プリント倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナムコ「花鳥風月3」

プリント倶楽部(プリントくらぶ)は、自分の顔や姿をカメラで撮影して、シール印刷された写真を得る機械の商品名である。厳密に『プリント倶楽部』とはアトラスのブランドで1995年7月に発売したものを指す。同様の機能を持つ他社製品も含めて俗に「プリクラ」と呼ばれる。

現在、プリント倶楽部(第3367498号ほか)およびプリクラ(第4128271号ほか)はアトラスの親会社(セガゲームス)の親会社であるセガホールディングス登録商標となっているため、「プリントシール機」「写真シール機」などの呼称が適切である。本項目では類似製品も含めて解説する。

概要[編集]

タッチ画面

『プリント倶楽部』は1995年7月に発売され、当初はアミューズメントパークを中心に設置された。その後各社から同様の機械が発売され、機械内部に記録されている有名人などと一緒になった撮影ができたり、ペンタブレットを搭載し自由に落書きをしたり、フレーム、スタンプなどの模様を入れたりなど遊びの要素を加えられ、女子中高生や若い女性を中心に2000年頃に大きなブームとなった。

プリント倶楽部と名前が付くシリーズには、プリント倶楽部、プリント倶楽部2、スーパープリクラ21の3種がある。初代プリクラはシステムC2、2代目はST-V(以上セガ)と、アーケードゲーム用のシステム基板が使用されていた。またSNKの『ネオプリント』では、カスタマイズされたMVS基板が使用されている。

スーパープリクラ21以降、他社製のプリントシール機は、PC/AT互換機が筐体に内蔵され、OSWindowsなどで動作していることが多い。撮影デバイスには、監視カメラなどに使用されるCCDカメラが多く使われていたが、2010年以降に登場したものには、ほぼ全ての機種で市販のデジタル一眼レフカメラが使用されている。写真を印刷するプリンタは、業務用の昇華型カラープリンタが使用される(三菱電機製とシンフォニアテクノロジー製が大半を占める)。このように、現在では撮影と印刷に使われる機器はプリントシール機メーカー各社間でほぼ差は無いため、撮影ブースの設計や撮影後の画像処理、ユーザーインタフェース、印画紙の質感や色味などを製品コンセプトに合わせて調整することで、製品ごとの独自性を出している。

また、近年の筐体には3Gによる通信機能が搭載されており、ソフトウェアのアップデート(大規模なものはDVDで提供される)や各種プロモーションの更新のほか、撮影した画像をプリントシール機メーカーが管理するサーバに送り、会員制サービスを通じてユーザーに提供している。以前は、印刷トラブルに備えて撮影データを過去数回分蓄積してテストモードから再プリントすることができる機種もあったが、この機能を悪用される例があったことや、個人情報保護の意識の高まりがあり、2015年現在の主力機種では印刷が完了した撮影データの閲覧や再プリントはできないようになっている。(印刷完了前のデータは保持しているため、マシントラブルの場合は電源断から復帰することで処理を続行できる)


歴史[編集]

1995年にプリント倶楽部が発売され、1999年頃に第一次ブームのピークを迎える。過熱したブームは2年ほどで収縮し、街中至る所に設置されたプリクラ機もその数を急激に減らしていった。

トーワジャパン製の「ストリートスナップ」による全身を写せるほどの広範囲化を果たした。トーワジャパンは1999年に破産したものの、「ストリートスナップ」の部品・消耗品供給は日立ソフトが行い、またノウハウを吸収した。日立ソフトはその実質的後継機と言える「劇的美写」を発売。その登場をきっかけに、免許証用証明写真にも使えるほどの高画質化、プリクラ機で撮影した写真を直接雑誌に投稿できたりオーディションに応募できたりといったネットワークの活用、などの多機能・高性能化が進んだ。

アトラスはスーパープリクラ21の在庫を大量に抱えていたため出遅れ、他社に先を越される結果となってしまった。「プリクラ」はアトラス以外のメーカーが大きなシェアを占め、2009年2月、アトラスはプリクラを含む業務用ゲーム事業から撤退することを発表。開発コストの上昇などから採算性が悪化している上、アミューズメント業界の苦戦と消費低迷の影響から機器の受注が大幅に減っていた。2008年7月期の同事業売上高は53億8400万円、営業利益は5900万円。売上高はピークの約6分の1に落ち込み、ここ数年は利益がほとんど出ていなかった。2009年7月期の同事業は営業赤字は避けられない見通しで、再建と成長可能性を検討した結果、「同事業が今後黒字転換し、収益を確保できる可能性は乏しいとの判断に至った」として撤退を決め、残ったアミューズメントマシン事業自体も、2013年12月に親会社であるセガ(後のセガ・インタラクティブ)へ吸収された。

他社の機種では、赤外線通信で携帯電話に撮影した画像を送れるほか、肌と髪の色をバランスよく調整し、目だけを大きく写すなど機能が開発されている。商品サイクルは大人をターゲットにしている商品よりもはるかに短い。新機種開発には6カ月かかることもある中で、3カ月サイクルで新機種を発売するケースもある。こうした状況の中で流行として廃れずに10年以上にわたりロングセラーを続けている背景には、消費者ニーズの把握、高性能化の追求や新機能の追加といったメーカー側の不断の努力がある。

業界シェア4割を持つフリューでは、小型機「arinco」をテレビ局・映画館・観光地向けにも販売している。小中高生や、かつてプリクラにはまった30代を次のターゲットとして取り込もうとする動きもある[1]

日本アミューズメントマシン工業協会調べによれば、設置台数は2010年時点で15053台。2002年の36546台をピークに年々減っている。

日本国外への進出の歴史[編集]

アトラスはプリクラを2003年中国へ進出させることを発表。米国をはじめとする日本国外の市場へ展開し、今回そのノウハウを生かして中国のプリクラ市場を開拓に本格的に取り組んでいくことを目指していた。パイロット店舗「PIKAPIKA」を上海の徐家匯にオープン。5月下旬には天津にて、アトラス電子有限公司の稼動を開始。同社は、今後の黒字化の目途が立たず、経営改善の見込みがないことから、事業の継続を断念し2006年に解散した。

シンガポールにも、東南アジアでの業務用ゲーム機器販売とシンガポールでのプリクラ店舗運営を手がける子会社アトラス・エンターテイメントを設立したが、2008年5月に解散。シンガポールのプリクラ店舗の収益が悪化、ゲーム機器販売も伸び悩みアトラス・エンターテイメントの2007年6月期決算は売上高1億4800万円、最終赤字700万円だった。

その他[編集]

  • 類似品としては、以下のものが挙げられる。
    • 古くから街頭や鉄道駅構内などに設置され、免許などの証明写真として使用できる自動撮影機(撮影・数分間で現像・焼付けが行われて写真が出来上がる)や、観光地などで風景を取り込んだスナップ写真を撮影できる写真機があった。
    • 携帯で撮影した写真をシールにする自販機があるが、撮影をしない点でプリクラとは全くの別物である。また、プリント倶楽部2など、撮影もできデジタルカメラで撮影した画像のプリントアウトも可能な機種も存在する。
  • ほとんどの商品が出荷時設定で1回400円としている。アミューズメント施設の店員の操作により「○時から300円」など価格を変えることは可能。
  • 女性客のみで利用することが多いというプリクラ機の性質上、男性によるナンパなどの迷惑行為や、盗撮をはじめとする犯罪行為が多発したため、現在ではプリクラ機が置いてある区域を「女性客を同伴していない男性客を立ち入り禁止」とする措置を執っているアミューズメントパーク(当該店舗で付随するコスチュームレンタルサービスも利用できない)も多い。この場合、純粋にプリクラ機を利用したい男性客も排除することになる。
  • 女子学生の間では、目が大きく写るなど、詐欺のように綺麗に撮れるプリクラが「サギプリ」と呼ばれ、プリクラをはる手帳が「プリ帳」と呼ばれている。

プリクラ写真の集め方[編集]

1990年代半ばまでに成立していた、レンズ付きフィルム(使い切りカメラ)による写真を介して楽しむ相互行為が確立していた(アイコニック・コミュニケーション)。そこにプリクラが登場したことにより、わずか数百円で複数枚を写真シールとして作成、交換、共有が可能になり、具体的には友達と一緒に撮ったプリクラを手帳に貼る、その利便性が高まった。その繋がりは、直接の仲間以外の仲間の仲間まで及び、友人ネットワークの誇示を、写真シールという仲間内に流通しやすいアイコンとして、インスタントかつポータブルに視覚化した[2]。手帳は「プリクラ手帳」略してプリ帳と呼ばれ、多数のプリクラ写真で埋め尽くされるものも少なくない。印刷されるシール以外に、画像を携帯電話でも取得できるものが主流。取得方法としてはプリントシール機本体にメールアドレスに入力して携帯電話で画像をダウンロードするか、赤外線通信により送る[1]方法がある。撮影した1枚のみ無料で取得、あとは有料コンテンツでダウンロードできる機種もあれば、全画像を赤外線で取得できる機種もあるが、2015年現在では直接画像を取得できる機種は製造されていないため、各社との会員契約(月額300円程)をしないと全ての画像を取得することはできない。近年ではスマートフォンの普及に伴い、会員サービスと連動して撮影した画像の管理を行う専用アプリを各社が提供している。ユーザーの中には「シールは不要で画像だけ欲しい」という者もおり、実際に「シールが出ない分割安で画像だけ撮れる」機種(バンダイナムコゲームス「プラチナバランス」シリーズ)も存在した。


大半のプリクラは、画像受信用のメールアドレス日本の大手キャリアメールにしか対応していない。その為、キャリアと契約していないMVNOユーザーや外国人旅行者は、撮ったプリクラを携帯に送信できない問題がある。画像取得の会員契約を結ぶ際にも、支払いは各キャリアを通じて通話料とまとめて徴収される方法以外を選択できないことが多い。

主なメーカーとタイトル[編集]

2012年10月現在

  • アトラス「リラックマ いっしょにしょっと」「ミッキーのプリクラスタジオ2」「Hi! CHEESE」
  • フリュー「LADY BY TOKYO」「美顔ラボ」「美人」「姫と小悪魔」「鏡の魔法」「オトメの楽園」「Miss DoLL」「クイーンオヴピンク」「姫流」
  • メイクソフトウェア「美女カクテル」「美女コスメ」「ネコとヒョウ」「CUBE」「美人になりましょう。」「あ、綺麗」「咲Rin花」「恋友」「ミン僕Best」
  • アイ・エム・エス「プリマドンナ」「美'sCOLLECTION」「I Luv Hime」「極上FACE」「恋に効く魔法」「パーティガール」
  • バンダイナムコゲームス「シュガリー」「アイミク」「Jewella Eye ジュエラ・アイ」「瞳の魅力」
  • 辰巳電子工業「ビアドーロ」「コールミークイーン」「WE LOVE CUTE」「美の条件」「R&B リッチ&ビューティ」「女神のレシピ」「恋のつぼみ」
  • コッカシステムズ「COPURI」

脚注[編集]

  1. ^ a b 西川留美「「デカ目」「超高画質」に長蛇の列!進化するプリクラ業界の底力」『週刊ダイヤモンドオンライン』2008年08月20日付配信
  2. ^ 『社会学』栗田宣義p166-167
[ヘルプ]

関連項目[編集]