交通遺児育英会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
交通遺児育英会
団体種類 公益財団法人
設立 1969年5月2日
所在地 〒102-0093
東京都千代田区平河町2丁目6番1号
平河町ビル3階
北緯35度40分45秒東経139度44分24秒座標: 北緯35度40分45秒 東経139度44分24秒
法人番号 1010005016725
主要人物 代表理事 菅谷 定彦
活動地域 日本の旗 日本
主眼 道路における交通事故が原因で死亡した者又は著しい後遺障害が存する者の子女等のうち、経済的理由によって修学が困難な者等に対し奨学金の貸与等を行い、もって社会有用の人材を育成すること
活動内容 生徒(義務教育学校在学者を除く。)及び学生に対する奨学金の貸与 他
ウェブサイト http://www.kotsuiji.com/
テンプレートを表示

公益財団法人交通遺児育英会(こうつういじいくえいかい)は、交通事故で保護者を失ったり、経済的に修学が困難となった子供に対し、奨学金を無利子で貸与している組織。以前は内閣府所管の財団法人だったが、公益法人制度改革に伴い、2011年4月1日公益財団法人に移行。

概要[編集]

1964年に母親を交通事故で亡くした玉井義臣が「交通評論家」として評論活動を開始。自賠責保険の支払限度額引き上げなどの問題提起を行い、1966年からテレビ番組「桂小金治アフタヌーンショー」(NET)で週1回行われた「交通事故防止キャンペーン」コーナーにレギュラー出演して各界関係者と議論を戦わせ、刑法211条改正実現等に尽力した。1968年10月、姉と甥をやはり交通事故で亡くした岡嶋信治らとともに、数寄屋橋で「交通遺児をはげます会」の旗揚げ街頭募金を行う。その後交通遺児・遺族による文集『天国にいるおとうさま』が大反響を呼び、衆議院予算委員会では異例の決議が行われ、翌1969年財団法人交通遺児育英会が設立される。初代会長には富士製鐵社長の永野重雄が就任した(玉井は専務理事に就任)。

これまでに、たびたび「官僚の天下り」疑惑が指摘されており[1]国会でも、かつて交通遺児育英会の職員として内部事情に詳しい藤村修山本孝史の両衆議院議員や、石井紘基衆議院議員らが質疑を行っている。また、交通遺児育英会の事実上の創設者である玉井が1993年、純粋な民間の組織として新たに「あしなが育英会」を発足させたのも、天下りを強要されたことによる路線対立が原因と言われている。

歴代会長[編集]

参考[編集]

高校、大学から各種の専修学校まで、毎年、1500人程度が奨学生となっている。貸与平均月額は5万5000円。

交通遺児を対象とする育英資金は数多く存するが、代表的なものは、独立行政法人自動車事故対策機構の交通遺児等貸付(生活資金の無利子貸付)である。当該貸付はゼロ歳児から中学生までを対象としており、高校生以上を対象とする本項の無利子貸付とは性格が異なる。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]