西恵利香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西 恵利香
別名 Erika.
生誕 (1989-01-11) 1989年1月11日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県
ジャンル J-POP
ポップ
シティ・ポップ
ダンス
R&B
ソウル
職業 歌手
作詞家
タレント
ラジオパーソナリティ
女優
担当楽器 シンセサイザー
活動期間 2005年 -
レーベル para de casa
事務所 para de casa
共同作業者 AeLL.
公式サイト http://www.nishierika.com/

西 恵利香(にし えりか、1989年1月11日 - )は日本歌手タレント埼玉県出身。para de casa所属。

略歴[編集]

2005年に女優開発プロジェクト ××プロのメメプロメンバーとしてデビューし、約4ヵ月間活動した。その後、ムーン・ザ・チャイルドに所属したが、2010年からシャイニングウィルに所属し、秋葉原でのイベント[1]などの仕事をしていた。

2011年1月1日に篠崎愛等と共にアイドルグループAeLL.を結成し、リーダーとして活動開始した。グループでの活動中の2013年、1stミニアルバムでカバーアルバムの「unJuor」をアーティスト名「Erika.」でリリースし、ソロでのCDデビューを果たした。

2014年9月14日にAeLL.が無期限活動休止となり[2]、以降、ソロ活動に専念することとなった。

2015年1月にはカバー3曲・オリジナル3曲を収録した2ndミニアルバム「Prologue」[3]、8月には1stシングル「MUSICを止めないで / サマーパーティー」[4]、さらに12月には3rdアルバムで初の全曲オリジナル楽曲を揃えた作品「LISTEN UP」をリリースした[5]

2016年9月に4thアルバムとして国内外のリミキサーが参加したリミックス作品「re:LISTEN UP」をリリース[6]、同月23日には星野みちるとともに自主企画を代官山UNITで開催した[7]

2017年1月には5thアルバム「penetration」をリリースし[8]、同月21日放送のアイドルお宝くじ「アイドルお宝クイーン決定戦! 冬の陣!」で優勝した[9]。9月に公式ウェブサイト「西恵利香official web SITE」を開設、同月30日に川崎ラ チッタデッラにて開催したフリーライブイベント「LAST SUMMER DRESS」において、所属事務所シャイニングウィルのレーベルからかねてより交流のあったレーベルpara de casa[10][11]への移籍を発表[12]、翌日にはデジタルシングル「LAST SUMMER DRESS / AFFOGATO」を配信リリースした[13]。12月13日に1stフルアルバム「soirée」をリリースし[14][15]、同月18日には自身初のワンマン公演「NISHI ERIKA 1st Oneman SHOW」を渋谷WWWにて開催した[16]

2018年1月、音楽配信サービス「AWA」にて2018年注目アーティストに選出され[17]、同月には「soirée」リリースインストアツアー、5月には自身初の東名阪ツアー「MAKE MY DAY TOUR2018」を開催[18]、7月7日にはEP「DAY」を会場限定盤[注 1]および配信でリリースした[20]。2018年12月31日をもってシャイニングウィルと契約満了になり、マネジメントもpara de casaが担当することとなった[21]

2019年1月にデジタルシングル「ROMANCE」[22]、更に2月に「BITTER」を配信リリースした[23]。同年9月9日、アルバムの先行シングルとなる「オンリーユー」を配信リリースし、10月2日、2ndフルアルバム「Love Me」をリリースした[24]

人物[編集]

  • 地元を埼玉をこよなく愛しており、大宮ソニックシティの舞台に立つのが夢[25]
  • 2017年1月11日のバースデーライブにて、「わたしは絶対に歌をやめない」と宣言した[16][26]
  • 中学校では吹奏楽部、高校では軽音楽部に所属し[27]、高校時代にはバンドでキーボードを担当していた[25]
  • 趣味は読書[28]・お菓子作り[29]
  • 音楽プロデューサー・つんく♂や、ライムスター宇多丸が評価するほどの歌唱力を持つ[30][31]
  • ライブではMacBook、Roland JD-Xiを使用したトラックスタイルでのソロセット[32]から、サポートメンバーを率いた"groovy trio”、”band set”と様々な形態で活動[33]

作品[編集]

シングル[編集]

# タイトル 収録曲 発売日 型番 最高位 備考
SHINING WILL / SOHO’S INC
1 MUSICを止めないで / サマーパーティー 2015年8月26日 shiningwill-n-3
para de casa(2017年 - )
2 LAST SUMMER DRESS / AFFOGATO 2017年10月1日 配信限定
3 DAY 2018年7月7日 会場限定盤および配信限定
4 ROMANCE 2019年1月12日 配信限定
5 BITTER 2019年2月14日 配信限定
6 オンリーユー 2019年9月9日 配信限定

アルバム[編集]

# タイトル 収録曲 発売日 型番 最高位 備考
SHINING WILL / SOHO’S INC
1 unJour 2013年6月19日 shiningwill-n-1 78位 Erika.名義
2 Prologue 2015年1月13日 shiningwill-n-2 49位
3 LISTEN UP 2015年12月15日 shiningwill-n-4 111位
4 re:LISTEN UP 2016年9月21日 shiningwill-n-5 リミックスアルバム
5 penetration 2017年1月18日 shiningwill-n-7 151位
para de casa(2017年 - )
6 soirée 2017年12月13日 POCS-1665 1stフルアルバム
6 Love Me 2019年10月2日 PDCR-014 2ndフルアルバム

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
5AM 関西テレビやすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です』2019年10月度エンディングテーマ

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 女優開発プロジェクト ××プロ(2005年4月10日 - 8月14日、ビーエス朝日およびテレビ朝日
  • アイドルお宝くじ(2015年12月19日・26日・2016年12月17日・2017年1月21日・5月6日・9月23日、テレビ朝日)

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

ミュージックビデオ[編集]

イベント司会[編集]

  • お笑いフューチャーズLIVE(2011年9月26日 - 2012年2月27日)[38][39]

主な主催ライブ・イベント[編集]

  • Make my day! vol.1(2015年10月5日、渋谷LOOP annex)
  • Make my day! Vol.2(2015年12月3日、渋谷LOOP annex)
  • Make my day! Vol.3(2016年2月15日、渋谷LOOP annex)
  • re:LISTEN UP~わりと朝まで~(2016年09月23日、代官山UNIT)[7]
  • Make my day! vol.4(2017年6月24日、六本木VARIT)[40]
  • Make my day! vol.5(2017年8月13日、六本木VARIT)
  • LAST SUMMER DRESS(2017年9月30日、ラ チッタデッラ)
  • Livin'you(2017年10月26日、晴れたら空に豆まいて)
  • NISHI ERIKA 1st Oneman SHOW(2017年12月18日、渋谷WWW)[16]
  • Make my day! ~birthday~(2018年1月11日、TSUTAYA O-nest
  • Livin'you ~room.2~(2018年2月12日、晴れたら空に豆まいて)[41]
  • MAKE MY DAY TOUR2018(2018年5月、東名阪3会場)[18]
  • Livin'you ~room.3~(2018年7月7日、晴れたら空に豆まいて)[20]
  • LAST SUMMER DRESS(2018年9月15日、ラ チッタデッラ)
  • Make my day! ~birthday~(2019年1月11日、代官山LOOP)[22][42]
  • Livin'you ~room.4~(2019年3月9日、晴れたら空に豆まいて)[43]
  • Make my day! vol.6(2019年6月29日、表参道WALL&WALL)[44]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ブックレット付き。当初はライブ会場のみでの販売だったが、2019年1月1日にpara de casaサイトでの通信販売を開始[19]

出典[編集]

  1. ^ “アキバで禁書目録&俺妹コラボクリアポスターが配布!”. ASCII.jp (角川アスキー総合研究所). (2010年10月2日). http://ascii.jp/elem/000/000/558/558904/ 2018年10月20日閲覧。 
  2. ^ “篠崎愛ら所属のアイドルグループ・AeLL. 9・14で無期限活動休止”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年5月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2038008/full/ 2015年10月12日閲覧。 
  3. ^ “AeLL.西恵利香、ソロ名義の2ndミニアルバム「Prologue」”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2014年12月1日). http://natalie.mu/music/news/132547 2015年10月12日閲覧。 
  4. ^ “西恵利香、筑田浩志提供「MUSICを止めないで」MV解禁”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2015年7月23日). http://natalie.mu/music/news/154728 2015年10月12日閲覧。 
  5. ^ “西恵利香ニューアルバムに筑田浩志、松井寛の提供曲”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2015年11月10日). https://natalie.mu/music/news/165527 2018年10月23日閲覧。 
  6. ^ “西恵利香のリミックスアルバムに松井寛、KO KIMURAら参加”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2016年8月12日). https://natalie.mu/music/news/197900 2018年10月23日閲覧。 
  7. ^ a b “星野みちる×西恵利香 グループアイドル出身シンガーの意外な共通点って?”. 日刊SPA! (扶桑社). (2016年9月22日). https://nikkan-spa.jp/1204159 2018年9月7日閲覧。 
  8. ^ “西恵利香の新作に清貴、阿久津健太郎、モリシーら参加”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2016年12月9日). https://natalie.mu/music/news/212560 2018年10月23日閲覧。 
  9. ^ アイドルお宝くじ|2017/01/21(土)02:50放送|テレビ朝日|TVでた蔵”. 富士ソフト株式会社. 2018年10月18日閲覧。
  10. ^ “Faint⋆Star 10月7日開催初のワンマンライブ後に 仮谷せいら、西恵利香、UKOをゲストに迎えた オールナイトアフターパーティーが決定!”. lopi・lopi(ロピロピ) (南麻布ラボ株式会社). (2016年9月16日). https://lopi-lopi.jp/detail/11321/ 2018年10月31日閲覧。 
  11. ^ “para de casaによるライブイベント『No Today』2月6日開催。西恵利香、脇田もなり、Muhammad Iqbalら出演”. UROROS (UROROS). (2017年1月23日). http://uroros.net/eventnews/34856/ 2018年10月31日閲覧。 
  12. ^ あたらしいスタート”. 西恵利香オフィシャルブログ (2017年10月2日). 2018年10月31日閲覧。
  13. ^ “西恵利香、レーベル移籍第一弾としてthe oto factory、JBHFC・BAOBAB MCプロデュース・シングルをリリース”. Spincoaster (株式会社Spincoaster). (2017年9月30日). https://spincoaster.com/news/nishi-erika-release-new-single-last-summer-dress-affogato-from-para-de-casa 2018年10月31日閲覧。 
  14. ^ “西恵利香、12月に初のフルアルバム発表”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2017年10月26日). https://natalie.mu/music/news/254350 2017年12月31日閲覧。 
  15. ^ “西恵利香1stアルバムにG.RINA、フレンズひろせ、DE DE MOUSE、黒魔ら豪華作家陣”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2017年11月9日). https://natalie.mu/music/news/256175 2017年12月31日閲覧。 
  16. ^ a b c “インタビュー:西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい””. CD Journal (音楽出版社). (2018年1月12日). http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/nishi-erika/1000001362 2018年6月19日閲覧。 
  17. ^ “ソロシンガー、西恵利香にとっての音楽。今後の音楽ストリーミングサービスとの向き合い方”. News - AWA (AWA). (2018年3月26日). https://news.awa.fm/jpn/2018/3/26/nishierika 2018年6月19日閲覧。 
  18. ^ a b “西恵利香 初の東名阪ツアーゲストに仮谷せいら、the oto factory、Lucky Kilimanjaro、ファイナルはフロアライブワンマン”. DI:GA ONLINE (DISK GARAGE). (2018年4月10日). https://www.diskgarage.com/digaonline/news/81716 2018年8月30日閲覧。 
  19. ^ nishierika_111の2019-01-01のツイート2019年3月18日閲覧。
  20. ^ a b “西恵利香の新作CDにPARKGOLF、yuhei miura、及川創介が参加”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2018年5月25日). https://natalie.mu/music/news/283852 2018年8月30日閲覧。 
  21. ^ nishierikastaffの2018-12-31のツイート2018年12月31日閲覧。
  22. ^ a b “【ライブレポート】西恵利香、キュートでやんちゃな顔と洗練されたオトナな顔で魅了したバースデイライブ”. DI:GA ONLINE (DISK GARAGE). (2019年1月17日). https://www.diskgarage.com/digaonline/liverepo/104585 2019年1月20日閲覧。 
  23. ^ “ソ口活動5周年の西恵利香、バレンタインデーに儚いラブソングを配信開始!”. 【es】エンタメステーション (ソニー・ミュージックエンタテインメント). (2019年2月13日). https://entertainmentstation.jp/news/380403 2019年2月14日閲覧。 
  24. ^ “西恵利香2ndフルアルバムの詳細発表、DATS・MONJOEやShin Sakiuraら参加”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2019年9月8日). https://natalie.mu/music/news/346760 2019年10月6日閲覧。 
  25. ^ a b “西恵利香が初めて行ったライブは?”. DI:GA ONLINE (DISK GARAGE). (2017年11月23日). https://www.diskgarage.com/digaonline/pleasure/62150 2018年9月7日閲覧。 
  26. ^ “「歌をやめない」宣言した西恵利香の新作に見る新機軸”. 【es】エンタメステーション (ソニー・ミュージックエンタテインメント). (2017年1月18日). https://entertainmentstation.jp/64024 2018年10月27日閲覧。 
  27. ^ 西恵利香 ━━ 新EP『DAY』から見る、西恵利香のアーティスト像と“日常””. 株式会社muevo. 2018年10月20日閲覧。
  28. ^ 読書会”. 西恵利香オフィシャルブログ (2017年8月31日). 2018年10月16日閲覧。
  29. ^ 公式プロフィール”. シャイニングウィル. 2018年10月16日閲覧。
  30. ^ “つんつべアワード開催、つんく♂が選ぶ今年最も萌えたアイドルは?”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社). (2011年12月8日). https://www.musicman-net.com/artist/13532 2015年10月12日閲覧。 
  31. ^ ソロシンガー・西 恵利香の圧倒的な生歌クオリティに宇多丸の顔も紅潮”. TBSラジオ (2018年5月1日). 2018年10月16日閲覧。
  32. ^ マツナガツヨシ on Instagram”. Instagram (2018年8月14日). 2018年10月31日閲覧。
  33. ^ “西恵利香、七夕に新EP『DAY』を会場+配信限定リリース。PARKGOLF、yuhei miura、Sosuke Oikawaがプロデュースした先鋭作品に”. UROROS (UROROS). (2018年5月25日). http://uroros.net/eventnews/67962/ 2018年10月16日閲覧。 
  34. ^ めちゃ×2ユルんでるッ! 第18回 「ヤミっていいとも!」”. ゼロテレビ (2014年10月19日). 2018年10月18日閲覧。
  35. ^ めちゃ×2ユルんでるッ! 第21回 「年度末総決算SP『ザ・めちゃユルテン』」”. ゼロテレビ (2015年3月31日). 2018年10月18日閲覧。
  36. ^ ライムスター宇多丸の水曜The NIGHT#106”. AbemaTV(アベマTV) (2018年6月6日). 2018年10月18日閲覧。
  37. ^ “ヒプノシスマイクで話題のAFRO PARKERが2カ月連続で新曲配信、MVに西恵利香”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2018年8月24日). https://natalie.mu/music/news/296809 2018年8月31日閲覧。 
  38. ^ お笑いフューチャーズLIVE|TBSテレビ”. 2018年9月4日閲覧。
  39. ^ 2011年9月26日(月)開催!! | フューチャーズLIVEスタッフのブログ” (2011年9月12日). 2018年9月4日閲覧。
  40. ^ “西恵利香が約1年ぶり自主企画イベント、ゲストに脇田もなり、G.RINAら”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2017年5月23日). https://natalie.mu/music/news/233795 2018年10月15日閲覧。 
  41. ^ “西恵利香、企画イベント〈“Livin’you”room2.〉を2月に開催”. CD Journal (音楽出版社). (2018年1月12日). https://www.cdjournal.com/main/news/nishi-erika/78263 2018年10月16日閲覧。 
  42. ^ “西恵利香がバースデイ・ライヴ〈Make my day〉を代官山LOOPで開催 新グッズ販売決定”. CD Journal (音楽出版社). (2019年1月9日). https://www.cdjournal.com/main/news/nishi-erika/81495 2019年1月9日閲覧。 
  43. ^ “西恵利香 毎回完売必至のトーク&アコースティックイベント “Livin’you” 3月に開催決定!”. DI:GA ONLINE (DISK GARAGE). (2019年1月24日). https://www.diskgarage.com/digaonline/news/105043 2019年1月24日閲覧。 
  44. ^ “西恵利香、約1年ぶりの自主企画『Make my day! Vol.6』6月29日に開催決定。ましのみ、kolmeを迎えて”. UROROS (UROROS). (2019年4月26日). http://uroros.net/eventnews/91609/ 2019年4月29日閲覧。 

外部リンク[編集]