西恵利香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
にし えりか
西 恵利香
プロフィール
生年月日 1989年1月11日
現年齢 29歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 152 cm / kg
スリーサイズ 74 - 58 - 83 cm
靴のサイズ 24 cm
活動
デビュー 2010年
ジャンル タレント
モデル内容 一般
備考 AeLL.メンバー
他の活動 歌手女優
事務所 シャイニングウィル
モデル: テンプレート - カテゴリ

西恵利香(にし えりか、1989年1月11日 - )は日本歌手タレント埼玉県出身。シャイニングウィル所属。レーベルはpara de casa。

来歴[編集]

  • ムーン・ザ・チャイルドに所属していたが、除籍。
  • 2005年 女優開発プロジェクト ××プロのメメプロメンバーとして約4ヵ月間活動。
  • 2010年 シャイニングウィルに所属。
  • 2011年1月 篠崎愛等と共に4人組アイドルグループAeLL.を結成し、リーダーとして活動。
  • 2013年6月 1st.miniALBUM「unjuor」をアーティスト名「Erika.」として発売。
  • 2014年9月14日 AeLL.無期限活動休止となり、ソロ活動に専念。[1]
  • 2015年1月 カバー3曲オリジナル3曲を収録した2nd.miniALBUM「Prologue」を発売。[2]
  • 2015年3月 ゼロテレビ「年度末総決算SP『ザ・めちゃユルテン』」に出演。
  • 2015年8月 1stシングル「MUSICを止めないで/サマーパーティー」を発売。[3]
  • 2015年12月 3rdアルバムで初の全曲オリジナル楽曲を揃えた作品「LISTEN UP」を発売。
  • 2016年9月 4thアルバムは国内外のリミキサーが参加したREMIX作品「re:LISTEN UP」を発売。
  • 2016年9月 星野みちるとともに自主企画を代官山UNITで開催。
  • 2017年1月 5thアルバム「penetration」を発売。
  • 2017年9月30日 フリーライブイベント「LAST SUMMER DRESS」を川崎LA CITTA’ DELLAにて開催。レーベルをpara de casaへ移籍。公式ウェブサイト「西恵利香official web site」を開設。
  • 2017年10月1日 デジタルシングル「LAST SUMMER DRESS / AFFOGATO」を配信リリース。[4]
  • 2017年12月13日 1stフルアルバム「soirée」をリリース。[5][6]
  • 2017年12月18日 自身初のワンマン公演「NISHI ERIKA 1st. Oneman show」を渋谷WWWにて開催。[7]
  • 2018年1月 音楽配信サービス「AWA」にて2018年注目アーティストに選出。[8]
  • 2018年1月 1stフルアルバム「soirée」リリースインストアツアーを開催。
  • 2018年5月 自身初の東名阪ツアー「MAKE MY DAY TOUR2018」を開催。

人物[編集]

  • 地元を埼玉をこよなく愛しており、夢は大宮ソニックシティでのワンマン公演。
  • 趣味は映画鑑賞・読書。
  • 音楽プロデューサー・つんく♂や、辛口批評で有名なライムスター宇多丸がべた惚れするほどの歌唱力を持つ。[9]
  • トークスキルが高く自身のレギュラーラジオを持つ他、様々なTV、ラジオ番組でもそのキャラクターは目立つ存在。
  • ライブではMac Book、Roland JDX-iを使用したトラックスタイルでのソロセットから、サポートメンバーを率いた"groovy trio”、”band set”と様々な形態で活動。

リリース作品[編集]

映像外部リンク
Erika.(西恵利香)1stミニアルバム『unJour』
西恵利香2ndミニアルバム『Prologue』
西恵利香『MUSICを止めないで』MV
西恵利香 / Erika Nishi 「LISTEN UP」 Teaser
西恵利香 5thアルバム『penetration』

1stミニアルバム[編集]

Erika.名義

  1. MORNING KISS (ORIGINAL : ジャンク・フジヤマ)
  2. GIFT~あなたはマドンナ~ (ORIGINAL : 土岐麻子)
  3. 恋のサイダー (ORIGINAL : 流線形)
  4. みずいろの雨 (ORIGINAL 八神純子)
  5. 真夜中のドア (ORIGINAL : 松原みき)
  6. 都会 (ORIGINAL : 大貫妙子)

2ndミニアルバム[編集]

西恵利香名義

  1. DOLL
  2. 毎日がスペシャル (ORIGINAL : 竹内まりや)
  3. private dance
  4. FUNKY FLUSHIN' (ORIGINAL : 山下達郎)
  5. 太陽手に月は心の両手に (ORIGINAL : UA)
  6. バタフライエフェクト

1stシングル[編集]

西恵利香名義

  • MUSICを止めないで/サマーパーティー(2015年8月26日、SHINING WILL)
  1. MUSICを止めないで
  2. サマーパーティー
  3. MUSICを止めないで(Inst.)
  4. サマーパーティー(Inst.)

3rdアルバム[編集]

西恵利香名義

  1. MUSICを止めないで
  2. Champagne
  3. Morning Sun
  4. 予感
  5. 常花
  6. ルージュの首飾り
  7. 刹那的前夜
  8. MUSICを止めないで(Royal Mirrorball remix)

4thアルバム[編集]

西恵利香名義

  1. DOLL (Yusuke Emoto REMIX)
  2. 予感 (Royal Mirrorball Remix)
  3. Butterfly Effect (DJ HIYOCO REMIX)
  4. Champange (THE BASSONS REMIX)
  5. 刹那的前夜 (SHiNTA PLANET REMIX)
  6. Private Dance (ZANIO REMIX)
  7. Morning Sun (SHINKAWA & Tarot REMIX)
  8. ルージュの首飾り (GUS BONANI REMIX)
  9. 常花 (MODEWARP REMIX)
  10. Summer party (Kuniyuki Takahashi REMIX)

5thアルバム[編集]

西恵利香名義

  1. モノクロ
  2. 情熱アンドゥ
  3. あなたへのエール
  4. 夕日
  5. モノクロ(SHiNTA PLANET REMIX)
  6. 夕日(Ko Kimura's Modewarp REMIX)

1stフルアルバム[編集]

西恵利香名義

  1. Démarrer la soirée
  2. 街へいこう
  3. LAST SUMMER DRESS
  4. Lonely Night
  5. ペイルブルー
  6. AFFOGATO
  7. 誰よりも素敵な
  8. 綺麗な嘘
  9. はるか数駅
  10. sugar me

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “篠崎愛ら所属のアイドルグループ・AeLL. 9・14で無期限活動休止”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年5月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2038008/full/ 2015年10月12日閲覧。 
  2. ^ “AeLL.西恵利香、ソロ名義の2ndミニアルバム「Prologue」”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2014年12月1日). http://natalie.mu/music/news/132547 2015年10月12日閲覧。 
  3. ^ “西恵利香、筑田浩志提供「MUSICを止めないで」MV解禁”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2015年7月23日). http://natalie.mu/music/news/154728 2015年10月12日閲覧。 
  4. ^ 西恵利香、配信シングルリリース&12月に初ワンマンショー”. 音楽ナタリー. 2017年10月3日閲覧。
  5. ^ 西恵利香、12月に初のフルアルバム発表”. 音楽ナタリー. 2017年12月31日閲覧。
  6. ^ 西恵利香1stアルバムにG.RINA、フレンズひろせ、DE DE MOUSE、黒魔ら豪華作家陣”. 音楽ナタリー. 2017年12月31日閲覧。
  7. ^ “インタビュー:西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい” - CDJournal CDJ PUSH” (日本語). http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/nishi-erika/1000001362 2018年6月19日閲覧。 
  8. ^ “ソロシンガー、西恵利香にとっての音楽。今後の音楽ストリーミングサービスとの向き合い方” (英語). News - AWA. https://news.awa.fm/jpn/2018/3/26/nishierika 2018年6月19日閲覧。 
  9. ^ つんつべアワード開催、つんく♂が選ぶ今年最も萌えたアイドルは?”. MUSICMAN-NET. (2011年12月8日). 2015年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]