エコリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エコリカ
ecorica Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
540-0027
大阪府大阪市中央区鎗屋町1-2-9
設立 2003年7月1日
業種 電気機器
法人番号 6120001104724
事業内容 リユース・リサイクルインクカートリッジの開発、製造
リユース・リサイクルトナーカートリッジの開発、製造
LED照明の開発、製造
オフィス用品・PC周辺機器の開発、製造
環境負荷低減コンサルティング
代表者 代表取締役社長 宗廣 宗三
資本金 3000万円
外部リンク https://www.ecorica.jp/
テンプレートを表示

株式会社 エコリカ: Ecorica Inc.)は、大阪府大阪市中央区鎗屋町に本社を置く、インクカートリッジリサイクルLED電球の製造販売等をおこなう企業である。

会社概要[編集]

2003年に設立された。リサイクルインクおよびリサイクルトナーの販売分野で高いシェアを持つ[1]。またLED電球の開発等も行っている。

リサイクルインクカートリッジ[編集]

使用済みの純正品インクカートリッジをエコリカ回収BOXと言う販売店舗等に設置した自社の回収箱で回収し、クリーニングを行った後に互換インクを充填した物を販売している。このリサイクルインクカートリッジは「グリーン購入法適合商品」となっている[2]

対応メーカー(2017年4月現在)はキヤノンセイコーエプソン日本HP(旧ヒューレット・パッカード)ブラザー工業リコーの5社である。この互換リサイクルカートリッジのうち、バリューシリーズ(エプソンIC50シリーズ、日本HPの一部の対応の互換品)ではICチップが暗号化され完全にリセットされていないためインク残量の表示ができない商品がある。

リサイクルインクカートリッジは全てメーカーの純正品そのものにインクを再充填する形で再利用している。このインクは他社のリサイクルを含む互換インクのような色ムラなどが発生しないよう、純正品に近い成分を調合するようにしており、純正品との混成での使用も可能とうたっている[3]。このことから、2014年10月からの1年間における日本のパソコンプリンター用インクのシェアでは、互換品だけでは73%でトップ、純正品を含めてもキヤノン、セイコーエプソンに次ぐ3番目のシェアを誇っている[4]

しかし、2020年10月、キヤノン製のカートリッジのICチップの仕様が変更され、インクを充填しリセッターをかけたものであっても「残量なし」と表示され、事実上使用できないようにしたとして、キヤノンを相手取り、独占禁止法違反行為差止等請求訴訟を起こした[5]

LED照明[編集]

LED照明は2009年5月に出荷開始された。電球型、蛍光灯型、埋め込み式ダウンライト型の3種類がある。

広報活動[編集]

2011年10月よりテレビ・ラジオコマーシャル・新聞広告を展開し、徳光和夫二階堂ふみをキャラクターに起用した。また、徳光が彼の甥でタレントのミッツ・マングローブ(本名・徳光修平)との共演のほか、脇役としては同系列のお笑いコンビ・バイきんぐのCM出演も果たしている。 また、CMソングとして「エコリカちゃんと呼ばれたい」(作詞:福里真一、作曲:キダ・タロー、歌:きんた・ミーノ、塩乃華織)が、2016年9月から放送されており、大阪ではFM802、東京ではニッポン放送にて、同社のCMが放送されている。

関連会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BCNランキングより自社集計
  2. ^ 財団法人 日本環境協会 エコマーク事務局 エコリカ リサイクルインクカートリッジ
  3. ^ 製品について・比べて納得!印字比較!!
  4. ^ 製品について・No.1の理由
  5. ^ 株式会社エコリカ、キヤノン株式会社に対する訴訟の提起に関するお知らせ。”. エコリカ (2020年10月27日). 2021年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]