川崎あや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわさき あや
川崎 あや
RED BULL AIR RACE CHIBA 2017-238 (35219637366).jpg
プロフィール
別名義 蒲田あや
愛称 あやちゃん
生年月日 1991年1月3日
現年齢 29歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 O型
公称サイズ(2016年[1]時点)
身長 / 体重 167 cm / kg
スリーサイズ 80 - 52 - 88 cm
靴のサイズ 23.5 cm
活動
ジャンル ファッションモデル
モデル内容 水着、一般
他の活動 タレントレースクイーン
事務所 01familia
その他の記録
ミスFLASH2016
モデル: テンプレート - カテゴリ

川崎 あや(かわさき あや、1991年1月3日 - )は、日本の元ファッションモデル、元タレント、元レースクイーン

神奈川県出身[2]01familiaに所属していた[3][4]

略歴[編集]

2014年3月、「SUPER GT2014ランボルギーニのレースクイーンに選ばれる[5]。同年8月、「汐留グラビア甲子園2014」[6]出場(ファイナリスト)。

2015年3月、「SUPER GT2015」でアウディのレースクイーンとして「クリスタルクロコクイーン」を務める[2][7]。同年7月、DVD『はにかみ天使』がAmazon女性アイドルの売れ筋ランキングで1位[8]、『川崎あや GIRL A』 (Kindle版、2015年7月発売)がAmazon売れ筋ランキングKindle本:タレント写真集で1位となった。9月にはミスFLASH2016候補生にエントリー。「高身長に素晴らしいクビレと美脚」というレースクイーン然としたスタイル[9]と「きわどい水着のギャップ」で活躍。東京スポーツ「プロが選ぶアイドルDVD賞2015」のウエスト賞を受賞[10]した。

2016年1月11日、『FLASH』(光文社)本誌およびミスFLASH2016公式サイトにて第10回ミスFLASH2016グランプリ受賞が発表された[11][注 1]

同年4月28日、女性お笑いコンビのうみのいえとともにMCを務めるウェブ番組『『育ドル◆◆』〜中野坂上の陣〜』がAbemaTVにて放送開始。川崎にとって初のレギュラー番組がMC役となった[12][13]

2017年4月には『週刊プレイボーイ』(集英社)の選ぶ「グラドルくびれ番付・西横綱」に選出された[14]

2018年11月発売、『ヤングジャンプ増刊号ヤングジャンプGOLD』(集英社)では同じ01familia所属の6名(川崎あや、アンジェラ芽衣十味青山ひかる黒木ひかり、月野もも)で「YJ DREAM GiRLS」を結成し掲載[15]。2019年5月からの一時休業を発表[16]

2019年7月25日発売の『週刊ヤングジャンプ』34号で、2020年3月に芸能界を引退することを発表[17]

2020年1月23日、引退記念写真集『ジャパニーズ グラビア』[注 2](集英社)を発売し[18]、同年3月14日に行われた引退式をもって芸能界を引退した[19]

人物[編集]

  • 「お嬢様」として育ち[20]、兄と弟がいる[21]。大学で建築学を学んでいたため一時は建築関係の父の会社で働いた[22]が、引きこもりがちだった生活が悪化したため、一念発起でレースクイーンに応募した[20]左利きだが字を書くときは右で書くときもある。
  • 趣味はアニメ鑑賞と物作り[23]。1stDVDでは紙粘土での花束制作を披露している[24]。学生時代は陰気で、女子トイレの個室でご飯を食べるほど友達がいなかった[25]
  • 自身が語る長所は「おっとりしていて、あまり怒ったりしないので、いつも笑っているねと言われるところ」。
  • 名探偵コナン』の大ファンであり、「高校生のころから家に帰ってコナン。どこにも行かないでコナン。一日中BGM代わりにずっとコナンを流してます」と言う[26]
  • 特技は『名探偵コナン』についてずっと語れること、ウサギの顔マネ[2]
  • インドアすぎて「友人がいない」とも語っている[27]。自宅にはコナンのグッズなども大量にコレクションされている[28]
  • あまりにも自分の家柄と周囲の状況が違い過ぎていたことから、自分の家を「神界」、外の世界を「下界」と呼んでいた[25]
  • 2018年現在、同じ事務所にグラビアアイドルのアンジェラ芽衣が所属しているが、彼女を事務所に紹介したのは川崎である[29]。事務所メンバーを「日本一根暗なアベンジャーズ」と例え、普段闘う場所は別でもチームとして強くなることを目標としている[30]
  • 同じ事務所かつミスFLASHの後輩である藤田いろはが尊敬しており、2020年1月に藤田がミスFLASH2020でグランプリを受賞した際、「あやさんの引退まであと2か月しかないけど、あやさんとのコラボ写真集を出したいです」とコメント。それを受けて2020年3月10日発売のFLASHで自身が表紙と巻頭を務め、その中で藤田との対談とコラボグラビアを実現させた[31]
  • 世間的には『ミスFLASH2016』が頂点と捉えられがちだが、当人の気持ちの中ではオーディション中は全員が敵に見えたこと、受賞後も仕事が増えなかったことを例に挙げ「(オーディションの前後が)人生で一番つらい時期でしたね。」と述べている[32]。その後のヤングジャンプへの写真掲載で、センターグラビア、巻頭、巻末と続き、それでも表紙になれず、ファンが表紙掲載への後押しをくれた際がグラビア活動で最も手ごたえを感じた時点[32]で、同誌の表紙が決まった際には涙を流したという[32]
  • 引退後は、今まで体系維持のために我慢をしていたので、我慢をやめて太るのを気にせず、暴飲暴食をしたいと語っている。

作品[編集]

DVD[編集]

  • いけません、お嬢様!(2015年2月20日、グラビジョン)
  • はにかみ天使(2015年6月19日、竹書房
  • 好きです…。(2015年10月20日、ラインコミュニケーションズ
  • 純愛日記(2016年1月22日、竹書房) ※Blu-rayも発売
  • ミスFLASH2016(2016年4月22日、イーネット・フロンティア
  • ふわあや(2016年7月20日、ラインコミュニケーションズ) ※Blu-rayも発売
  • くびれスト(2016年11月18日、竹書房) ※Blu-rayも発売
  • 愛しのあやカーブ(2017年4月20日、ラインコミュニケーションズ) ※Blu-rayも発売
  • VENUS(2017年7月21日、no brand)
  • beauty(2017年9月22日、no brand)[33][34]
  • VenusFilm Vol.1(2018年12月21日、AiconiQ PICTURES)
  • VenusFilm Complete Box (2018年12月21日、AiconiQ PICTURES)共演:林ゆめ

写真集[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

Vシネマ[編集]

  • 秘密超人サザンクロス(出演: 川崎あや / 桜井奈津、監督: 東村宗介、販売元: ZENピクチャーズ、2017年1月13日発売)

映画[編集]

  • 夏引きの頃 - 立花あすか 役
  • すんドめNew(2017年4月22日、日本出版販売) - 先生 役[36]
  • すんドめNew2(2017年4月24日、日本出版販売) - 先生 役[37]
  • 天使じゃないッ!(2018年4月14日、日本出版販売) - 保健の先生 役[38]
  • 天使じゃないッ!2(2018年4月15日、日本出版販売) - 保健の先生 役[39]

CM[編集]

雑誌[編集]

広告、スチール[編集]

web、アプリ[編集]

  • 「読みガール」 レギュラー
  • 「アイドルスピリット」ゲスト出演
  • 「MERGENCE」リポーター[42]
  • 尻先輩・倉持由香 VRグラドル女子会(2018年5月27日、360Channel)[43]

パチンコ[編集]

  • CRコマコマ倶楽部@エイジセレクト(2018年11月、豊丸産業)Around30 Cast

レースクイーン[編集]

WEB動画[編集]

  • 川崎あや A+(Aircon+、2015年3月発売)HD版ストリーミング
  • 川崎あや A+2(Aircon+、2015年3月発売)HD版ストリーミング

電子書籍[編集]

  • 川崎あや GIRL A [Kindle版](2015年7月)
  • 川崎あや GIRL B [Kindle版](2015年7月)
  • 川崎あや バスルームエンジェル【image.tvデジタル写真集】 [Kindle版](2015年7月)
  • 川崎あや bed time eyes【image.tvデジタル写真集】 [Kindle版](2015年7月)

イベントコンパニオン[編集]

  • HEIWA「麻雀物語3」展示会(2015年1月、横浜・八王子)[46]
  • メルマガ配信のシステム「blayn」(2015年1月、東京ビッグサイト[47]

イベント[編集]

MV[編集]

  • STAR CRUISERS「愛しのソーラーガール」‏(川崎あや編)[25]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ほかに豊田瀬里奈・中野杏。
  2. ^ 週刊ヤングジャンプ創刊40周年記念の一環として。なお、この企画は『制コレ18』から来栖りん(グランプリ。2019年11月発売)と山田南実(準グランプリ。2019年12月発売)、川崎と同じ所属事務所の後輩である十味(2020年2月発売)が写真集を発売している。

出典[編集]

  1. ^ 公式プロフィール”. 01familia. 2016年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c d 矢沢隆則 (2015年5月28日). “2015 SUPER GT「クリスタルクロコ」”. レースクイーン. All About. 2015年8月14日閲覧。
  3. ^ 川崎あや”. 最新RQ図鑑. Qブロ!レースクイーン情報ポータルサイト. 2015年8月14日閲覧。
  4. ^ 肖像権処理などから後述の引退後も事務所に籍を置き、公式サイトでも所属タレントのままとなっている。
  5. ^ 川崎あや (2014年11月22日). “自己紹介”. 川崎あやオフィシャルブログ「はにかみあや」. 2015年8月14日閲覧。
  6. ^ 汐留グラビア甲子園2014 公式サイト
  7. ^ 【サーキット美人2015】SUPER GT 編21『クリスタル クロコ クイーン』”. レスポンス (2015年7月15日). 2015年10月21日閲覧。
  8. ^ 川崎あや (2015年7月5日). “Amazonランキング1位”. 川崎あやオフィシャルブログ「はにかみあや」. 2015年8月14日閲覧。
  9. ^ “絶対黒髪美脚お姉さん、川崎あやの最新イメージDVD発売!”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2015年10月20日). https://girlsnews.tv/dvd/250707 2020年3月14日閲覧。 
  10. ^ 【完全版】今年もやります「プロが選ぶアイドルDVD賞2015」”. 東スポWEB (2015年12月25日). 2015年12月28日閲覧。
  11. ^ ミスFLASH2016 グランプリ発表”. ミスFLASH (2016年1月11日). 2016年1月11日閲覧。
  12. ^ a b “デビュー2ヶ月の新人グループが“生々しい”バトルを展開”. Yomerumo. (2016年4月25日). オリジナルの2016年8月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160809074152/http://news.merumo.ne.jp/article/genre/4420401 2020年3月14日閲覧。 
  13. ^ a b 2016.04.28 | AbemaTV FRESH!にて新番組『育ドル』放送開始!”. 株式会社HIROPRO (2016年4月28日). 2016年5月11日閲覧。
  14. ^ 「くびれ番付」西横綱に川崎あや選出 絶品くびれの実力発揮”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2017年4月10日). 2017年4月17日閲覧。
  15. ^ 増刊ヤングジャンプGOLD Vol.4”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト. 集英社. 2020年3月14日閲覧。
  16. ^ “グラビアアイドル・川崎あや、5月から休業「心身共に休めたくて」SNSも休止”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2132774/full/ 2019年4月7日閲覧。 
  17. ^ “人気グラビアアイドル川崎あや、突然の引退発表 最強メリハリボディで大ブレイク中”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2140847/full/ 2019年7月25日閲覧。 
  18. ^ “川崎あや「さよならの代わりに置いていきます」引退写真集で魅せたセクシーの“向こう側””. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2020年1月25日). https://news.dwango.jp/gravure/45546-2001 2020年1月25日閲覧。 
  19. ^ ““くびれスト”川崎あや、芸能界から完全引退「引退式」で幕引き…明日からは「スーパーニートになります」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年3月14日). https://hochi.news/articles/20200314-OHT1T50126.html 2020年3月14日閲覧。 
  20. ^ a b 講談社「FRIDAY」 2017年7/28号
  21. ^ 川崎あや (2015年1月17日). “マーメイド♡”. 川崎あやオフィシャルブログ「はにかみあや」. 2015年8月14日閲覧。
  22. ^ “今最も勢いのあるグラドル・川崎あやが語ったセルフプロデュース論「毎日24時間"川崎あや"について考えているんです」”. 週プレNEWS (集英社). (2019年2月17日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2019/02/17/108188/ 2020年3月14日閲覧。 
  23. ^ ミスヤングチャンピオン|エントリー| 川崎あや”. 秋田書店. 2015年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月14日閲覧。
  24. ^ 川崎あや 水着の紐を外すシーンが恥ずかしかった!”. GirlsNews (2015年3月8日). 2015年10月21日閲覧。
  25. ^ a b c “グラビアファンがイチ推しする新女王、“くびれスト”川崎あやちゃんの暗すぎる過去とは…”. 週プレNEWS (集英社). (2016年12月19日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2016/12/19/77020/ 2020年3月14日閲覧。 
  26. ^ 川崎あや「ミスFLASH」当確!? 盛大な祝勝会を約束”. 東スポWEB (2015年11月3日). 2015年11月4日閲覧。
  27. ^ ウエスト54センチのクビレ美人・川崎あや、「『ミスFLASH2016』のおかげで人間に戻れました」”. デ☆ビューニュース (2016年1月13日). 2016年5月11日閲覧。
  28. ^ “グラビア界のクビレスト・川崎あやが、生活すべて“名探偵コナン尽くし”な好きすぎる事情を告白”. 週プレNEWS (集英社). (2017年7月9日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2017/07/09/87569/ 2020年3月14日閲覧。 
  29. ^ “<アンジェラ芽衣プロフィール>リア・ディゾン超えの“黒船再来”!「週プレ」表紙で話題、正体は関東一かわいい女子高生?”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年6月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1696358 2020年3月14日閲覧。 
  30. ^ ““くびれスト”川崎あや「2019年はグラビア一本で!」<01familia10人の新年(1)>”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年1月5日). https://thetv.jp/news/detail/173768/ 2020年3月14日閲覧。 
  31. ^ 光文社「FLASH」2020年3月24日号13頁
  32. ^ a b c 光文社「FLASH」2020年3月24日号33頁
  33. ^ えっ、これでラスト!?神レベルのくびれでグラビア快進撃の川崎あや”. ASCII.jp (2017年10月17日). 2018年1月3日閲覧。
  34. ^ 川崎あや、DVDは一休み「10枚出して満足しちゃった」”. SANSPO.COM(サンスポ) (2017年10月24日). 2018年1月3日閲覧。
  35. ^ 絶対!知るべきすちゃん ~今知るべき10のエンタメ~”. テレビ東京 (2015年6月6日). 2016年5月11日閲覧。
  36. ^ すんドめNew : 作品情報”. 映画.com. 2018年11月11日閲覧。
  37. ^ すんドめNew2 : 作品情報”. 映画.com. 2018年11月11日閲覧。
  38. ^ 天使じゃないッ! : 作品情報”. 映画.com. 2018年11月11日閲覧。
  39. ^ 天使じゃないッ!2 : 作品情報”. 映画.com. 2018年11月11日閲覧。
  40. ^ 川崎あや、一糸まとわぬセミヌード披露でファン興奮! 来年の大飛躍に期待の声”. メンズサイゾー (2016年12月22日). 2016年12月23日閲覧。
  41. ^ 川崎あや:“10頭身”アンジェラ芽衣、“平成最後の奇跡の原石”十味と「ヤンジャン」表紙に”. MANTANWEB (2018年11月29日). 2018年11月30日閲覧。
  42. ^ 川崎あや (2014年11月25日). “加藤夏希さんインタビュー”. 川崎あやオフィシャルブログ「はにかみあや」. 2015年8月14日閲覧。
  43. ^ “VR生配信!人気グラドルとお色気満載セクシーバラエティ” (プレスリリース), 株式会社360Channel, (2018年5月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000120.000020337.html 2020年3月14日閲覧。 
  44. ^ RACE QUEEN 2017 Pacific Fairies”. PACIFIC RACING TEAM. 2017年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月14日閲覧。
  45. ^ ”AIR RACE QUEENS 2017 by ROBERUTA”今年も「レッドブル・エアレース千葉」を盛り上げる空のレースクイーン結成!”. レッドブル・エアレース千葉2017 オフィシャルチケットサイト. 2017年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月14日閲覧。
  46. ^ 川崎あや (2015年1月22日). “展示会”. 川崎あやオフィシャルブログ「はにかみあや」. 2015年8月14日閲覧。
  47. ^ 川崎あや (2015年1月28日). “東京ビッグサイト”. 川崎あやオフィシャルブログ「はにかみあや」. 2015年8月14日閲覧。
  48. ^ 川崎あや (2016年2月9日). “キセキノ。 OFFICIAL WEB SITE”. キセキノ。 OFFICIAL WEB SITE. 2016年2月9日閲覧。[リンク切れ]
  49. ^ kawasaki__ayaの2018年2月1日のツイート2018年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]