遠藤三貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
えんどう みつき
遠藤 三貴
プロフィール
愛称 みっちゃん
生年月日 1992年11月21日
現年齢 28歳
出身地 日本の旗 日本大分県
血液型 B型
公称サイズ(2018年12月[要出典]時点)
身長/体重 160 cm / 42.8 kg
BMI 16.7
スリーサイズ 78 - 58 - 83 cm
備考 キバ(八重歯)とお尻がトレードマーク
活動
デビュー 仮面ライダーGIRLS 3rdシングル「咲いて
ジャンル 女優歌手グラビアアイドル
所属グループ 仮面ライダーGIRLS(2011年 - 2017年)
ベイビーポッパー(2020年)
活動期間 2011年11月 -
事務所 ワタナベエンターテインメント( - 2017年)
De-LIGHT(2020年 - )
レーベル avex entertainment(2012年 - 2014年)
avex trax(2014年 - 2017年)
アイドル: テンプレート - カテゴリ

遠藤 三貴(えんどう みつき、1992年11月21日[1] - )は、日本女優歌手仮面ライダーGIRLSの元メンバー。De-LIGHT所属(業務提携)。

略歴[編集]

大分県立大分商業高等学校卒業。ワタナベエンターテインメントカレッジを経て、ワタナベエンターテインメントに所属。

2011年11月仮面ライダー公式ガールズユニット「仮面ライダーGIRLS」にフォーゼ担当の新メンバーとして加入[2]2017年3月、もともとの夢であった女優業に軸足を置くため[3]、仮面ライダーGIRLSを卒業。同年5月3日、4人体制初のワンマンライブとなる『7thワンマンライブ~GAME START~』第二部にて一夜限りの復帰を果たし、完全卒業となる卒業式を行った[4]。グループ卒業とともに事務所との契約も終了、退所している。

2018年、約1年の休止期間を経て、舞台『破格ノ七人II』で復帰して以降、舞台女優、ラジオやバラエティイベントへの出演や、生誕祭など、ファンとの交流の場も積極的に設けている。復帰までの間は演技とアクションの稽古に励んでいた。

2020年6月25日より配信サイト『17 Live』にて、永井佑一郎プロデュースのイチナナアイドル「ベイビーポッパー」のリーダーを務める。同年7月1日、De-LIGHTの業務提携となった[5]。同年7月21日、ベイビーポッパーを脱退。

人物[編集]

名前の「三貴(みつき)」の由来は、ディズニーミッキーマウスの様に人気者になってほしいという両親の願いによるもの。

以前は呼ばれ方にこだわりが無かったため、苗字に因んで「エンドレ」や「えんどぅ」、それを略した「どぅー」など、様々な呼び名が存在していたが2018年の復帰後、同年10月に始めた動画配信アプリ・17LIVEでは、自己紹介で「みっちゃん」と呼ばれることを広めている。遠藤三貴を応援してくれるファン達の通称は「みっちゃー」。

食べ物は辛い物を好むが、カレーだけは甘口。飲み物はコーラお茶から、芋焼酎日本酒ビールなどを好み、最近[いつ?]よく飲むお酒はビールからの氷結レモンとのこと。芋焼酎の銘柄は佐藤黒、好きな日本酒の銘柄は獺祭である。

好きなアーティストはミオヤマザキあいみょん阿部真央

好きな舞台や好きなジャンルはコメディー

好きなアニメは『コードギアス 反逆のルルーシュ[6]、『中二病でも恋がしたい!』。

愛用している香水はサルヴァトーレ・フェラガモ「インカントチャーム EDT」等。

学生時代はバスケットボール部のキャプテンを務めた。ポジションはシューティングガード。ベストプレーヤー賞歴がある[7]。学生時代一番の思い出は、10年間続けたバスケのキツイ練習、嬉しかったり悔しかったりした試合。本人曰く、高校生の時は女子にモテまくっていたらしい。

金髪、黒髪のロングヘア、ショートカットと仮面ライダーGIRLSとしての活動中は最も髪型が変わった。仮面ライダーGIRLSとして活動していた時に印象的だったのは生のライブでの熱量であり、嬉しかった事は全ての貴重な出会いであると、ファンへのリプライにて応えている。もともと女優志望であり、仮面ライダーGIRLSも短期間の所属予定だったが、あまりに楽しかったため約6年在籍。

仮面ライダードライブ』で演じた「山吹沙月」の役名は自ら付けたものであり、山吹の部分は山吹色=オレンジ色が好きなことから、名前の沙月の部分は「沙」はお姉さんの名前から一文字と、愛するフォーゼを連想する「月」からが由来である。『仮面ライダーフォーゼ』で好きな話は最終話。

最近(2019年3月〜4月時点)で試練だと感じた事は、舞台『リリアン』での一人芝居、セリフ量と役の難易度。

両親の影響でプロレス観戦が好きで、選手を目指したこともある。

スキューバダイビングのライセンスを2015年に取得している。

アニメ・ゲームなどの若者らしい曲から「なごり雪」「つぐない」「津軽海峡冬景色」などの昭和歌謡や演歌までを趣味で幅広く歌うことがある。

夢は1000〜1500キャパのステージに生きることである。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ウェブ番組[編集]

  • ぶるぺん(2013年 - 2017年3月、UstreamGYAO!) - 背番号3・初代アシスタント
  • 新・美しい人に怒られたいWEB(2016年、テレビ東京play)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • SECOND・N PRODUCE vol.5「畳屋バラッド」(2014年2月25日 - 3月2日、千本桜ホール) - 千草 役 ※井上寛子とのWキャスト
  • 大人のカフェ 第5回単独公演「カフェ店員は2度ベルを鳴らす(一度目)」(2014年11月27日 - 30日、シアターモリエール) - ヒロイン
  • DMM.yell presents「熱いぞ、猫ヶ谷!」(2016年3月16日 - 20日、品川プリンスホテルクラブeX) - 日向歩智子(ポチ) 役[10][注 1]
  • キッズ・ミュージカル「ワンサくん」-祭りにいくぞ!大脱走!-(2016年8月18日 - 28日、シアタートラム) - 語り部 役
  • フィールズ新機種発表会「ROAD TO ULTRA」パチンコイベント「GANTZ」ステージパフォーマンス(2016年) - 山咲杏 役
  • ベニバラ兎団 本公演vol.24~Extra Special Stage~Episode2「破格ノ七人II」(2018年7月19日 - 22日、中野テアトルBONBON) - 龍麗(ロンレイ) 役
  • 劇団ノーティーボーイズ Presents ノーティーガールズ 1st.Act「Naked Girls -裸の女達-」(2018年10月2日 - 7日、築地本願寺ブディストホール) - 亜梨沙 役
  • SECOND・N PRODUCE vol.26「騙っちゅーの!」(2019年2月19日 - 24日、中野テアトルBONBON) - 高橋誠子(直美) 役
  • アリスインプロジェクト「アイガク2019」(2019年3月19日 - 27日、池袋・シアターKASSAI) - 水無雫 役[11]
  • ベニバラ兎団 Selection Theater -Extra Edition-「リリアン」(2019年5月2日 - 4日・24日 - 26日、四谷天窓)※飯田南織とのW主演
    • 一人芝居「おとなりさん」
    • 二人芝居「同窓会」 - 教師 役
    • 三人芝居「リリアン」 - リリアン、読み手 役
  • ILLUMINUS「LUMINABELLA PROGRAM」(2019年6月1日 - 9日、コフレリオ新宿シアター) - ハルカ 役[12]
  • Uzume「彼異なるイサン」(2019年7月10日 - 14日、中野・テアトルBONBON) - 柏木みき 役[13]
  • ぱすてるからっと「イモーラル・ディテクティブ[14]」風チーム(2019年8月15日 - 18日、池袋・シアターグリーンBIG TREE THEATER) - 主演・芋田猫美 役
  • WISE OWL HOSTELS TOKYO「PLAY JOURNEY アジア編」(2019年9月23日・24日・30日、八丁堀・WISE OWL HOSTELS TOKYO)
  • 劇団ノーティーボーイズ「ぼんじり」(2019年10月8日 - 13日、築地・ブティストホール) - 流香 役[15]
  • ILLUMINUS「LUMINABELLA PROGRAM vol.2」(2019年11月20日 - 22日、コフレリオ新宿シアター) - 日替わりゲスト
  • JPR BUFF「Wells-魔女と夜明けの星-」(2019年12月21日 - 29日、新宿村LIVE) - クリスティ 役
  • Uzume「青月の影、忘るる雷雲の中に」(2020年2月19日 - 23日、コフレリオ新宿シアター) - 叶野光 役[16]
  • トキエンタテイメント×ステイラック「それぞれの為[17]」(2020年10月21日 - 25日、渋谷・CBGKシブゲキ!!
  • ピウス企画「オールドメイド」(2020年11月26日 - 12月6日、中野・ザ・ポケット) - 中垣玖美 役[18]

吹き替え[編集]

アニメ[編集]

  • ポロロ 雪の妖精村大冒険(2019年11月25日) - ルーピー 役[19]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • DMM競輪(2016年、DMM

ウェブモデル[編集]

作品[編集]

イメージビデオ[編集]

  • あざとかわいい~プロローグ~(2015年5月22日、リバプール[20]
  • あざとかわいい~ラブライフ~(2015年10月23日、リバプール)[21]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 公演期間中に「猫ヶ谷フェスティバル」と題して実施した投票の結果、MVPを受賞した。

出典[編集]

  1. ^ 遠藤三貴のプロフィール”. 週プレモバイル. 集英社. 2018年6月23日閲覧。
  2. ^ “仮面ライダーGIRLS、笑顔と汗と涙の軌跡を振り返る” (日本語). ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2008459/full/ 2018年6月22日閲覧。 
  3. ^ KRGS完全卒業メッセージ! そして女優、遠藤三貴へ!!”. ハイパーホビー公式サイト. 徳間書店 (2017年5月29日). 2018年6月23日閲覧。
  4. ^ 仮面ライダーGIRLS『7th ワンマンライブ 2017 〜GAME START〜』レポート!”. ハイパーホビー公式サイト (2017年5月16日). 2017年12月12日閲覧。
  5. ^ DeLIGHT0519のツイート(1278224212449062912)
  6. ^ “KAMEN RIDER GIRLS・遠藤三貴の大好きなアニメDVD BEST3 - ランキングBOX” (日本語). ランキングBOX. https://rankingbox.jp/article/511 2018年6月22日閲覧。 
  7. ^ “【艶グラドル】遠藤三貴 バスケで鍛えた弾力ヒップが魅力” (日本語). ZAKZAK. https://www.zakzak.co.jp/gravure/idol/news/20150625/idl1506250800001-n1.htm 2018年6月22日閲覧。 
  8. ^ a b 第19話『贈られた秘密兵器』”. 仮面ライダー鎧武』公式サイト. 東映. 2014年2月16日閲覧。
  9. ^ CAST” (日本語). アイドルスナイパーTHE MOVIE. 2020年8月9日閲覧。
  10. ^ Inc., Natasha,. “水着女子高生が歌って踊る「熱いぞ!猫ヶ谷!!」開幕、総合演出は堤幸彦 - ステージナタリー” (日本語). ステージナタリー. 2018年6月22日閲覧。
  11. ^ 遠藤三貴/元・仮面ライダーGIRLSの人気者が、演劇カンパニーアリスインプロジェクトの最新舞台「アイガク2019」で快演。「全体をまとめる学級委員のような存在として、千秋楽までがんばります」 StereoSound 2019年3月20日
  12. ^ 遠藤三貴 [@mitsuki_endo] (9 June 2019). "舞台「LUMINABELLA PROGRAM」全公演が終了いたしました。" (ツイート). Twitterより2020年11月30日閲覧
  13. ^ 遠藤三貴 [@mitsuki_endo] (14 July 2019). "舞台「彼異なるイサン」大千秋楽が終わり、無事に全公演の幕が降りました。" (ツイート). Twitterより2020年11月30日閲覧
  14. ^ ぱすてるからっとproduce 舞台 「 イモーラル・ディテクティブ 」 ぱすてるからっと 2020年11月30日閲覧
  15. ^ 遠藤三貴 [@mitsuki_endo] (9 October 2019). "舞台「ぼんじり」2日目ご来場頂き、ありがとうございました!" (ツイート). Twitterより2020年11月30日閲覧
  16. ^ 遠藤三貴 [@mitsuki_endo] (23 February 2020). "舞台「青月の影、忘るる雷雲の中に」大千秋楽を迎え、無事に全公演が終了しました。" (ツイート). Twitterより2020年11月30日閲覧
  17. ^ 舞台「それぞれの為」 公式HP 2020年11月30日閲覧
  18. ^ ピウス企画・公式アカウント [@infostpius] (20 November 2020). "ピウス企画「オールドメイド」登場人物紹介 中垣玖美(なかがきくみ)" (ツイート). Twitterより2020年11月30日閲覧
  19. ^ キャスト”. ポロロ 雪の妖精村大冒険公式サイト. 2020年10月19日閲覧。
  20. ^ ““あざとかわいい”遠藤三貴、カメラマンに小悪魔スマイル” (日本語). サンスポ. http://www.sanspo.com/geino/news/20150501/geo15050105020005-n1.html 2018年6月22日閲覧。 
  21. ^ “遠藤三貴、自転車乗ると「パンツがサドルに食い込んだ」ワケ” (日本語). サンスポ. http://www.sanspo.com/geino/news/20151107/geo15110719170024-n1.html 2018年6月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]