどんの製造のみの事業に集中している。

事業所[編集]

事業所 所在地
本社・福岡工場・福岡営業所 福岡県福岡市西区今宿青木1042-1
佐賀工場 佐賀県唐津市北波多田中91
広島営業所 広島県広島市佐伯区楽々園3-5-28-104
大阪営業所 大阪府大阪市淀川区宮原5-1-18-808
名古屋営業所 愛知県名古屋市名東区名東本通4-45-7C
東京営業所 東京都千代田区神田多町2-11-4F

沿革[編集]

  • 1947年(昭和22年)5月 - 藤田泰一郎が福岡市高砂町(現:中央区高砂)で「泰明堂」として創業。製麺業を始める。
  • 1959年(昭和34年)11月 - 棒状のインスタントラーメン棒ラーメン)「即席マルタイラーメン」を発売。
  • 1960年(昭和35年)
    • 6月 - 法人組織に改組。株式会社泰明堂となる。
    • 9月 - 福岡市西区周船寺に工場を新設。
  • 1963年(昭和38年)12月 - 販売部門を株式会社マルタイに分離。
  • 1964年(昭和39年)5月 - 油揚げ麺(袋麺)の生産開始。
  • 1965年(昭和40年)
    • 1月 - 製造部門の子会社として、株式会社佐賀泰明堂を設立。
    • 11月 - 福岡工場、日本農林規格(JAS)認定工場となる。
  • 1966年(昭和41年)
  • 1969年(昭和44年)8月 - 九州とんこつラーメンのインスタント化第一号商品「屋台ラーメン」発売。
  • 1975年(昭和50年)
    • 2月 - 株式会社泰明堂が株式会社佐賀泰明堂を合併。
    • 8月 - カップ麺の生産開始。
  • 1976年(昭和51年)7月31日 - 株式会社マルタイと株式会社泰明堂が合併、マルタイ泰明堂株式会社となる。(存続会社はマルタイ)
  • 1976年(昭和51年)9月 - 「長崎ちゃんぽん」を業界で初めてカップ麺で発売。
  • 1979年(昭和54年)7月 - 油揚げ焼そば「長崎皿うどん」を発売。
  • 1990年(平成2年)12月 - 株式会社マルタイに商号変更。同時にCI導入。
  • 1995年(平成7年)9月29日 - 株式を福岡証券取引所に上場。
  • 2000年(平成12年)11月 - 「20世紀食品産業発展賞」を受賞。
  • 2005年(平成17年)8月 - 通信販売を開始。
  • 2007年(平成19年)
  • 2009年(平成21年)10月 - サンヨー食品株式会社との資本・業務提携を発表。
  • 2009年(平成21年)11月 - 「即席マルタイラーメン」発売50周年。
  • 2010年(平成22年)9月 - サンヨー食品九州工場(福岡県飯塚市)に於いてマルタイが販売する袋麺(長崎皿うどんを除く)の委託生産を開始。
  • 2012年(平成24年)
    • 7月 - サンヨー食品へカップ麺の生産を委託。
    • 11月 - 本社を福岡市西区今宿青木へ移転。
  • 2013年(平成25年)
    • 1月 - 福岡工場・福岡営業所を福岡市西区今宿青木に移転。
    • 5月 - 「マルタイラーメン楽天市場店」開店。

主な商品[編集]

マルタイラーメン
棒状インスタントラーメン
  • 即席マルタイラーメン(しょうゆ味)
  • 屋台九州味(とんこつ味)
  • みそ味
  • ごましょうゆ味
  • 醤油とんこつ味
  • しお味
  • 次世代棒ラーメン(しょうゆ味・パッケージデザインはpixivで公募した[2]。)
  • 博多長浜ラーメン(棒)
  • 味噌豚骨味
  • 醤油豚骨味
  • 博多醤油とんこつラーメン
  • 九州博多棒拉麺
  • 元祖長浜屋協力棒ラーメン
  • 熊本黒マー油とんこつラーメン
  • 長崎あごだし入り醤油ラーメン
  • 鹿児島黒豚とんこつラーメン
  • 宮崎鶏塩ラーメン
  • 棒長崎ちゃんぽん
  • 替玉ラーメン(博多ラーメンの基本的な食べ方である「替玉」専用。スープは添付されていない)
  • お鍋にラーメン(鍋料理専用。スープは添付されていない)
  • あっさり醤油ラーメン(即席マルタイラーメンの廉価版。調味油を抜いただけの製品)
  • あっさり豚骨ラーメン(屋台九州味の廉価版。調味油を抜いただけの製品)
  • あっさり醤油とんこつラーメン(博多醤油とんこつラーメンの廉価版。調味油を抜いただけの製品)
袋入りインスタントラーメン

※はサンヨー食品九州工場に委託生産[3]。スープはマルタイ本社で製造。

  • 屋台ラーメン※
  • 博多長浜ラーメン※
  • これだ(しょうゆ味)※
  • 長崎ちゃんぽん麺※
  • 冷し中華※
カップ麺

※カップ麺の生産は2013年までに全製品がサンヨー食品の委託生産に移行した。

  • 長崎ちゃんぽん
  • あつあつとろみちゃんぽん
  • マルタイラーメン(カップ)
  • 高菜ラーメン(とんこつ味)
  • 博多長浜ラーメン(カップ)
  • 屋台ラーメン(カップ)
  • ねぎらーめん
  • 元祖長浜屋協力豚骨ラーメン
  • 沖食堂監修久留米豚骨ラーメン
  • 四海樓監修長崎ちゃんぽん
  • 味わいの逸品(とんこつ、しょうゆ、ゆず塩)
  • ダブルちゃんぽん(名前とは裏腹に実はカップやきそば。内容は同社長崎ちゃんぽんの具と麺にヤキソバソース。麺が2つ入っている)販売終了。
  • 旨辛豚骨 - 九州初の激辛カップ麺。発売当初は「辛豚(からとん)」の名称だった。別添の唐辛子小袋でお好みの辛さに調節できる。
その他
  • 長崎皿うどん(油揚げ麺)
  • カップしるこ
  • レトルトぜんざい
  • 辛子明太チヂミ(チヂミの素)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 株式会社マルタイ (2018-06-22). 第55期(平成29年4月1日 - 平成30年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 《 マルタイ × pixiv 》55周年プロジェクト、始動。 - マルタイ公式ウェブサイト、2014年12月21日閲覧。
  3. ^ サッポロ一番」シリーズと同様、マルタイの袋入りインスタントラーメン全製品もアルミ包装に切り替わった。

外部リンク[編集]