矢崎希菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やざききな
矢崎希菜
プロフィール
生年月日 2001年3月24日
現年齢 17歳
出身地 日本の旗 日本
東京都
血液型 A型
公称サイズ(2018年時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
靴のサイズ 24.5 cm
活動
ジャンル 広告
モデル内容 一般
他の活動 女優タレント
事務所 サンズエンタテインメント
モデル: テンプレート - カテゴリ

矢崎 希菜(やざき きな、2001年3月24日 - )は、日本のモデル女優タレント。血液型はA型。東京都出身。サンズエンタテインメント所属。

経歴[編集]

中学3年生のとき、地元の夏祭りでスカウトされ芸能界入り[1]。透明感あるルックスが話題となり多くの企業広告、映画に出演。

2019年1月、映画「神の発明。悪魔の発明。」で初主演を務める。

2019年公開映画「色の街」のヒロインに抜擢。小手伸也黒澤優介らと共演する[2]

人物[編集]

  • 趣味:阿波踊りモダンバレエバスケットボール(中学のバスケ部でキャプテン[3])、写真(高校では写真部[4])。
  • 特技:阿波踊り、ものまね[1]
  • 尊敬する人:土屋太鳳杉咲花[5]川口春奈[6]
  • 好きな本:東野圭吾湊かなえ等のミステリー[4]
  • 好きな食べ物:焼肉(特に上ミノとタン)、炙りレバ刺し[5]
  • 嫌いな食べ物:パクチー、セロリ[5]
  • 好きな教科:体育[7]
  • 苦手な教科:数学、英語、理科、社会[7]
  • 中学3年の時、近所の商店街の夏祭りでスカウトされる[3]
  • 声は低めのハスキーヴォイス[8]。自分にキャッチコピーをつけて曰く「声で見つかる16歳」[5]
  • 11年続けている特技の阿波踊りを2017年8月に出演した『ワイドナショー』(フジテレビ)で披露して注目される[9]
  • モダンバレエは10年くらいやっているが、自分では下手くそだと思っているので、特技と書いて「すごい踊れると思われるのが怖い」[10]
  • 少女マンガが大好きで、実写化した映画やドラマに出るのが念願[8]
  • 朝ドラヒロインが夢[11]

出演[編集]

CM[編集]

広告[編集]

イベント[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

啓発プロモーションビデオ[編集]

  • あなたがいやなら断ることができます(2017年8月8日、ヒューマンライツ・ナウ)[25]

舞台[編集]

  • 劇団カラスカ4121公演『シッソウノオト』(2016年8月) - 倉田繭子 役[26][27]

雑誌[編集]

デジタル写真集[編集]

  • PROTO STAR 矢崎希菜 vol.1(2017年11月10日、JUPIMAR)ASIN B0771GS8Q5
  • PROTO STAR 矢崎希菜 vol.2(2018年2月9日、JUPIMAR)ASIN B079GVWYSS

WEBサイト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “女優・矢崎希菜の“武器”は阿波踊りとモノマネ?”. ananニュース (マガジンハウス). (2017年11月6日). http://ananweb.jp/news/139387/ 2018年3月8日閲覧。 
  2. ^ a b 映画「色の街」 オフィシャルサイト【黒澤優介・矢崎希菜・小手伸也出演】” (英語). 映画「色の街」 オフィシャルサイト【黒澤優介・矢崎希菜・小手伸也出演】. 2019年2月10日閲覧。
  3. ^ a b 矢崎希菜 #1 十六歳・JK モデル&女優”. keitahaginiwa|株式会社 萩庭桂太 写真事務所 (2017年7月31日). 2018年3月8日閲覧。
  4. ^ a b ModelTalks「矢崎希菜」vol.2”. zoomic.jp 魚住誠一オフィシャルWEBサイト. 2018年3月8日閲覧。
  5. ^ a b c d “【注目の人物】7社の広告に出演中 透明感抜群の16歳・矢崎希菜、ブレイク候補として台頭”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年12月26日). https://mdpr.jp/interview/detail/1736751 2018年3月8日閲覧。 
  6. ^ “【矢崎希菜】元祖巨乳グラビア事務所の次世代女優は、16歳の清楚系JK”. サイゾーpremium (株式会社サイゾー). (2018年1月17日). http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2018/01/post_8125/ 2018年3月8日閲覧。 
  7. ^ a b c 「次世代の女優」現役女子高生3人組のリアル…SNOWは使う?運動部がタイプ?”. CYCLE. イード (2017年7月21日). 2018年3月8日閲覧。
  8. ^ a b 矢崎希菜 #4 ハスキーヴォイス”. keitahaginiwa|株式会社 萩庭桂太 写真事務所 (2017年8月3日). 2018年3月8日閲覧。
  9. ^ “16歳・矢崎希菜、目標は杉咲花「朝ドラに出たいです」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年12月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171205/geo17120505040004-n1.html 2018年3月8日閲覧。 
  10. ^ 矢崎希菜 #3 うどんとひな鳥”. keitahaginiwa|株式会社 萩庭桂太 写真事務所 (2017年8月2日). 2018年3月8日閲覧。
  11. ^ 矢崎希菜 #5 いつか、朝ドラ!”. keitahaginiwa|株式会社 萩庭桂太 写真事務所 (2017年8月4日). 2018年3月8日閲覧。
  12. ^ 日本コカ・コーラ アクエリアス「渇き・冬」篇 矢崎希菜”. CM Watch (2017年12月8日). 2018年3月8日閲覧。
  13. ^ ““次世代女優”中尾萌那さん、矢崎希菜さん、毛利愛美さんが出演 丸美屋「混ぜ込みわかめ」新テレビCM放送開始のご案内” (プレスリリース), 丸美屋食品工業, (2017年7月20日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000009776.html 2018年3月8日閲覧。 
  14. ^ “CM、ワイドナ女子高生で注目 次世代女優・矢崎希菜、16歳”. Deview-デビュー (oricon ME). (2017年10月13日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2098905 2018年3月8日閲覧。 
  15. ^ 2017年度支援キャンペーン:満点の答案用紙”. ACジャパン. 2018年3月8日閲覧。
  16. ^ 人生が動くとき、私たちも動く”. あなぶきグループ. 2018年3月8日閲覧。
  17. ^ 鈴木未羽・矢崎希菜・星乃明日美の3人が出演するショートムービーが公開!”. 総合エンタメONLINE (2017年6月16日). 2018年3月8日閲覧。
  18. ^ コンセプトムービー”. NTT DOCOMO FOR STUDENTS. NTTドコモ. 2018年3月8日閲覧。
  19. ^ 矢崎希菜 #2 ロケ弁パラダイス”. keitahaginiwa|株式会社 萩庭桂太 写真事務所 (2017年8月1日). 2018年3月8日閲覧。
  20. ^ 写真家・青山裕企のガールズフォト・ナイト!in 東京”. LOFT PROJECT SCHEDULE. 2018年3月8日閲覧。
  21. ^ 堀江貴文が本人役で登場!中学時代の実体験を明かす「僕にしてはいい話です」(AbemaTV)”. AbemaTIMES (2018年3月5日). 2018年3月8日閲覧。
  22. ^ ““ネクストブレーク美少女”矢崎希菜「お風呂のシーンはドキドキ、ハラハラ」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年3月5日). https://thetv.jp/news/detail/139392/ 2018年3月8日閲覧。 
  23. ^ “赤い公園が新曲「闇夜に提灯」MVと新ビジュアルを公開 さらに4月、6月のリリース予定も明らかに”. SPICE (株式会社イープラス). (2017年1月5日). https://spice.eplus.jp/articles/97205 2018年3月8日閲覧。 
  24. ^ “SHISHAMO、武道館ワンマンBlu-rayにショートフィルムの完全版も”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年7月10日). https://www.barks.jp/news/?id=1000144413 2018年3月8日閲覧。 
  25. ^ AV出演強要被害にあわないための啓発プロモーションビデオ ◇◇「あなたがいやなら断ることができます」◇◇ が完成、公開します。”. ヒューマンライツ・ナウ (2017年8月8日). 2018年3月8日閲覧。
  26. ^ シッソウノオト”. 4121. 2018年3月8日閲覧。
  27. ^ 失踪ノート稽古場ブログ☆矢崎希菜わ”. カラスカ日記. サイバーエージェント (2016年7月17日). 2018年3月8日閲覧。
  28. ^ フォトテクニックデジタル2017年1月号”. 玄光社. 2018年3月8日閲覧。
  29. ^ デジタルカメラマガジン 2017年6月号”. インプレスブックス. 2018年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]